DENGEKI 電撃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
DENGEKI 電撃
Exit Wounds
監督 アンジェイ・バートコウィアク
脚本 エド・ホロウィッツ
リチャード・ドヴィディオ
製作 ダン・クラッチオロ
ジョエル・シルヴァー
製作総指揮 ブルース・バーマン
出演者 スティーヴン・セガール
音楽 トレヴァー・ラビン
ジェフ・ローナ
撮影 グレン・マクファーソン
編集 デレク・ブレシン
配給 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 2001年3月16日
日本の旗 2001年8月11日
上映時間 101分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $50,000,000[1]
興行収入 $51,758,599[1] アメリカ合衆国の旗
$79,958,599 世界の旗
テンプレートを表示

DENGEKI 電撃』(Exit Wounds)は2001年アメリカ映画

ストーリー[編集]

犯罪を憎む凄腕刑事オーリン・ボイドは、副大統領を襲ったテロリスト達を一掃する。しかし、その方法があまりにも向こう見ずな上に、副大統領を逃す為とはいえ、泳げない彼を川の中へ放り込むなど過激な手段に出たため、これ以上ボイドをかばいきれなくなった友人フランクと、日頃からボイドの過激な行状に頭を悩ませていた上司のヒンジス本部長によって犯罪地帯と呼ばれる15分署へ左遷される。15分署の女署長であるマルケイヒーに感情を抑制するためのセミナーへ通うよう命じられるも、初日からセミナーに嫌気がさして机を破壊するなどの乱暴ぶりを見せつける。そんなある日ボイドは偶然ドラッグの密売現場を発見、一人を取り押さえたものの、それは囮捜査官だった。この失敗によりボイドは交通整理に格下げされてしまう。だが、そこでボイドはこの15分署内で起きている不正を目撃する事となる。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ソフト版 日本テレビ
オーリン・ボイド スティーブン・セガール 玄田哲章 大塚明夫
ラトレル・ウォーカー DMX 大川透 てらそままさき
ジョージ・クラーク イザイア・ワシントン 伊藤健太郎 藤原啓治
T.K アンソニー・アンダーソン 桜井敏治 塩屋浩三
ストラット マイケル・ジェイ・ホワイト 中田譲治 立木文彦
マルケイヒー ジル・ヘネシー 弘中くみ子 山像かおり
ヘンリー・ウェイン トム・アーノルド 西村知道 江原正士
フランク・ダニエルズ ブルース・マッギル 渡部猛 池田勝
モンティーニ デイビッド・バディム 井上倫宏 内田直哉
トリシュ エヴァ・メンデス 朴璐美 斎藤恵理
ユーセルディンガー マシュー・G・テイラー 天田益男 佐々木誠二
セラピストのリンダ ジェニファー・アーウィン 伊藤美紀 小林優子
ヒンジス本部長 ビル・デューク 斎藤志郎 内海賢二
副大統領 クリストファー・ケネディー・ローフォード 松本大 田原アルノ
その他 一条和矢
後藤哲夫
斉藤次郎
河野智之
重松朋
櫻井孝宏
田中完
中村大樹
古田信幸
宝亀克寿
桐本琢也
牛山茂
大川透
中博史
斉藤次郎
鈴木正和
竹田雅則
田村聖子
長嶝高士
出口佳代
中嶋将平
大久保利洋
演出 岩浪美和 伊達康将
翻訳 松崎広幸
調整 阿部直子
効果 サウンドボックス
録音 オムニバス・ジャパン
担当 稲毛弘之
制作 東北新社
初回放送 2004年10月15日
金曜ロードショー

[編集]

アンジェイ・バートコウィアク監督が手がけるヒップ・ホップ・カンフー三部作の1つ(残りはジェット・リーの『ロミオ・マスト・ダイ』と『ブラック・ダイヤモンド』)。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Exit Wounds (2001)” (英語). Box Office Mojo. 2010年4月6日閲覧。

外部リンク[編集]