ヴァルチャー (キャラクター)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • バルチャー
ヴァルチャー
出版の情報
出版者 マーベル・コミック
初登場アメイジング・スパイダーマン』 2号(1963年5月)
クリエイター スタン・リー
スティーヴ・ディッコ
作中の情報
フルネーム エイドリアン・トゥームス(Adrian Toomes)
種族 人間
所属チーム シニスター・シックス
シニスター・トゥエルブ
著名な別名

ブラッキー・ドラコ(Raniero "Blackie" Drago),

クリフトン・シャロット(Clifton Shallot)
能力 飛行能力と鋭い翼
増強された体力・耐久力
天才的な頭脳

ヴァルチャー (Vulture)は、スパイダーマンシリーズに登場する代表的なヴィランの一人である。ハゲタカ(英語でヴァルチャーと呼ぶ)のようなスーツを着て飛行することができる。

初代[編集]

原作漫画[編集]

本名は、エイドリアン・トゥームス(Adrian Toomes)。

天才的な技術者・発明家であったトゥームスは、親友のグレゴリー・ベストマンと共に「エレクトロニクス」という会社を経営していた。会社内では、ベストマンが運営をしており、トゥームスは電磁波を利用して飛行を可能にするハーネスなどの画期的な発明品の開発に専念していた。しかし、ベストマンはトゥームスを裏切って、彼の利益を横取りしたり、最終的には会社の支配権を全て握ってトゥームスを追い出すなど悪行を行った。それでもトゥームスは飛行ハーネスの開発を完成させ、復讐者となって「エレクトロニクス」社の金をすべて盗み出した。この経験を経て、飛行の快感と強化されたパワーに酔いしれた彼は、バルチャーと名乗り犯罪者への道へ進むことを決意する[1]

その後も味を占めた彼は、警察に犯罪予告をする大胆さも見せ始めた。それを聞きつけたスパイダーマンは、バルチャーを倒すだけでなく、戦闘時に写真を撮影してデイリー・ビューグルに売り込もうと考えたのだった。結果的に、ヴァルチャーは公衆の面前で侮辱され、怒り狂った彼はスパイダーマンへの復讐に執着するようになった。

ちなみに、彼を撮影したことによってピーターはデイリー・ビューグル社のカメラマンになることができた。

  • 1963年発行のアメイジング・スパイダーマン第2号で初登場を果たし、グリーンゴブリンドクター・オクトパスと並んでスパイダーマンを代表する最も古い悪役の一人として、度々スパイダーマンの前に立ちはだかってきた。
  • 1964年発行のアメイジング・スパイダーマン アニュアル1号にて、ドクター・オクトパス、ミステリオサンドマンエレクトロクレイヴン・ザ・ハンターのスパイダーマンの宿敵5人と共に、悪のヒーローチームシニスター・シックス(邪悪なる6人)を結成し、初代メンバーとしてスパイダーマンと対戦する。
  • 2016年発行の『スーペリア・スパイダーマン』では、ドクター・オクトパスに乗っ取られたスパイダーマンと対戦し、こてんぱんに打ち負かされて大ケガを負った。その上、オクトパスがスパイダーマンの肉体を乗っ取っていることにも気づかなかった。

映画[編集]

2017年公開の映画『スパイダーマン:ホームカミング』に悪役として登場。役を演じたのはマイケル・キートン。吹き替えは大川透が声を担当した。
スパイダーマンことピーター・パーカーが憧れているクラスメイト、リズ・アレンの父親でエイリアン船の残骸を集める業務を行っていたが、トニー・スタークにより仕事を横取りされることとなった。
その後、トゥームズらは隠しておいたエイリアンの残骸を用いて研究を続け、高性能兵器の開発販売事業を展開するようになる。この兵器密売事業がピーターに目をつけられるようになる。最終的にはスパイダーマンとヴァルチャーが対決し、トゥームズは収監されることとなる。
また、ヴァルチャーは独創的な悪役として高い評価を受けた[2]。悪役であるにもかかわらず、娘のデート相手であるピーターを尊重するバランス感覚のある良き父親であり、性差別的なステレオタイプから脱却した多面的なキャラクターであると評されている[3]

アニメ[編集]

ゲーム[編集]

二代目[編集]

本名は、ブラッキー・ドラコ(Raniero "Blackie" Drago)。

1967年発行のアメイジング・スパイダーマン第48~49号で登場。事故で瀕死の重傷を負ったトゥームスと刑務所で同房だった黒人の犯罪者。トゥームスから継承者として選ばれた。

実際は、トゥームスを事故でケガを負わせたのはブラッキーの策略で、バルチャーの名を我が物にしようと企んだ卑劣な男。若さという点ではトゥームスに勝っていたが、経験や専門知識で大きな差がみられ、結局トゥームスに打ち負かされて役割を返上することになった。

三代目[編集]

名は、クリフトン・シャロット(Clifton Shallot)。

1974年発行のアメイジング・スパイダーマン第128号で登場。元エンパイア・ステート大学の教授で、肉体をバルチャーに突然変異させた。殺人現場を見たメリー・ジェーン・ワトソンを口封じのために殺害しようと執着する。

四代目[編集]

名は、ジミー・ナターレ(James "Jimmy" Natale)。

2009年発行のアメイジング・スパイダーマン第592号で登場。元ギャングで、意図せずして酸性の唾を武器とする新たなバルチャーになってしまった。長らく活躍していたが、2011年にパニッシャーに殺され、トゥームスが再びバルチャーの地位を取り戻すことになった。

脚注[編集]

  1. ^ スパイダーマン大全[増補改訂版]. 小学館集英社プロダクション. (2017). pp. 65頁. ISBN 978-4-7968-7706-0. 
  2. ^ Abraham Riesman (2017年7月6日). “Spider-Man’s Vulture Is the Best Marvel Movie Villain in Years”. Vulture. 2017年12月28日閲覧。
  3. ^ Leah Thomas (2017年7月14日). “How 'Spider-Man: Homecoming' Avoids One Of Pop Culture's Most Sexist Tropes”. Bustle. 2017年12月28日閲覧。