シニスター・シックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

シニスター・シックスSinister-Six)は、『スパイダーマン』などのマーベル・コミックの作品に登場する架空の犯罪組織

概要[編集]

1964年ドクター・オクトパスが、スパイダーマンを倒すために結成したのが始まり。他のメンバーは、ミステリオエレクトロクレイブン・ザ・ハンターサンドマンヴァルチャー

一度解散するも、1990年に再結成される。その後、メンバーや人数を変え、何度も登場した。

スタン・リー命名の法則」に従い、イニシャルがS・Sである(Sinister-Six)。

人気やインパクトの強さから、アニメなどの他のメディア作品でも登場することがある。その場合、設定が変わっている事もある(#アニメ版を参照)

登場作品・活動[編集]

スパイダーマン
1964年に初対決。1990年には、メイ・パーカー(ピーターの伯母)の婚約者を殺害した。
デアデビル
息のあったチームプレーでデアデビルを苦しめた。
ファンタスティック・フォー
ファンタスティック・フォーにチームプレーをさせないなど、窮地に陥れた。
シビル・ウォー
2006年~2007年クロスオーバー作品

その他、別のクロスオーバー作品ではキングピンと対決している。

メンバー[編集]

1964年版[編集]

初代メンバー。リーダーはドクター・オクトパス。クレイヴンは1987年に死亡。

1990年版[編集]

クレイブンの代わりにホブゴブリンが加わった。リーダーはドクター・オクトパス。

  • ドクター・オクトパス
  • ミステリオ(クエンティン・ベック)
  • エレクトロ
  • サンドマン
  • ヴァルチャー
  • ホブゴブリン(ジェイソン・マッキンデイルJr.)

1992年版[編集]

サンドマンの代わりにゴグが加わった。リーダーはドクター・オクトパス。ミステリオはゾンビとして復活した。

  • ドクター・オクトパス
  • ミステリオ(クエンティン・ベック)
  • エレクトロ
  • ヴァルチャー
  • ホブゴブリン(ジェイソン・マッキンデイルJr.)
  • ゴグ英語版

シニスター・セブン[編集]

1995年に登場。Sinister-SevenのイニシャルもS・Sである。リーダーはホブゴブリン。1997年にホブゴブリンは死亡。

  • ホブゴブリン(ジェイソン・マッキンデイルJr.)
  • ミステリオ(クエンティン・ベック)
  • エレクトロ
  • ヴァルチャー
  • ビートル(エイブナー・ジェンキンス)
  • スコーピア
  • ショッカー英語版

1999年版[編集]

サンドマンがリーダーを務める。

  • サンドマン
  • エレクトロ
  • ヴァルチャー
  • クレイブン・ザ・ハンター(アリョーシャ・クラヴィノフ)
  • ミステリオ(ダニエル・バークハート)
  • ヴェノム(エディ・ブロック)

シニスター・トゥエルブ[編集]

2005年に登場。リーダーであるグリーンゴブリンとヴェノムが中心となった。

2006年版[編集]

シビル・ウォーに登場。リーダーはドクター・オクトパス。

2012年版[編集]

リーダーはドクター・オクトパス。

  • ドクター・オクトパス
  • サンドマン
  • エレクトロ
  • ミステリオ(クエンティン・ベック)
  • カメレオン
  • ライノ

2013~2015年版[編集]

スーペリア・スパイダーマンに登場する。リビング・ブレインは後に離脱する。

2018年版[編集]

リーダーはアイアン・スパイダー。

新生シニスター・シックス[編集]

概要[編集]

1999年、ヴァルチャーとヴェノムが「スパイダーマンを倒す」という目的で同盟を組んだことにより、再結成される。

登場作品・活動[編集]

スパイダーマン
1999年に初対決。スパイダーマンの他に、ドクター・オクトパスやマッハ4(改心したビートル)などと闘う。

アニメ版[編集]

この節では、各アニメ版について説明する。従って、コミック版とは違う設定となっている部分もある。

下記のメンバーは、各自のスーパーパワーがスパイダーマンを上回るヴィランが多い。さらに、チームワークを駆使するため、スパイダーマンは苦戦させられた。

スパイダーマン(1990年代版)[編集]

スパイダーマン』第14話、第15話に登場。

メンバー
ドクター・オクトパスショッカー英語版ライノミステリオスコーピオン(マック・ガーガン)、カメレオン
本作ではインシディアス・シックス(The Insidious Six)と呼称される。
劇中での活動
第14話(シーズン2第1話)にて、キングピンの画策で結成され、拘置されているヴィラン全員がメンバーとなった。
ショッカーライノは、初登場の段階で既にキングピンと繋がりがあった。
ショッカーら5名は速やかにキングピンに従ったが、ドクター・オクトパスは参加を渋った[注 1]
当初、カメレオンがスパイダーマンに化け、残りの5人とスパイダーマンを誘き出す目的で悪事を働いていた。その為、J・ジョナ・ジェイムソンによりスパイダー・シックスと命名された。
戦力的にはスパイダーマンを圧倒していた[注 2]。しかし、最後はスパイダーマンの機転によりチームワークを乱され、敗北。解散し、キングピンの傘下からも離れた。
備考
シーズン1には、クレイヴン・ザ・ハンター(コミック版初代メンバー)、ホブゴブリン(コミック版二代目メンバー)が登場していたが、インシディアス・シックスには参加していない(クレイブンは国外へ退去、ゴブリンはいずこかへ逃走している)。
その他にシーズン1に登場したヴィランは、リザードヴェノム、キングピン、スパイダー・スレイヤー(スペンサー・スマイス、アリスター・スマイス)。ノーマン・オズボーンも登場したが、グリーンゴブリンはシーズン1には未登場。
刑務所での対応
ドクター・オクトパスは、コスチュームのまま、腰掛けた状態で独房に監禁されていた(4本の人工アームは、伸ばした状態で壁に固定)。
ショッカーもコスチュームのまま収監されていた(衝撃波を発するパーツは取り上げられていた)。
ミステリオはクェンティン・ベックの姿で収監されていた。

スペクタキュラー・スパイダーマン[編集]

スペクタキュラー・スパイダーマン』シーズン1・第11話に登場。

またシーズン2・第3話に新メンバーとして登場。
メンバー
シーズン1 ドクター・オクトパスショッカー英語版ライノエレクトロヴァルチャーサンドマン
リーダー格はドクター・オクトパス。
シーズン2 クレイヴン・ザ・ハンターミステリオライノエレクトロヴァルチャーサンドマン
劇中での活動
第11話(シーズン1)にて、ビッグマン(トゥームストーン)の画策で結成された。
拘置されているヴィラン全員がメンバーとなった[注 3]
初戦でスパイダーマンを圧倒したものの、再度の対戦でエイリアンスーツ(シンビオート)に敗北する(この時、ピーターの意識はなかった)。なお、スパイダーマンは前話からブラックコスチューム(エイリアンスーツ)を着用している。
備考
ライノサンドマンは、スーパーヴィランになる以前からチームを組んでいた。また、ハンマーヘッド(トゥームストーンの代理として)の傘下にあった。2人をスーパーヴィランにした実験には、ハンマーヘッド、ノーマン・オズボーン、オットー・オクタヴィアス(後のドクター・オクトパス)が立ち会っている。
モンタナにショッカーのコスチュームを渡したのはハンマーヘッドである。初登場の段階で、モンタナはビッグマンの傘下にあった。
ヴァルチャーがスーパーヴィランになった原因には、ノーマン・オズボーンとオットー・オクタヴィアスが関係している。
本作では、この時点で登場しているヴィランの大半がメンバーとなっており、スパイダーマンは「リザードとグリーンゴブリンがいない」と語った。
第10話には、ブラックキャットとカメレオンも登場したが、両者とも逃亡している。なお、カメレオンのサポートでクェンティン・ベックらが登場しているが、ミステリオになる事もなく逮捕された。
1990年代版は、ミステリオとカメレオンというトリッキーなタイプが加わっているが、『スペクタキュラー・スパイダーマン』では攻撃力の高いメンバー編成となっている(サンドマンはトリッキーな戦法も使用可能ではあるが、直接攻撃の能力も高い)。これにより、ブラックコスチューム(エイリアンスーツ)の能力の高さが目立っている。
シーズン2・第3話では2人ずつ順にスパイダーマンに襲い掛かるという戦法を取った。
スパイダーマンは前回(シーズン1)のメンバーと同一だと思い込み、エレクトロとヴァルチャー、ライノとサンドマンを倒した後、次にドクター・オクトパスとショッカーが出て来ると悟ったがミステリオの思惑(悟った通りドクター・オクトパスとショッカーがビルに立っていたがミステリオの幻覚であった)通り罠にはまってしまった。
刑務所での対応
サンドマン、ライノは独房に隔離されていた。「脱獄の動きが見られる場合は、ガスにより麻痺させる」との警告メッセージが流れる。
ドクター・オクトパス、ショッカー、ヴァルチャーは、装備を取り上げられ、普通の囚人同様に赤い囚人服を着て収監されていた(オクトパスの人工アームはそのままだったが、電源は没収されていた)。
エレクトロはセラピーを受けていたが、腕輪を装着し、退院(退院後、腕輪は破壊した)。

アルティメット・スパイダーマン[編集]

アルティメット・スパイダーマン』シーズン2・第31話、第51話に登場。

またシーズン4・第88話、第89話に新メンバーとして登場。
メンバー
シーズン2・第31話 ドクター・オクトパスクレイヴン・ザ・ハンターライノエレクトロリザードビートル
シーズン2・第51話 ドクター・オクトパスクレイヴン・ザ・ハンターライノエレクトロリザードスコーピオン
シーズン4・第88話 ドクター・オクトパスクレイヴン・ザ・ハンターライノエレクトログリーン・ゴブリンハイドロマン英語版スカーレット・スパイダー英語版
シーズン4・第89話 ドクター・オクトパスクレイヴン・ザ・ハンターライノスコーピオンヴァルチャークロスボーン英語版/リザード
全話通してリーダー格はドクター・オクトパス。
劇中での活動
ドクター・オクトパスによって結成された。
ショッカーライノは、初登場の段階で既にキングピンと繋がりがあった。
初めは息が合っているように見えたが、コナーズ教授としての記憶がうっすら残るリザードと、気の荒いクレイヴンが衝突し、それを止める為にエレクトロが撃った電撃がライノに当たってライノが怒り、オクトパスとビートルもろとも飛ばされてチームワークが悪くなり始めた。
そのままピーターの罠にライノがはまってラボが水浸しになりエレクトロがショート。自由の女神でチームと合流したピーター達に敗北。リザードは下水を通ってピーターに言葉を残して逃げたが、残りのメンバーはS.H.I.E.L.D.に捕らえられた。
その後、ドクター・オクトパスはシーズン4・第88話でシニスター・シックスより強力な集団として、シニスター・セブンを結成した。

マーベル スパイダーマン[編集]

マーベル スパイダーマン』シーズン1・第18話、第24話に登場。シニスター・ファイブとも呼ばれる。

メンバー
ドクター・オクトパスヴァルチャーライノアリスター・スマイス英語版スティール・スパイダー英語版

ゲーム版[編集]

Marvel's Spider-Man[編集]

2018年に発売された『Marvel's Spider-Man』(PS4)に登場。

メンバー
ドクター・オクトパスミスター・ネガティブ英語版エレクトロライノスコーピオン(マック・ガーガン)、ヴァルチャー
リーダーはドクター・オクトパス。
劇中での活動
ノーマン・オズボーンを恨むドクター・オクトパスミスター・ネガティブが中心となり、ノーマン失脚のための計画を立案した。
ミスター・ネガティブ、エレクトロライノスコーピオンヴァルチャーは「ラフト」に収監されていたが、オクトパスの計画により脱獄に成功した。またその際に、オクトパスが改良したそれぞれの装備も貰っている。
それぞれに目的があり、ネガティブはノーマンへの復讐、エレクトロは純粋なエネルギー体への進化、ライノはスーツからの解放、スコーピオンは多額の借金返済、ヴァルチャーはガンの治療薬の入手をオクトパスに叶えてもらうために、彼が練った計画に沿って働いた。
各々に役割があり、ミスター・ネガティブはウイルスの解毒剤の入手、エレクトロはオズコープ発電所の奇襲、ライノはオズコープ救護センターの襲撃、スコーピオンは貯水池の汚染、ヴァルチャーはスパイダーマンを誘導するという役割が与えられていた。最終的な計画の目標はオズコープ本社への直接攻撃だった。
しかし、エレクトロとヴァルチャーはオズコープ発電所でスパイダーマンとの戦いに敗れ、ライノとスコーピオンも港での戦いで敗れた。その後、ミスター・ネガティブはオズコープ本社襲撃の際に倒され、ドクター・オクトパスもノーマンの拉致には成功するが最終的に倒されて、メンバー全員が逮捕された。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 交渉の結果、研究所の贈呈を成功報酬とする事で、インシディアス・シックスに参加した。
  2. ^ ピーターは遺伝子が変異し、スーパーパワーが不安定な状態にあった。
  3. ^ トゥームストーン、ハンマーヘッドは、まだ全面的な対決はしていない段階。

出典[編集]