アメイジング・スパイダーマン2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アメイジング・スパイダーマン2
The Amazing Spider-Man 2
The Amazing Spider-Man 2 2014-04-05 18-17.png
監督 マーク・ウェブ
脚本 アレックス・カーツマン
ロベルト・オーチー
ジェフ・ピンクナー
原案 ジェームズ・ヴァンダービルト
製作 アヴィ・アラッド
マシュー・トルマック
製作総指揮 アレックス・カーツマン
ロベルト・オーチー
出演者 アンドリュー・ガーフィールド
エマ・ストーン
ジェイミー・フォックス
デイン・デハーン
コルム・フィオール
フェリシティ・ジョーンズ
ポール・ジアマッティ
サリー・フィールド
音楽 ハンス・ジマー
The Magnificent Six
主題歌 アリシア・キーズ feat. ケンドリック・ラマーイッツ・オン・アゲイン
挿入歌= フィリップ・フィリップス英語版ゴーン、ゴーン、ゴーン英語版
中島美嘉×加藤ミリヤ ふ『Fighter』(日本語吹き替え版テーマソング)
撮影 ダニエル・ミンデル
編集 ピエトロ・スカリア
エリオット・グレアム
製作会社 マーベル・エンターテインメント英語版
配給 コロンビア映画
公開 オーストラリアの旗ドイツの旗 2014年4月17日
日本の旗2014年4月25日[1]
アメリカ合衆国の旗 2014年5月2日
上映時間 142分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入

31.4億円[2] 日本の旗

$708,982,323[3]世界の旗
前作 アメイジング・スパイダーマン
テンプレートを表示

アメイジング・スパイダーマン2』(The Amazing Spider-Man 2)は、2014年公開のアメリカ合衆国スーパーヒーロー映画。2012年公開の『アメイジング・スパイダーマン』の続編であり、最終作。また、マーベルコミック原作の『スパイダーマン』の実写映画化作品としては第5作目となる。

あらすじ[編集]

オズコープの科学者であるリチャード・パーカーは失踪理由をビデオメッセージに記録する。リチャードと妻のメアリーが乗ったプライベートジェットは暗殺者にハイジャックされ飛行機は墜落し、リチャードとメアリーは死んでしまう。

リチャードの息子であるピーター・パーカースパイダーマンとしてニューヨークの犯罪と戦い続けていた。スパイダーマンはトラックで暴走するアレクセイ・シツェビッチを逮捕し、そのまま恋人グウェン・ステイシーが待つ高校の卒業式へ向かう。ピーターは彼女の亡き父ジョージと交わした「彼女を危険に巻き込まないために別れる」という約束を果たせず苦しんでいた。その頃、ピーターの旧友ハリー・オズボーンマンハッタンに戻ってくる。ハリーはオズコープのCEOノーマン・オズボーンの息子であり、父の死後、ハリーは20歳でオズコープの新CEOに就任する。

オズコープで働くマックス・ディロンは、街の送電システムを設計した優秀な電気技師だったが、その冴えない風貌と性格から誰からも好かれず、自身の命を助けてくれたスパイダーマンに異常な執着を見せていた。ある夜、彼は作業中の事故で電気人間になってしまい、その力をコントロールできずタイムズスクエアを停電させ破壊してしまう。これを止めに来たスパイダーマンに名前を覚えられていなかったことや、自分とは違い人々から愛されている姿に嫉妬しさらに暴走するが捕縛され、カフカ博士がいるレイブンクロフト刑務所へ収容される。ディロンは自らエレクトロと名乗りスパイダーマンの命を狙うようになってしまう。

一方、ハリーは父ノーマンと同様に不治の病に侵されており、その症状が現れ始めていた。ハリーは父ノーマンが残した過去の研究データから、治療するにはスパイダーマンの血液が必要だという結論に達する。しかしピーターはコナーズ博士の経緯から輸血の影響を危険と考え、スパイダーマンとしても血液の提供を拒否する。これによりハリーはスパイダーマンに強い憎しみを抱くようになる。

オズコープ副社長のドナルド・メンケンを含む役員達は、ハリーに手を焼いていた。ハリーは経営に興味が無い上に気に入った女性(フェリシア・ハーディ)を実績のないまま、いきなり自分の秘書兼CEO補佐に抜擢するなど縁故主義的なやり方で重役達の不満を買う。ハリーはフェリシアから助けになる「装置」の存在を教えられ、エレクトロの正体がディロンであることを突き止めた。ハリーはエレクトロをオズコープへ連れ戻す。その「装置」とはノーマンが作り出した様々な兵器だった。ハリーはグリーン・ゴブリンになり、エレクトロと共謀してスパイダーマンの抹殺に動き出す。

ピーターは父リチャードが残した情報から破棄された地下鉄の隠し研究室を突き止め、そこに残されていたビデオメッセージから失踪した理由を知る。その直後エレクトロが再び街中の電気を吸い取り、ニューヨーク一帯を停電させてしまう。スパイダーマンとグウェンは協力して発電所を再起動させ過電流を浴びせてエレクトロを倒す。安堵するのも束の間グリーン・ゴブリンが現れた。ゴブリンに連れ去られたグウェンは時計塔の頂上から突き落とされ、スパイダーマンが間一髪で掴み取ったものの、頭を打ち付け即死する。ピーターはグウェンの死のショックから自警活動を止めてしまう。

アレクセイ・シツェビッチは脱獄し、ノーマンが作り出した兵器を身に着けライノとして暴れ出す。ピーターはグウェンの卒業スピーチで自信を取り戻し、スパイダーマンとして再びライノの前に現れる。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ピーター・パーカー / スパイダーマン アンドリュー・ガーフィールド 前野智昭
グウェン・ステイシー エマ・ストーン 本名陽子
マックス・ディロン / エレクトロ英語版 ジェイミー・フォックス 中村獅童
ハリー・オズボーン / グリーン・ゴブリン デイン・デハーン 石田彰
ドナルド・メンケン コルム・フィオール 家中宏
フェリシア フェリシティ・ジョーンズ[4] 森夏姫
アレクセイ・シツェビッチ / ライノ英語版 ポール・ジアマッティ[4][5] 楠見尚己
メイ・パーカー英語版 サリー・フィールド 一龍斎春水
メアリー・パーカー英語版 エンベス・デイヴィッツ 吉田美保
リチャード・パーカー英語版 キャンベル・スコット てらそままさき
アシュレイ・カフカ博士英語版 マートン・チョーカシュ[6] 梅津秀行
黒服の男 ルイス・キャンセルミ 鈴木幸二
幼いピーター マックス・チャールズ 関根航
アリスター・スマイス英語版 B・J・ノヴァク[7] 花輪英司
謎の男 マイケル・マッシー 小島敏彦
ノーマン・オズボーン クリス・クーパー(クレジットなし)[8] 小川真司
ジョージ・ステイシー英語版 デニス・リアリー(クレジットなし)[9] 菅生隆之
卒業式の老人 スタン・リーカメオ出演[10]

製作[編集]

コロンビア映画は2011年の段階で既に続編の企画があることを発表していた。スタジオは前作に引き続いてでジェームズ・ヴァンダービルトを脚本家として雇い、その後アレックス・カーツマンロベルト・オーチーにより書き直された[11][12]

企画[編集]

プロデューサーのマシュー・トルマックは「複数の続編があり、少なくとも三部作になる」ことを明かした[13]。2作目の公開日は2014年5月2日が予定された[14]。ウェブは2作目でもさらにオリジン・ストーリーが展開されると述べた[15]。2012年6月、ウェブは続編でも監督を務めるかわからないと答えたが[16]、2012年9月28日に続投が報じられた[17][18]。アンドリュー・ガーフィールドもまた続編出演を希望しており[19]、2012年9月に正式に決定した[17][18]。エマ・ストーンは続編2本分の契約を交わし、グウェン・ステイシー役を続投することが決まった。前作からスパイダーマンの衣裳とマスクのデザインは変更され、マスクの眼は前作のマジックミラー然としたものから、白っぽいレンズが付いて大きくなり、印象がコミックスや前シリーズに近くなっている。ウェブ・シューターも変更されている[20]

サム・ライミによる前三部作でJ・ジョナ・ジェイムソンを演じていたJ・K・シモンズはスタジオ側からオファーがあれば出演したいと述べた[21]。2012年10月、続編の悪役はエレクトロ英語版であると発表され[22]ジェイミー・フォックスへオファーされ[23][24][25]、12月にフォックスはインタビューで決定を認めた[26]。2013年1月、ポール・ジアマッティライノ英語版役、フェリシティ・ジョーンズが役名不詳ながら出演が決まったことが報じられた[27]。2月27日、クリス・クーパーノーマン・オズボーン役に決まった[8]

2012年10月10日、シェイリーン・ウッドリーメリー・ジェーン・ワトソン役にオファーされていることが発表された[28][29]。2013年3月14日、ウッドリーが撮影に参加していることが確認され、また本作での彼女の役割は小さなものであることが明かされた[30]。2013年6月19日、本作からはメリー・ジェーンというキャラクターがカットされることが発表された。『ハリウッド・リポーター』誌上でマーク・ウェブは「(カットしたのは)物語を合理化し、ピーターとグウェンの関係に焦点を当てるための創造的な決断」であり、誰もがウッドリーと仕事をするのを楽しんでいたと語った[31]

撮影[編集]

2013年2月4日、マーク・ウェブは自身のtwitterにて主要撮影の開始をつぶやいた。彼はまたデジタルではなく35mmフィルムで撮影することを明かした[32]。ソニーは『スパイダーマン』の映画作品としては初めて全編ニューヨークで撮影され[33]、またニューヨーク市で撮影された映画としては史上最大規模であることを明かした[34]過越が行われている地域が撮影現場の近くにあったため[35]、会社側はコミュニティ側と話し合い、製作活動を調整した[36][37]ニューヨーク海事大学は作中のレイブンクロフト刑務所として撮影された[38]。カーチェイスシーンはロチェスターで撮影された[39]

6月25日、ウェブは撮影の完了をTwitter上で明かした[40]

続編の構想と経緯[編集]

『アメイジング・スパイダーマン2』の全世界での興行収入は約7億ドルと健闘したが、北米での興行収入はその内の約2億ドルに留まり、制作費を下回っていた。

「スパイダーマンの映画フランチャイズは我々のスタジオの最大の資産の1つだ。我々はマーク、アヴィ、マットが『アメイジング・スパイダーマン』と『アメイジング・スパイダーマン2』で探索し始めた世界をより深く掘り下げて調査するように組み立てているクリエイティブチームに興奮している。我々は、マーク、アレックス、ドリューがこれらの今後それぞれの映画でスパイダーマンの世界を展開する方法について一意にエキサイティングなビジョンを持っていると信じている」[41]

2013年6月、ソニー・ピクチャーズは第3作は2016年6月10日、第4作は2018年5月4日に公開予定であると発表した。[42][43]ポール・ジアマッティはライノが3作目でも登場することを明かした[44]。同年11月、ソニー・ピクチャーズ・エンターテインメント幹部のマイケル・リントンは「我々にはスパイダーマンの周りに大きな世界を作り上げる野心がある。作品のスクリプトがいくつかある」とアナリストに語った[41]。アンドリュー・ガーフィールドは自身の契約は3本分であり、4作目に関しては不明であることを明かした[45]

2013年12月12日、ソニーはヴァイライルサイト『Electro Arrives』を通したプレスリリースで企画中の2本の映画について発表した。1本はアレックス・カーツマンロベルト・オーチーエド・ソロモン脚本によるヴェノムのスピンオフ(カーツマンが監督予定)、もう1本はドリュー・ゴダードが脚本を執筆したヴィランチームのシニスター・シックスの映画でゴダードが監督就任を視野に入れている。ハンナ・ミンゲラとリチャード・オコナーはスタジオでこれらの映画の企画と製作を監査している[46][47]。2014年2月、ソニーはウェブが次作も監督を続投することを発表した[48]。2014年3月、ウェブは4作目を監督しないつもりであるが、シリーズのコンサルタントとして残留する意向を明らかにした[49]

2015年2月9日、ソニー・ピクチャーズとマーベルスタジオのパートナーシップ締結が発表され、今後のスパイダーマンのキャラクターはマーベル・コミック原作の実写映画を同一世界観のクロスオーバー作品として扱う『マーベル・シネマティック・ユニバース』にシェアすることを発表。ソニーは『アメイジング・スパイダーマン3』とスピンオフ作品『シニスター・シックス』の計画を白紙にし、マーベルの協力を得て新たなシリーズの製作が決定。『アメイジング・スパイダーマン』シリーズは事実上の打ち切りとなった。同時にマーベルは自社製作の映画にスパイダーマンを登場させる権利を獲得した。オーディションの末新たなスパイダーマンとして、トム・ホランドがキャスティングされ、2016年公開の『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』にメアリー・パーカー役のマリサ・トメイと共に初登場。その後単独作品第1作目として『スパイダーマン:ホームカミング』が2017年に公開。

テレビ放送[編集]

2016年4月29日日本テレビ系列の『金曜ロードSHOW!』の「2週連続スパイダーマン祭り」の一環として地上波初放送された[50](19:56 - 22:54。二ヶ国語放送 / 文字多重放送 / データ放送)。

参考文献[編集]

  1. ^ ソニー・ピクチャーズ - プレスリリース -2013/6/19-”. ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント (2013年6月19日). 2013年7月3日閲覧。
  2. ^ 2015年記者発表資料(2014年度統計) (PDF)”. 日本映画製作者連盟 (2014年1月27日). 2014年1月27日閲覧。
  3. ^ The Amazing Spider-Man 2”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2015年6月26日閲覧。
  4. ^ a b Lesnick, Silas (2013年1月28日). “Paul Giamatti Up for Rhino Role in The Amazing Spider-Man 2”. SuperHeroHype!. 2013年7月3日閲覧。
  5. ^ First Look at Paul Giamatti in The Amazing Spider-Man 2”. Superhero Hype (2013年5月11日). 2013年7月3日閲覧。
  6. ^ Andy Garcia & Rob Riggle Join LET’S BE COPS, Marton Csokas Boards THE EQUALIZER & Michael Bay’s ALMANAC Finds Jonny Weston & Sofia Black-D’Elia”. Collider (2013年5月17日). 2013年7月3日閲覧。
  7. ^ Webb, Marc (2013年3月28日). “Day 38. A supposed rumor about a Dunder-Mifflin takeover of Oscorp?”. Twitter. 2013年7月3日閲覧。
  8. ^ a b Siegel, Tatiana (2013年2月27日). “'Amazing Spider-Man 2': Chris Cooper to Play Green Goblin”. The Hollywood Reporter. 2013年7月3日閲覧。
  9. ^ Mortimer, Ben (2014年4月9日). “The Amazing Spider-Man 2 Review”. Superhero Hype!. 2014年4月12日閲覧。
  10. ^ SuperHeroHype (2013年6月3日). “Photos of Stan Lee Filming His Amazing Spider-Man 2 Cameo”. 2013年6月3日閲覧。
  11. ^ Kit, Borys (2011年3月24日). “James Vanderbilt returning to pen sequel”. The Hollywood Reporter. 2011年8月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年3月24日閲覧。
  12. ^ Fleming, Mike (2012年4月24日). “Alex Kurtzman & Roberto Orci Re-Writing Sequel To 'Amazing Spider-Man'”. Deadline. 2012年4月24日閲覧。
  13. ^ Douglas, Edward (2012年7月2日). “Exclusive: Talking with the Producers of The Amazing Spider-Man”. Crave Online. 2012年7月4日閲覧。
  14. ^ Warmer, Kara (2012年4月24日). “'Amazing Spider-Man' Sequel 'Holy Grail' For Writing Duo”. MTV. 2012年4月26日閲覧。
  15. ^ Wigler, Josh (2012年4月10日). “Untold 'Spider-Man' Origin Will Unfold Over 'A Few Movies,' Director Says”. MTV. 2012年4月11日閲覧。
  16. ^ Ryan, Mike (2012年6月26日). “Marc Webb, 'Amazing Spider-Man' Director, On The Specter of Sam Raimi”. The Huffington Post. 2012年6月26日閲覧。
  17. ^ a b Andrew Garfield & Marc Webb Return For 'Amazing Spider-Man 2'”. The Huffington Post (2012年9月28日). 2012年9月28日閲覧。
  18. ^ a b Siegel, Tatiana (2012年9月28日). “Andrew Garfield and Director Marc Webb to Return for 'Amazing Spider-Man' Sequel”. The Hollywood Reporter. 2012年9月28日閲覧。
  19. ^ Carlson, Erin (2012年6月27日). “Andrew Garfield Hopes to Star in 'Spider-Man' Sequel”. The Hollywood Reporter. 2012年7月19日閲覧。
  20. ^ Schaefer, Sandy. “'Amazing Spider-Man 2' Mask Reveal; Dane DeHeaan Bulking Up for Harry Osborn”. Screenrant. 2013年2月25日閲覧。
  21. ^ Outlaw, Kofi (2012年8月6日). “‘Amazing Spider-Man 2′: Should J.K. Simmons Return as J. Jonah Jameson?”. Screen Rant. 2012年8月6日閲覧。
  22. ^ Sneider, Jeff (2012年10月10日). “Shailene Woodley in talks for 'Spider-Man 2'”. Variety. 2012年10月11日閲覧。
  23. ^ Jamie Foxx in early talks to play 'Spiderman 2' villain”. Variety (2012年10月1日). 2013年2月7日閲覧。
  24. ^ Michael Bay Testing Hot Young Actors for 'Transformers 4' Leads (Exclusive)”. The Hollywood Reporter (2012年11月16日). 2013年2月7日閲覧。
  25. ^ 'Spider-Man 2' Testing Quartet of Actors for Harry Osborn Role”. The Hollywood Reporter (2012年11月19日). 2013年2月7日閲覧。
  26. ^ Exclusive: 'Spider-Man' Villain Jamie Foxx Reveals Major Origin Details”. MTV (2012年12月17日). 2013年2月7日閲覧。
  27. ^ Paul Giamatti Up for Rhino Role in The Amazing Spider-Man 2” (2012年1月28日). 2013年2月7日閲覧。
  28. ^ Shailene Woodley In Talks For Amazing Spider Man Sequel”. E! Online. 2012年10月11日閲覧。
  29. ^ Shailene Woodley in Talks for 'Spider-Man 2'”. Hollywood Reporter (2011年11月17日). 2012年10月11日閲覧。
  30. ^ 'Amazing Spider-Man 2': Shailene Woodley Finishes Shooting Sequel”. MTV News (2013年3月14日). 2013年4月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月2日閲覧。
  31. ^ Kit, Borys (2013年6月19日). “Shailene Woodley Cut From 'Amazing Spider-Man 2'”. The Hollywood Reporter. 2013年6月19日閲覧。
  32. ^ The Amazing Spider-Man 2 Has Started Production” (2012年2月4日). 2013年2月7日閲覧。
  33. ^ Kusisto, Laura (2013年3月12日). “Tax-Policy Web Lures 'Spider-Man' Film Here”. 2013年3月13日閲覧。
  34. ^ The Amazing Spider-Man 2 Officially New York's Biggest Production”. SuperHeroHype (2013年3月14日). 2013年3月15日閲覧。
  35. ^ Hoffman, Meredith (2013年3月14日). “Hasidic Leaders Fight 'Culturally Insensitive' Passover 'Spider-Man' Shoot”. DNAinfo.com. 2013年4月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月2日閲覧。
  36. ^ Mercogliano, Ann (2013年3月15日). “Plan for ‘The Amazing Spider-Man 2′ to shoot in Hasidic Williamsburg at Passover spins web of controversy”. pix11.com. 2013年4月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月2日閲覧。
  37. ^ Beekman, Daniel. “‘Let my people park’: pol persuades Columbia Pictures not to film ‘Spider-Man’ during Passover”. Daily News. 2013年4月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年3月20日閲覧。
  38. ^ New Set Pictures From THE AMAZING SPIDER-MAN 2 Reveal 'Ravencroft Institute'”. ComicBookMovie.com (2013年4月20日). 2013年7月3日閲覧。
  39. ^ More Details on The Amazing Spider-Man 2 Filming and Sets”. SuperHeroHype.com (2013年3月12日). 2013年7月3日閲覧。
  40. ^ Goldberg, Matt (2013年6月25日). “Shooting Wraps on THE AMAZING SPIDER-MAN 2; Director Marc Webb Posts Impressive Short Video from the 100th Day of Filming”. Collider. 2013年6月25日閲覧。
  41. ^ a b Lieberman, David (2013年11月21日). “Update: Sony Pictures Plans More Spider-Man Sequels And Spinoffs – But Still No Marvel Reunion”. Deadline.com. 2013年11月21日閲覧。
  42. ^ Sony Sets Release Dates for 3rd and 4th Spider-Man Films!”. ComingSoon.net (2013年6月17日). 2014年4月8日閲覧。
  43. ^ McClintock, Pamela (2013年6月17日). “Sony Sets Release Dates for Third and Fourth 'Amazing Spider-Man' Films”. 2013年6月17日閲覧。
  44. ^ Paul Giamatti Talks 'Parkland', 'Downton Abbey', 'The Amazing Spider-Man 2' and '3', the Sinister Six, and More
  45. ^ DiLeo, Adam (2013年12月10日). “Andrew Garfield May Not Be in The Amazing Spider-Man 4”. IGN. 2013年12月14日閲覧。
  46. ^ Patten, Dominic (2013年12月13日). “Sony Sets Spider-Man Spinoffs ‘Venom,’ ‘Sinister Six’ With New "Franchise Brain Trust"”. Deadline. 2013年12月14日閲覧。
  47. ^ Kit, Borys (2014年1月6日). “Forget Franchises: Why 2014 Will Be Hollywood's Year of the 'Shared Universe'”. Hollywood Reporter. 2014年4月8日閲覧。
  48. ^ Cheney, Alexandra (2014年2月25日). “Analysts: Sony Needs More Bigscreen Franchises”. Variety. 2014年2月25日閲覧。
  49. ^ Marc Webb Takes Us Inside ‘The Amazing Spider-Man 2’ and Discusses His Rise to the A-List”. The Daily Beast (2014年3月15日). 2014年3月15日閲覧。
  50. ^ TVステーション」(ダイヤモンド社)関東版2016年9号

外部リンク[編集]