モービウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
モービウス
Morbius
Morbius japanese logo.png
監督 ダニエル・エスピノーサ
脚本 マット・サザマ
バーク・シャープレス
アート・マーカム
マット・ホロウェイ
原作 ルイ・トーマス
ギル・ケイン
モービウス・ザ・リヴィング・ヴァンパイア
出演者 ジャレッド・レト
マット・スミス
アドリア・アルホナ
ジャレッド・ハリス
アル・マドリガル英語版
タイリース・ギブソン
音楽 ジョン・エックストランド
撮影 オリバー・ウッド
製作会社 コロンビア ピクチャーズ
マーベル・エンターテインメント
アラッド・プロダクションズ
マット・トルマック・プロダクションズ
配給 ソニー・ピクチャーズ リリーシング
公開 日本の旗アメリカ合衆国の旗 2022年4月1日
上映時間 108分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
前作 SSU
ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ(2021年)
次作 SSU
クレイヴン・ザ・ハンター(2023年)
テンプレートを表示

モービウス』(Morbius)は、マーベル・コミック同名のキャラクターをベースにした、2022年アメリカ合衆国スーパーヒーロー映画コロンビア ピクチャーズマーベル・エンターテインメントが製作する、「ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース」の第3作目。

ストーリー[編集]

天才的な頭脳を持つ医師マイケル・モービウスは、コスタリカの死の山と呼ばれる場所で自身の血液を使い、洞窟に潜む蝙蝠達を捕獲した。彼は生まれつき不治の病を患っており、ギリシャで医師をしているエミール・ニコラスの医療施設で新しく入ってきたばかりの親友ルシアン(マイロ)と入院していた。しかしマイロの生命維持装置の故障を治したことで、エミールからその才能をもっと良いところで使うようにアメリカの学校へ入学するためのサポートを受け、成人後にノーベル賞候補になる程の医師になっていたのだ。コスタリカから帰国後、捕獲した蝙蝠から吸血する器官を摘出し、それをヒトの細胞と組み込むことでキメラ細胞を産み出し血清を生成した。だが、余命幾ばくも無いモービウスは、おなじ病に苦しんでいるマイロからの支援を受け、実験の為に用意されたタンカーで、同僚のマルティーヌ・バンクロフトに完成した血清を自らに打たせたことで、血を求める吸血鬼のようなクリーチャーに変貌してしまい、異変に気付いた傭兵達を皆殺しにしてしまうのだった。ところがそれは悪夢の始まりにすぎなかったのだ。

キャスト[編集]

マイケル・モービウス
演 - ジャレッド・レト、日本語吹替 - 中村悠一[1][2]
ノーベル賞を受賞した天才医師。生まれつきの血液系疾患を抱えているため、違法に蝙蝠の血清を利用した治療を試みる。治療に成功したものの、徐々に彼の体に異変が起き始める。
少年時代のマイケル・モービウス
演 - チャーリー・ショットウェル、日本語吹替 - 田村睦心[1][2]
ルシアン / マイロ英語版
演 - マット・スミス、日本語吹替 - 杉田智和[1][2]
モービウスと同じく血液系疾患に苦しんでいる彼の友人。資産家であり、モービウスの研究を資金面で援助する。“マイロ”はモービウスが初めて出会った時から呼ぶあだ名であり(前に彼と一緒だった友人やそのまた前の友人もマイロと呼ばれていた。)、本名はルシアン。
少年時代のルシアン
演 - ジョセフ・エッソン、日本語吹替 - 松本沙羅[1][2]
マルティーヌ・バンクロフト
演 - アドリア・アルホナ、日本語吹替 - 小林ゆう[1][2]
モービウスの同僚の医師。
エミール・ニコラス
演 - ジャレッド・ハリス、日本語吹替 - 佐々木勝彦[2]
モービウスの助言者である医者。少年時代のモービウスやマイロを自身が運営する医療施設に引き取り、面倒を見てきた。原作では年は離れておらず、大学の親友という設定である。
サイモン・ストラウド
演 - タイリース・ギブソン、日本語吹替 - 楠大典[1][2]
FBI捜査官。モービウスを追う。
アルベルト・“アル”・ロドリゲス
演 - アル・マドリガル英語版、日本語吹替 - 牛山茂[2]
FBI捜査官。ストラウドと共にモービウスを追う。
ミスター・フォックス
演 - コーリイ・ジョンソン
エイドリアン・トゥームス / バルチャー
演 - マイケル・キートン、日本語吹替 - 大川透[2]
スパイダーマン:ホームカミング』で初登場。スパイダーマンに恨みを持つ武器商人。

製作[編集]

企画[編集]

2018年6月までに主演はジャレッド・レトに決定し、ダニエル・エスピノーサが監督を務めることが決まった[3]

撮影[編集]

撮影は2019年2月末にロンドンで開始され[4]、制作は2019年6月まで行われた[5]

公開[編集]

2020年1月13日に予告編が公開され、同年7月31日に全米公開が発表された[6]。しかし、新型コロナウイルスの影響により何度か公開が延期され、最終的に2022年4月1日に日米同時公開されることとなった[7][8]。2022年3月1日にはロシアによるウクライナ侵攻に抗議するためロシア国内での上映が中止されることが発表された[9]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f “ジャレッド・レト主演作「モービウス」吹替版に中村悠一、杉田智和、小林ゆうが参加”. 映画ナタリー. (2022年3月7日). https://natalie.mu/eiga/news/468447 2022年3月7日閲覧。 
  2. ^ a b c d e f g h i “モービウス -日本語吹き替え版”. (2022年4月1日). https://www.fukikaeru.com/?p=17902 2022年4月1日閲覧。 
  3. ^ Kroll, Justin (2018年6月27日). “Jared Leto to Star in ‘Spider-Man’ Spinoff ‘Morbius’ From Director Daniel Espinosa” (英語). Variety. 2020年1月14日閲覧。
  4. ^ Morbius Star Jared Leto Teases Start Of Filming In London” (英語). ScreenRant (2019年2月11日). 2020年1月14日閲覧。
  5. ^ Future Spider-Man Spinoff Movies Will Stand On Their Own” (英語). ScreenRant (2019年6月22日). 2020年1月14日閲覧。
  6. ^ マーベル/スパイダーマン映画『モービウス』公開決定&予告編 ─ ジャレッド・レト主演、新ユニバース始動宣言” (日本語). THE RIVER (2020年1月14日). 2020年1月14日閲覧。
  7. ^ Galuppo, Mia (2020年3月30日). “Sony Delays Release of 'Morbius,' 'Ghostbusters,' More Films Due to Coronavirus”. The Hollywood Reporter. 2020年3月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月5日閲覧。
  8. ^ “ジャレッド・レト主演『モービウス』、全米公開が4月1日に延期。”. ヴォーグ. (2022年1月5日). https://www.vogue.co.jp/celebrity/article/jared-leto-morbius-pushed-to-april-amid-omicron-surge 2022年3月1日閲覧。 
  9. ^ “ソニーもロシアで映画公開中止 ウクライナ侵攻で”. 日本経済新聞. (2022年3月1日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC014GH0R00C22A3000000/ 2022年3月1日閲覧。 

外部リンク[編集]