ザ・シンプソンズ MOVIE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ザ・シンプソンズ・ムービー
The Simpsons Movie
Kwik-e-mart-7-11.jpg
監督 デヴィッド・シルヴァーマン
脚本 ジェームズ・L・ブルックス
マット・グレイニング
アル・ジーン
イアン・マクストーン=グレアム
ジョージ・マイヤー
デイヴィッド・マーキン
マイク・リース
マイク・スカリー
マット・セルマン
ジョン・スウォーツウェルダー
ジョン・ヴィッティ
製作 ジェームズ・L・ブルックス
マット・グレイニング
アル・ジーン
マイク・スカリー
リチャード・サカイ
出演者 ダン・カステラネタ
ジュリー・カブナー
ナンシー・カートライト
イヤードリー・スミス
音楽 ハンス・ジマー
主題歌 ダニー・エルフマン
編集 ジョン・カーナカン
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 2007年7月27日
日本の旗 2007年12月15日
上映時間 87分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $75,000,000[1]
興行収入 $527,071,022[1]
テンプレートを表示

ザ・シンプソンズ・ムービー』(The Simpsons Movie)は、2007年アニメーション映画。アメリカで放送中である『ザ・シンプソンズ』の初となる劇場版作品。

概要[ソースを編集]

2007年7月25日から7月27日にかけて約40の国と地域で同時公開された。

シリーズ初となる劇場版で、興行収入は合計5億2600万ドルを突破した。[1]北米では、本編中のコンビニエンスストアクイックEマートをモデルにしたセブン-イレブンの店舗が登場するなど、そのプロモーションでも話題になった。

スペシャルゲスト声優として、ハリウッドスターのトム・ハンクスと人気ロックバンドのグリーン・デイが参加している。

ミスタードーナツは、本作とのタイアップ商品として「ふわふわモンブラン」を販売した。 また、劇中のドーナツを再現した「ミックスベリーフレーバー」や「バナナフレーバー」も販売され、携帯電話のカメラで撮影して送信するとデジタル割引クーポンが送られるキャンペーンが行なわれた。なお、CMではオリジナル版の声優陣が吹き替えを担当した。

ストーリー[ソースを編集]

アメリカの田舎町スプリングフィールド湖では、世界的ロックバンドとして有名なグリーン・デイのライブが行われていた。

しかし、彼らは環境の話題を持ち出したとたん、観客の反感を買い石を投げられる。そこは、汚染が進む湖の上。彼らの立つステージは沈み始めた。翌日、町の教会で彼らの弔いが終わると、預言者となったシンプソン家の祖父エイブが「イーパ!イーパ!イーパ!」などと不吉な予言を告げる。

湖の汚染が危機的水準に近づいたため、市は湖にごみを捨てることを禁止した。そんなある日、ホーマーはブタを飼い始めた。ブタの排泄物を貯めていたサイロが一杯になり、ホーマーはサイロを処理場に搬入しに行くが、処理場が混雑していたため、禁止を無視しサイロを湖に捨ててしまう。

さらに汚染が進み強烈な汚染物質を撒き散らし始めた湖への対処を迫られたアーノルド・シュワルツェネッガー大統領は、スプリングフィールドをドームで覆い隔離するよう命じた。ドームで覆われ外界と遮断されたスプリングフィールドは、雨も降らず風も吹かない地獄と化した。

ゲストキャラクター[ソースを編集]

ゲストキャラクター以外は、ザ・シンプソンズの登場人物も参照。

ラス・カーギル(Russ Cargill)
声 - 西村知道(劇場公開版) / 石塚運昇(オリジナル版)
本作のメインヴィラン。EPA局長。
ホーマーが捨てた有害廃棄物で、スプリングフェールド湖が汚染されたことをホワイトハウスまで知らせに来た。大統領にいくつもの解決プランを提示するが、適当に選ばれてしまったスプリングフィールドをドームに閉じ込める計画を進めていく。しかし、事態の原因を作ったシンプソン一家が逃亡したことで、全米に指名手配をする。ドームの外にも見張りを増強させるが、マッチョとヤサを交互に並べろと支離滅裂な命令を出して部下に呆れられるも、権力を握っておかしくならない奴はいないと開き直っている。その後、大統領を誘導して、スプリングフィールド爆破計画にサインを出させることに成功。ドームの穴に小型爆弾を吊るして住民事始末しようとした。しかし、ホーマーのバイクテクニックでドームを昇られて、同乗していたバートが爆弾を穴の外に投げ込んでドームを破壊させられる。
計画を台無しにされたことで、ホーマーとバートをライフルで始末しようとするが、頭上からマギーに岩を落とされ気絶してしまった。
アーノルド・シュワルツェネッガー大統領(President Arnold Alois Schwarzenegger)
声 - 玄田哲章
アメリカ合衆国大統領。モデルは、俳優のアーノルド・シュワルツェネッガー。
無能な事なかれ主義で、大統領が読むのは世間の空気だけだと考えている。カーギルが用意したプランの中から内容も読まずに3番を選んだために、スプリングフィールドの住民は、透明なドームの中に閉じ込められてしまう。その後もカーギルに利用され続け、スプリングフィールド爆破計画にOKを出してしまった。
俳優時代にやっていたコメディ映画に戻るのを極端に嫌がっており、何としてでも事態を早急に処理しようとしている。
トム・ハンクス(Tom Hanks)
声 - 江原正士
本人役で、アメリカ政府広報CMのイメージキャラクターとして特別出演。政府の決定を信じてみましょうと曖昧な発言をしていた。
グリーン・デイ(Green Day)
ビリー・ジョー・アームストロング(Billie Joe Armstrong)
声 - 河相智哉(劇場公開版) / 伊藤栄次(オリジナル版)
フランク・エドウィン・ライトIII(Frank Edwin Wright III)
声 - 石上裕一(劇場公開版) / 目黒光祐(オリジナル版)
マイケル・プリチャード(Michael Ryan Prichard)
声 - 渡辺浩司(劇場公開版) / 小形満(オリジナル版)
スプリングフィールドで開催されているライブに出演した超人気グループ。観客もコンサートの演奏に熱中していたが、環境問題について演説しようとしたところ、住民内で暴動が発生。ステージが汚染されたスプリングフィールド湖に沈没していき、全員が沈んでいった。その後、教会では、彼らの追悼集会が開かれた。
コリン(Colin)
声 - 達依久子(劇場公開版) / 安藤ありさ(オリジナル版)
環境保護オタクの少年。スプリングフィールドの汚染の現状を訴えるべく、チラシ配りをしていたところ、リサと出会い相思相愛の仲になる。しかし、ホーマーの廃棄物のせいで、政府にドームの中へ閉じ込められた結果、シンプソン一家はドームの外に避難して、逃亡を余儀なくされる。ドームの内外でリサと愛を確認するために歌を演奏するも、それを茶化したバートはリサに殴りつけられた。その後、ドームはホーマーとバートの活躍で破壊され、2人の関係も元に戻った。

キャスト[ソースを編集]

役名 原語版声優 日本語吹き替え
劇場公開版 オリジナル版
ホーマー・シンプソン ダン・カステラネタ 所ジョージ 大平透
マージ・シンプソン ジュリー・カブナー 和田アキ子 一城みゆ希
バート・シンプソン ナンシー・カートライト 田村淳
ロンドンブーツ1号2号
堀絢子
リサ・シンプソン イヤードリー・スミス ベッキー 神代知衣
マギー・シンプソン ナンシー・カートライト 世戸さおり 真柴摩利
ラス・カーギル局長 アルバート・ブルックス 西村知道 石塚運昇
アーノルド・シュワルツェネッガー大統領 ハリー・シェアラー 玄田哲章
トム・ハンクス 江原正士
ビリー・ジョー・アームストロング
フランク・エドウィン・ライトIII
マイケル・プリチャード
河相智哉
石上裕一
渡辺浩司
伊藤栄次
小形満
目黒光祐
コリン トレス・マクニール 達依久子 安藤ありさ
エイブ・シンプソン ダン・カステラネタ 滝口順平
ネッド・フランダース ハリー・シェアラー 多田野曜平 稲葉実
ロッド・フランダース パメラ・ヘイデン 真柴摩利
トッド・フランダース ナンシー・カートライト 宇乃音亜季 安達忍
モー・シズラック ハンク・アザリア 稲葉実
レニー・レオナルド ハリー・シェアラー 日向とめ吉 朝戸鉄也
カール・カールソン ハンク・アザリア 横島亘 辻親八
バーニー・ガンベル ダン・カステラネタ 広瀬正志
シーモア・スキナー校長 ハリー・シェアラー 青森伸
ミルハウス・ヴァン・ホーテン パメラ・ヘイデン 杉本ゆう 飛田展男
ネルソン・マンツ ナンシー・カートライト 桜井敏治
ラルフ・ウィガム 真柴摩利
マーティン・プリンス ラッシ・テイラー 宇乃音亜季 安達忍
オットー・マン ハリー・シェアラー 桜井敏治
アープー・ナハサピーマペティロン ハンク・アザリア 広瀬正志
シー・モンゴメリ・バーンズ社長 ハリー・シェアラー 伊井篤史 小形満
ウェイロン・スミサーズ 糸博 目黒光祐
ウィガム・クランシー署長 ハンク・アザリア 中村大樹
ルー 伊藤栄次
ピエロのクラスティ ダン・カステラネタ 岩崎ひろし 島田敏
サイドショー・メル 河相智哉 広瀬正志
イッチー 石上裕一 紗ゆり
スクラッチー ハリー・シェアラー 多田野曜平 飛田展男
ハチ男 ハンク・アザリア 桜木章人 広瀬正志
ケント・ブロックマン ハリー・シェアラー 糸博
I・Q・ネイディルバーム・フリンク・ Jr教授 ハンク・アザリア 渡辺浩司 飛田展男
ティモシー・ラブジョイ牧師 ハリー・シェアラー 中田譲治 目黒光祐
ヘレン・ラブジョイ夫人 マギー・ロズウェル 伊藤美紀 さとうあい
アグネス・スキナー夫人 トレス・マクニール 森夏姫 鈴木れい子
ジョー・クインビー市長 ダン・カステラネタ 加藤亮夫 辻親八
ファット・トニー ジョー・マンテーニャ 糸博 津田英三
ジュリアス・ヒバート医師 ハリー・シェアラー 青森伸
ニック・リビエラ医師 ハンク・アザリア 桜木章人 飛田展男
コミックブックガイ 横島亘 青森伸
クレタス・スペクラ― 桜木章人 朝戸鉄也
リンジー・ネグル トレス・マクニール 織田芙実 紗ゆり
クッキー・クワン 森夏姫 鈴木れい子
ネルソン・マンツの母 織田芙実 高乃麗
メディスン夫人 森夏姫 定岡小百合
猫おばさん 近藤春菜
ハリセンボン[2]
原語版声優の音声を使用
カーナビのGPS音声 箕輪はるか
(ハリセンボン)[2]
真柴摩利
  • 劇場公開版 - 演出:中野洋志、翻訳:徐賀世子、調整:山本洋平/菊池悟史/中川ふみ子、録音スタジオ:ACスタジオ、日本語版制作:ACクリエイト株式会社
  • オリジナル版 - 演出:向山宏志、翻訳:徐賀世子、調整:並木晃、制作:ブロードメディア・スタジオ

日本語吹き替え版[ソースを編集]

日本では、他のどの地域よりも遅れた2007年12月15日から公開された。日本語字幕版は当初東京のお台場シネマメディアージュTOHOシネマズ六本木ヒルズのみで公開され、他館では日本語吹き替え版のみ上映された[注 1]

声優の変更[ソースを編集]

日本語吹き替え版では、テレビアニメシリーズで吹き替えを担当していた大平透らに代わって基本的に声優を本業としないタレントお笑い芸人が主な登場人物の吹き替えに起用された[注 2]。いわゆる芸能人吹き替えである。20世紀フォックスの日本支社はこの変更について「『日本の理想の楽しい家庭』をテーマに決めた」と説明しているが[3]、話題性重視の安易な人選であるとして批判的な声が上がり、一部の新聞や日経エンタテインメント!キネマ旬報などの雑誌がこれを報じた[4]

この変更が発表された翌日の2007年8月15日にはmixiに変更に抗議するコミュニティが登場し[5]、プロフィール画像に変更への抗議を示すものを指定するなどの抗議活動が行われた[6][7]。さらに、インターネット上にはオリジナル声優の復活を求める署名サイト[8]とブログ『映画版「ザ・シンプソンズ」声優変更を考える会』[9]が開設され、3000人を越す署名が集まった。著名人の間でもこの変更を疑問視する声が上がり、バンドホフディラン小宮山雄飛は自身のブログで変更への抗議を示し、20世紀フォックスの日本支社を訪れて直談判したが訪問後に「字幕版で見よう」と意見を180度転向、急にトーンダウンした[注 3]。シリーズにマイケル・ジャクソン役としてゲスト出演したことがある声優山寺宏一は、具体的な表現は避けたものの、これまで長らくキャラクターの声を務めてきた声優を軽んじるような話題性重視のキャスティングに対して、長いこと作品を応援してきたファンを裏切る行為でもあるとして批判を述べている[注 4][注 5][10]。なお、メインキャラクター以外の配役も一部はTVシリーズと異なる声優が起用されていた。

オリジナル版制作[ソースを編集]

シリーズでマージ役を担当する声優一城みゆ希は自身のブログで抗議に触れ[11]、また2007年10月30日には映像ソフトへの収録用にシリーズで吹き替えを担当する声優による吹き替えの収録が開始されたことを明らかにした[12]。そして2008年3月19日、劇場公開版とシリーズの声優によるオリジナル版の2つの日本語吹き替え音声が収録されたDVDBlu-ray Discが発売された。但し、マギー・シンプソンとバーンズ社長の声はオリジナル版も通常と異なり真柴摩利小形満が務めた[注 6]

2008年5月4日には日本語版声優とシンプソンズファン[13]が主催する「第1回シンプソンズ・ファン感謝祭」が開催され、本作のオリジナル版を上映。全国から500人のシリーズファンが集まった[14]。2008年12月にはWOWOWおよびスター・チャンネルにおいて初放送され、両局ともオリジナル版が採用されている[15][16]

注釈[ソースを編集]

  1. ^ 2008年2月2日からは大阪のシネマート心斎橋でも日本語字幕版が公開された。
  2. ^ ただし、所ジョージ、和田アキ子、田村淳、ベッキーの4人とも、アフレコの経験はある。
  3. ^ しかもその後、同社から本作と彼とのコラボレーションが発表されたため、懐柔されたとして彼のブログのコメント欄で批判され、コメント欄が閉鎖される事態となった。
  4. ^ 山寺も『トイ・ストーリー』でウッディ役を務める筈だったが、有名俳優を起用した方が映画の知名度が上がるという理由で、公開直前になって唐沢寿明に変更させられた過去がある。
  5. ^ ただし、山寺自身は、タレントをアニメや映画の吹き替えのキャストに採用することに必ずしも否定的な評価を下しているわけではなく、コメントの中において、時々声優以外の人物のアテレコ内の演技に大きく感心させられる場合もあるとも述べている。
  6. ^ バーンズ社長はTVシリーズの担当声優である北村弘一が亡くなっていたためだが、マギーはテレビシリーズの担当声優である川田妙子が現役で活動しているにもかかわらず配役が変更されている。理由は不明。

関連項目[ソースを編集]

参考文献[ソースを編集]

  1. ^ a b c THE SIMPSONS MOVIE” (英語). Box Office Mojo. 2008年7月25日閲覧。
  2. ^ a b ザ・シンプソンズ版ハリセンボンに大爆笑! シンプソンズ・アバターにチャレンジ!”. cinemacafe.net. カフェグルーヴ (2007年12月10日). 2008年5月10日閲覧。
  3. ^ アッコ米人気アニメ日本語版で母親役”. nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社 (2007年8月15日). 2008年7月25日閲覧。
  4. ^ 小原篤 (2007年11月15日). “モヤモヤモヤ…「シンプソンズ」吹替版”. 小原篤のアニマゲ丼. 朝日新聞社. 2008年5月15日閲覧。
  5. ^ Karuna. “シンプソンズ 声優の変更最悪”. mixi. ミクシィ. 2008年7月25日閲覧。
  6. ^ 2007年11月号日経エンタテインメント!』(日経BP社)の連載「.tnt!」
  7. ^ コ○助 (2007年4月2日). “映画「ザ・シンプソンズ」の吹替版キャストにファンが猛反発。”. Narinari.com. 2008年5月15日閲覧。
  8. ^ 声優変更を考える会. “映画版「ザ・シンプソンズ」声優変更を考える会のBLOG芳名帳”. hatena. 2009年2月20日閲覧。
  9. ^ 『映画版「ザ・シンプソンズ」声優変更を考える会』. “『映画版「ザ・シンプソンズ」声優変更を考える会』”. hatena. 2009年2月20日閲覧。
  10. ^ 山寺宏一 (2007年8月26日). “山寺宏一より今週の一言”. Hollywood Express. ニフティ. 2008年5月15日閲覧。
  11. ^ 一城みゆ希 (2007年9月11日). “有り難うございます”. あなたの一城みゆ希. NTTレゾナント. 2008年5月15日閲覧。
  12. ^ 一城みゆ希 (2007年10月30日). “みなさまへ”. あなたの一城みゆ希. NTTレゾナント. 2008年5月15日閲覧。
  13. ^ シンプソンズファンクラブ (2008年5月17日). “シンプソンズ・ファンクラブアニメ”. シンプソンズファンクラブ. 2009年2月20日閲覧。
  14. ^ 小原篤 (2008年5月12日). “アニメはみんなのもの”. 小原篤のアニマゲ丼. 朝日新聞社. 2008年5月15日閲覧。
  15. ^ ザ・シンプソンズ MOVIE | WOWOWオンライン
  16. ^ スター・チャンネルHPでの紹介 吹き替え版は同局のチャンネルの一つである「スター・チャンネル プラス」での放送。

外部リンク[ソースを編集]