アサシン クリードシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アサシン クリードシリーズ
Assassin's Creed logo.svg
ジャンル ステルスゲーム
開発元 ユービーアイソフトモントリオールスタジオ
発売元 ユービーアイソフト
主な製作者 パトリス・デジーレPatrice Désilets
1作目 アサシン クリード
2008年1月31日
最新作 アサシン クリード IV ブラック フラッグ
2013年11月28日
スピンオフ作品 アサシン クリード ブラッドライン
アサシン クリード ブラザーフッド
アサシン クリード III レディ リバティなど
公式サイト アサシン クリード - 公式サイト
テンプレートを表示

アサシン クリードシリーズ(Assassin's Creed Series)は、ユービーアイソフトが販売しているステルスゲームアサシン クリード』とその続編などを含むシリーズ作品の総称である。

概要[編集]

プレイヤーはアサシン教団に属するアサシンとして、世界の人々をマインドコントロールしようとしているテンプル騎士団の野望を食い止めるため、彼らの暗殺を行う。

本シリーズの特徴的な点は、現在と過去の二元的表現がなされている点である。現代のアサシンの子孫が、アニムスと呼ばれる遺伝子記憶(en:Genetic memory)を追体験する装置で過去の世界でのアサシンの活動を体験するという構成になっている。 過去のパートでは、フリーランニングと呼ばれるスポーツを基にした自由度の高いアクションが導入されており[1]、本シリーズの特徴のひとつとなっている。

ゲーム作品[編集]

本編[編集]

スピンオフ作品[編集]

モバイル版[編集]

  • 『アサシン クリード』
  • 『アサシン クリード II』

FaceBookアプリ[編集]

  • 『アサシン クリード プロジェクトレガシー』

他のメディア[編集]

小説[編集]

コミック[編集]

  • 『Assassin's Creed: The Fall』 第1巻〜第3巻
  • 『Assassin's Creed: The Chain』(「The Fall」の続編)

映像作品[編集]

今後の展開[編集]

本シリーズは当初、三部作とされていた[2]が、プロデューサーのSébastien Puelが"we could do 35 of these."(35作も出来てしまう)と発言[3]するなど、更なるシリーズ展開が予想されている。

その他の作品[編集]

Massive Entertainmentスタジオが、アサシンクリードシリーズのプロジェクトに参加することがユービーアイ社のTwitter上で発表された[4]。同スタジオは今までリアルタイムストラテジーのみを制作してきており、シリーズのジャンルを超えた展開となるかもしれないと予想されている。

脚注[編集]

  1. ^ フリーランニング公式サイト
  2. ^ Assassin's Creed developer talks trilogy - GamePro
  3. ^ Assassins Creed 3 could have WWII setting - ComputerAndVideoGames.com
  4. ^ 『アサシンクリード』の新プロジェクトをRTSゲーム専門の開発スタジオが担当Kotaku Japan