スコーピオン (マーベル・コミック)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スコーピオン
出版の情報
出版者 マーベル・コミック
初登場アメイジング・スパイダーマン』 19号(1964年12月)
クリエイター スタン・リー
スティーヴ・ディッコ
作中の情報
フルネーム マクドナルド・"マック"・ガーガン(MacDonald "Mac" Gargan)
所属チーム マスターズ・オブ・イーヴル
シニスター・トゥエルブ
サンダーボルツ
ダークアベンジャーズ
著名な別名 ヴェノム(Venom),
スコーピア(Scorpia),
カーミラ・ブラック(Carmilla Black)
能力 増強された体力、スピード、耐久力、反射神経、敏捷性
強力なアーマー、尻尾の操作

スコーピオン (Scorpion)は、スパイダーマンシリーズに登場する代表的なヴィランのひとり。強力なサソリ型のバトルスーツとパワフルな尻尾を駆使して戦う。

初代[編集]

原作漫画[編集]

本名は、マック・ガーガン(MacDonald "Mac" Gargan)。

元々は落ちぶれた私立探偵だった。ピーター・パーカーが常にスパイダーマンの写真を撮れる秘訣を知りたかったデイリー・ビューグル発行人、J・ジョナ・ジェイムソンは、調査料が非常に安いことからガーガンにピーターの尾行を依頼した。しかし、尾行は失敗してしまい、ジェイムソンは新たな計画を思いつく。それは、動物変異の原因を発見したファーリー・スティルウェル博士の協力を得て、スパイダーマンよりも強力な人間を作ることだった。ジェイムソンから1万ドルを受け取ったガーガンは実験の被検体となることを承諾し、放射線と科学的処置を幾度となく受けた。その結果、彼は自然界におけるクモの敵・サソリ(スコーピオン)のパワーを手に入れたのであった[1]

スパイダーマンの2倍もの攻撃力を得たガーガンは、スパイダーマンを2度も打ちのめした。しかし、後援者であったジェイムソンは世間体を気にして自分との距離を置き始めた。その事に強い憎しみを覚えた彼は、ジェイムソンを襲撃しようとするのだったが、床にウェブを貼り巡らされて身動きが取れなくなり、背後から尻尾を引き剥がされて3戦目にして到頭スパイダーマンに敗北するのであった。

この件以降も、スパイダーマンとジェイムソンを倒すためだけに生きているガーガンは何度も2人の前に立ちはだかることになる。

映画[編集]

2017年公開の映画『スパイダーマン:ホームカミング』に登場[2]。役を演じたのはマイケル・マンド。吹き替えは青山穣が声を担当した。
首元にサソリの刺青を彫った凶悪な殺人鬼で、ヴァルチャーの取引相手として登場。エンディングにてスパイダーマンへの報復を企む様子が見られた。


2018年公開のアニメ映画『スパイダーマン: スパイダーバース』に登場[3]ホアキン・コシオを声を担当。吹き替えは三宅健太が担当した。
キングピン英語版 の部下として登場し、スパイダーマンを執拗に追い詰める活躍を見せた。

アニメ[編集]

ゲーム[編集]

二代目[編集]

本名は、カーミラ・ブラック(Carmilla Black)。

2005年発行の『アメイジング・ファンタジー (vol. 2) 』第7号で初登場。ヴェノムとなっていたガーガンに代わって登場していた。しばらく政府機関S.H.I.E.L.D.に所属していたが、現在はフリーランス。

スコーピア[編集]

本名は、エレイン・コール(Elaine Coll)。

女性版スコーピオンことスコーピア(Scorpia)は、1995年発行の『スパイダーマン パワー・オブ・テラー』第2号で初登場。同年発行の『スパイダーマン アンリミテッド』第9号では、ホブゴブリンを中心としたシニスター・セブンのメンバーとして活動していた。近年も稀に登場している。

脚注[編集]

  1. ^ スパイダーマン大全[増補改訂版]. 小学館集英社プロダクション. (2017). pp. 85頁. ISBN 978-4-7968-7706-0. 
  2. ^ 「スパイダーマン:ホームカミング」に残された5つの疑問”. IGN Japan (2017年8月12日). 2018年12月15日閲覧。
  3. ^ 強敵多すぎ!『スパイダーマン:スパイダーバース』に登場するヴィランたち”. シネマトゥデイ (2019年3月3日). 2019年6月15日閲覧。