バトルファイターズ 餓狼伝説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
餓狼伝説 > バトルファイターズ 餓狼伝説

バトルファイターズ 餓狼伝説』(バトルファイターズ がろうでんせつ)は、1992年12月23日フジテレビ系列で単発の特番として放送されたアニメ作品。

続編の『バトルファイターズ 餓狼伝説2』(バトルファイターズ がろうでんせつツー)は、1993年7月31日にフジテレビ系列で放送された。

概要[編集]

シリーズについて
基本的にはゲーム版を原作としたオリジナルストーリーとなっており、物語のキーとなるアニメオリジナルキャラクターも登場している。
主人公のテリー・ボガード役の声は少年隊錦織一清が担当している。
ゲームとは異なり、テリーの基本ファイティングスタイルが伝統的な空手のものにアレンジされている。シリーズを通してテリーは空手でいう後屈立ち手刀受けのような構えから引き手を腰に引く逆突きを多用する場面が見られた。
バトルファイターズ 餓狼伝説
ゲーム版の原作ストーリーに沿った形で物語が進む。オリジナルキャラクターとしてリリィ・マクガイヤーが登場し、テリーとの関係はアニメ版『餓狼伝説』3部作に置いて重要な位置付けとなる。
ジョー・ヒガシ役の声に格闘家の佐竹雅昭が起用された。
バトルファイターズ 餓狼伝説2
ゲーム版原作を基準としたオリジナルストーリーとなり、アニメ版オリジナルキャラクターとしてテリーに憧れる少年トニー、年齢が26歳と原作とは異なった設定のヴォルフガング・クラウザーが登場する。
尚、放送時間の関係上TV放映版ではチン・シンザンビッグ・ベアの登場シーンがカットされたが、後に発売されたビデオ/LD/DVDには完全版という形でカットシーンが収録されている。
2に関しては視聴率も良く放送後フジテレビに約2000通のファンレターが届くなど大変好評であり、翌年の1994年にはファンの期待に応えるべくオリジナル劇場版『餓狼伝説 -THE MOTION PICTURE-』が製作された。
「3(完結編)」について
キャラクターデザイナーの大張正己は1&2のDVDブックレットにて、「テリーとギースの宿命の戦いに決着を付けさせたい」「3DCG多用したアクション満載の作品にしたい」と語っており、完結編の構想は練っていた。
ゲーメストムック『餓狼伝説3』のインタビュー記事で3のアニメに関する項目で放送予定があると語っていた。

スタッフ[編集]

登場キャラクター・声の出演[編集]

バトルファイターズ 餓狼伝説[編集]

10年前、目の前で父・ジェフを殺され打倒ギースに燃える青年。10年の武者修行中に会得したマーシャルアーツを駆使する。酒場で出会ったジョーと対戦して意気投合し、再会したアンディと共にキングオブファイターズに出場する。後に八極正拳の継承者としてタンに認められ、継承された波動旋風拳でギースを倒した。
テリーの弟。同じく打倒ギースの燃える。日本での修行中にジョーと出会っている。
テリーと再会し、キングオブファイターズで勝った方が八極正拳の継承者になるとしてテリーとの対戦にこぎつけるがギースの邪魔により大会から逃亡。逃走劇の中、タンを失ったことによりギースへの復讐にジョーと迎うもギースには敵わずジョーと共に敗れた。
アンディが日本で修行中に出会ったムエタイ使いの格闘家。その頃にアンディにあばら骨を2本折られている。世間ではちょっとは名が知れており、(テリーも知っていた)酒場でいい気分だった時にテリーの乱闘騒ぎで起こされてしまい、テリーにケンカを売ろうとしたところに警官が現れて逃亡劇を繰り広げる。アンディからテリーのことを聞いていたため、彼の動きを見ただけでテリーと見抜いた。
キングオブファイターズに二人と共に参加。テリー対アンディの対戦を観戦中にスナイパーの存在に気付き、二人をかばって被弾する。無事に逃亡に成功したが、アンディのギーの復讐に付き合う。致命傷は避けたが傷は深くライデンに苦戦するも勝利する。
テリー、アンディ兄弟の父。ギースに殺される。
ジェフ、ギースの師であり、八極正拳継承者。ギースの危険性から彼を破門し、ジェフを継承者としていたがジェフを殺されてしまう。その後、テリーとアンディに10年の修行を積ませて再会。一子相伝である八極正拳を継がせる為にテリーとアンディをキングオブファイターズに出場させて勝った方を継承者にするとした。しかし、大会ではギースの邪魔が入り逃走の手助けをするが、ビリーの一撃で瀕死の重症をおってしまう。しかし、残り僅な命を燃やして起き上がりテリーに最終奥義を伝授して逝去した。
ギースがジェフ暗殺の為に10年前に貧民街から拾ってた少女。暗殺後は養子として育てている。成長後はサウスタウンクイーンとしてその美貌は街に響き渡り、夜な夜な彼女の酒の相手になりたい男がクラブに群がってきている。
ある晩、店にいたテリーに気付いた彼女はジェフ暗殺の場所にいた兄弟だと気付く。近づいてくるテリーを毛嫌いするように避けていたが次第に彼に引かれていく。大会当日、ギースから渡された酒をテリーに飲ませて殺すよう命令されるも耐えきれずに飲もうとしたグラスを弾いて全てを語るがテリーは初めから彼女を許していたのだった。償いにと逃走するテリーに加勢するが、裏切りを知ったギースに建物から吹き飛ばされてテリーの腕の中で死んでいった。
ギースの片腕で棒使い。主にリッパーたちと同様に諜報が任務。常にギースの隣にいてボディーガードも務めている。逃走するタンに致命傷を負わせた。最終決戦ではアンディと対戦するも敗れた。
ギースの片腕の悪役レスラー。
闇社会の支配者。八極正拳奥義継承になれないことから、秘伝書を盗み継承者であったジェフを殺す。
アンディの対戦相手。昇龍弾で敗北。
キング・オブ・ファイターズ参加者。テリーの対戦相手だったがライジングタックルで敗北。

バトルファイターズ 餓狼伝説2[編集]

  • テリー・ボガード:錦織一清
ギースを更に上回る強敵クラウザーに破れ、ショックで一度はファイターの道を降りたが、次第に誇りを取り戻し、再戦を挑む。
テリーに勝負を挑んだ礼儀正しいテコンドーの達人。
ライデンがマスクを脱いだ正統派レスラー。ジョーへのリベンジに燃えるが、瞬時に敗北してしまう。
プロモーター。ジョーとライデンの試合を組ませた。
アンディにぞっこんの美人格闘家。(山中とはいえ)人目も憚らずに普段からゲーム同様の露出の高い忍び装束で歩き回り、アンディにもベッタリ。アンディに大切に思われてはいるようだがそんな行動に彼も顔を赤くしている。不知火流忍術の使い手であるためかつてはアンディの修行相手だったことも。
街中で襲撃してきたローレンス・ブラッドと対戦するも惜しくも敗北。アンディをおびき寄せる人質にされてしまうがアンディに無事に救い出された。
  • ビリー・カーン:中村大樹
  • ギース・ハワード:柴田秀勝
ヴォルフガングとは異母兄弟の兄。
アンディの日本での師匠。
酒場で潰れていたテリーに勝負を挑んだ元ボクシングチャンピオン。のらりくらりかわすテリーに捨て台詞を残して帰ろうとしたが、怒ったトニーから勝負を挑まれるも、自分は相手にせず手下にリンチにさせる。それを見たテリーは激昂し、トニーの勇気に再び闘志をたぎらせて復活。復活したテリーに一瞬で敗北した。
クラウザーの忠実な部下。舞を襲っていたぶったが怒ったアンディの超烈覇弾に敗北した。
シュトロハイム家35代目当主。ギースを倒した男テリーに興味をもち勝負を挑む。テリーの奥義・波動旋風脚を見切り、さらに見様見真似で体得した旋風拳で勝利した。ギースとは異母兄弟にあたる。
テリーに憧れる少年。
  • ルドルフ・クラウザー:
シュトロハイム家34代目当主。ヴォルフガング、ギースの実父。16歳にヴォルフガングとの戦いで絶命した。

バトルファイターズ 餓狼伝説[編集]

ストーリー[編集]

八極正拳を手中に収めんとするギース・ハワードは奥義秘伝書を盗み出し、伝承者のジェフ・ボガードを殺害する。目の前で養父を殺され復讐を誓う幼きテリーアンディタンは10年後に伝承者として相応しく成長した者に八極正拳を継承させるとして修行の旅に出した。10年後、サウスタウンに戻ってきたテリーはリリィ・マクガイヤー、ジョー・ヒガシと出会い、アンディとも再会する。3人はギースの主催する格闘大会『キングオブファイターズ』に参加して、ギースに近づこうとする。一方ボガード兄弟の素性を知ったギースは2人を暗殺しようと目論む。

主題歌[編集]

  • ED「Fly Away(この愛のメモリー)」(作詞:菅野こうめい 作曲・編曲:佐橋俊彦 歌:結城めぐみ)
  • 挿入歌
    • 「Bye Bye My Love」(作詞:菅野こうめい 作曲:佐橋俊彦 歌:結城めぐみ)

バトルファイターズ 餓狼伝説2[編集]

ストーリー[編集]

「影の帝王」ヴォルフガング・クラウザーは異母兄ギースを倒したテリー・ボガードに興味を抱いた。テリーを訪れたクラウザーはテリーを圧倒した上で八極聖拳奥義「波動旋風脚」を一目で真似てみせる。完敗を喫したテリーはクラウザーへの恐怖から酒浸りになってしまう。ジョーからその知らせを聞いたアンディは山田十平衛の制止を振り切ってクラウザーのもとへ向かった。ジョーもクラウザーに挑むが、圧倒的な力の差の前に返り討ちにあってしまう。一方、少年トニーにかつての自分の姿を見たテリーは再び奮い立つ。ジェフの墓前でアンディと再会したテリーはより餓えた狼となるべく弟と拳を交える。新必殺技「パワーゲイザー」を編み出したテリーが再びクラウザーに立ち向かう。

主題歌[編集]

  • ED「CALLING」(作詞TUSK・作曲:KEN 編曲・歌:Zi:Kill

関連項目[編集]