ビートル (コミック)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ビートルBeetle)は、マーベル・コミックの世界に登場するキャラクター。または、5人の別々のキャラクタによって使用されるハイテクアーマーの3つのバージョンの名前。

出版史[編集]

ビートル・アーマーの最初のバージョンはエイブナー・ロナルド・ジェンキンスの創造物として、『Strange Tales』#123(1964年8月)でデビューした。このバージョンは、性質が名前に最も関連したアーマーである第2バージョンに切り替わる前の数年間だけ使用された。エイブナー・ジェンキンスの分身がMACH-1に変わる『サンダーボルツ英語版』#1(1997年4月)までこのバージョンは使用中だった。

ビートルのアーマーの新しいバージョンは『サンダーボルツ』#35(2000年2月)でデビューした。このバージョンは、ウォーキングタンクに類似していて、ジェンキンスと2代目ビートルであるレイラ・デイヴィスによって使用される。このバージョンはグラビトンによって破られ、着ていたデイヴィスは死亡した。

レイラ・デイヴィスの死後、ビートルのアーマーは『Thunderbolts』#103(2006年8月)で3つのバージョンすべてが3人の大学生によって盗まれるまで未使用であった。いつ、どのように、アーマーの第3バージョンが創られたかは明らかにされなかった。また、このキャラクターの個人名も明らかにされなかった。

経歴[編集]

エイブナー・ジェンキンス[編集]

元技術者のエイブナー・ロナルド・ジェンキンズは、冒険家として人生を追求し、ビートルの名の下で富と名声を得ようとした。ファンタスティック・フォーによって挫折させられ、彼は犯罪人生を歩み始めた。数年後に彼は改心して、サンダーボルトと呼ばれるグループに加入した。

レイラ・デイヴィス[編集]

レイラはスーパーヴィランのリンジャーの妻で、彼が死んだあとにビートルのアーマーを手に入れて活動を開始した。彼女がまだアーマーを着ているときにグラビトンによって押しつぶされ、死亡した。

3体のビートル・スーツ[編集]

マーベルのシビル・ウォーの間、3人の大学生がビートルのアーマーの以前のものを盗んだ[1]。最初のバージョンを操っている人は、ジョアキムと呼ばれ、第2バージョンの人は女性であることが明らかにされた。『サンダーボルト』での彼らの以降の出演ついて明らかにされず[2]、どんな個々のコードネームもそれらに与えられなかった。「Guardian Protocols」のストーリーラインで、彼らはバロン・ゼモによって、多数のスーパーヴィランから構成された拡大したサンダーボルトチームのメンバーとして、ダラス市をグランドマスターによる計画から守る。バロン・ゼモを蘇らせるのを試みるとき、オーバーマインドがWellspring(グランドマスターが使用している動力源)をフルパワーで使うと、シドニーとダラスの守護者たちは3人のビートルと共にオーバランする。

2007年に、3人のビートルが漫画『Avengers: Initiative』#1のカバーで現れる142人の登録されたスーパーヒーローの中で特定された[3]

他のコミックでの使用[編集]

ビートルという名前はマーベルUKインプリントから発行されている「Jaspers' Warp」というストーリー展開において、S.T.R.I.K.E.という超人抑制分隊によって使用された[4]

ビートルのアルティメット・マーベルバージョンは『Ultimate Spider-Man』#124でデビューする。スパイダーマンは、最初に、彼がRoxxonの会社からヴェノム・シンビオートのサンプルを奪っていることを理解する。小競り合いの後に、ニック・フューリーは、S.H.I.E.L.D.の調査にかかわらないようにピーター・パーカーに言い渡す。ビートルはヴェノムが抑制されているビルに侵入し、そして、ヴェノムは彼の後を追う。ビートルに追いつくと、ヴェノムはスパイダーマンに攻撃される。ヴェノムが触手でBビートルを捕まえるとき、スパイダーマンは、逃げるビートルを助けた。エディ・ブロックが再びヴェノムになった後、ビートルは彼を捕らえてラトベリアに輸送する[5]

他のメディア[編集]

ビートルはコミック以外でも頻繁な出演をする。

テレビ[編集]

ゲーム[編集]

  • ビートルは、アニメのシリーズに原作としたスーパーファミコンメガドライブのゲームの両方に登場する。
  • ビートルは1995年に日本で発売されたスーパーファミコンのゲーム『スパイダーマン リーサルフォーズ英語版』で最初のボスを務めた。
  • ビートルはプレイステーションの『Spider-Man』の続編『Spider-Man 2: Enter Electro』で小さな役割を務めた。彼は、カットされた場面に現れただけであり、ボスキャラクタとして現れなかった。
  • アルティメット・スパイダーマンのゲームでは、ビートル(声:タッカー・スモールウッド)は彼のアルティメットシリーズデビューとなり、Latveriansの手先となり、彼らがスーパーソルジャーの遺伝子を組み換えるために「スーパーヒューマン」から遺伝情報を集める。彼がゲームでした顕著な行動は、砂(アルティメット・サンドマンと繋がりがあることを意味する)の小びんを盗み、ノーマン・オズボーン(別名グリーン・ゴブリン)を自由したことである。彼はまた、グリーンゴブリンを解放したすぐ後にスパイダーマンと戦ったが、近くのLatverian大使館に隠れることによって逃げた。ゲームの特別版のコンセプチュアルアートは、ドクター・ドゥームにサンドマンの小びんを与えているビートルを示す。ビートルは後にヴェノム・シンビオートのサンプルを得るために送られる。ヴェノムは結局、ビートルを追いかけて倒す。

脚注[編集]

  1. ^ Thunderbolts vol. 1 #103 (August 2006)
  2. ^ Thunderbolts #104, 107 and 108
  3. ^ Avengers: The Initiative #1 Character Map Archived 2012年5月26日, at Archive.is
  4. ^ Alan Moore (w), Alan Davis (p), Alan Davis (i). "Among Those Dark Satanic Mills (or Madwar)" w:The Mighty World Of Marvel #9 (1984年2月), w:Marvel UK
  5. ^ Ultimate Spider-Man #128

外部リンク[編集]