リザード (マーベル・コミック)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
リザード
出版の情報
出版者 マーベル・コミック
初登場アメイジング・スパイダーマン』 6号(1963年11月)
クリエイター スタン・リー
スティーヴ・ディッコ
作中の情報
フルネーム Dr.カート・コナーズ(Curtis "Curt" Connors)
所属チーム シニスター・シックス
シニスター・トゥエルブ
能力 超人的な体力、反射神経、スピード、スタミナ、敏捷性
爬虫類の再生能力
並外れた固い皮膚
鋭い爪・歯
爬虫類をテレパシーで操れる

リザード (Lizard)は、スパイダーマンシリーズに登場する代表的なヴィランのひとり。超人的な体力、スピードやパワーなどを兼ね備えたトカゲ人間。

原作漫画[編集]

本名は、カーティス"カート"・コナーズ(Curtis "Curt" Connors)。

フロリダ生まれ。家族を大切にする穏やかな男。戦時中、軍医として兵役についていたコナーズは、爆弾により右腕を失ってしまう。戦後は外科医を辞め、身体の再生能力がある爬虫類の研究を始めた。人類のために役立てようと、数年にわたって研究を続けた結果、失った身体の部位の再生を可能にする薬品合成に成功する。家族には必死で止められたものの耳を貸さず、それをコナーズは飲み干してしまう。彼の右腕は再生して実験も成功したと思われたが、突如として身体全体が爬虫類のような緑の皮膚に覆われ、トカゲそっくりの尻尾まで生え始めた。そして、人格までもが知性的なコナーズとは正反対の凶暴なリザードの人格へと変貌してしまうのだった[1]

新聞でトカゲ男の出現を知ったスパイダーマンはフロリダまで向かい、コナーズのメモを元に解毒剤を作成。激しい戦いの最中、解毒薬を飲ませてコナーズを救うことに成功した。以降も敵として、味方として登場し続けている。

  • 1963年発行のアメイジング・スパイダーマン第6号で初登場を果たし、グリーンゴブリンドクター・オクトパスと並んでスパイダーマンを代表する最も古い悪役の一人として、幾度となくスパイダーマンの前に立ちはだかり、時には味方としても登場した。
  • 1966年発行のアメイジング・スパイダーマン第33号では、放射能中毒になったメイおばさんを救うために、スパイダーマンと協力して血清の作成に取り組んだ。
  • 1971年発行のアメイジング・スパイダーマン第101号では、モービウスとの戦闘中にスパイダーマンの腕が6本(シックス・アームド・スパイディ)になってしまい、後に治療を担当して元の姿に戻している。
  • 2008年発行のアメイジング・スパイダーマン第552号では、ドラッグ中毒の犯罪者に研究室に侵入されてしまう。研究室に並んだ注射器をドラッグだと勘違いして注射した犯罪者は、新たな敵・フリークという化け物に変貌してしまうのだった。

映画[編集]

リチャード・パーカー(ピーターパーカーの父)の同僚として登場[2]。パーキンソン病などの難病を治療するために、遺伝子交配の研究をオズコープ社の下で行っている。
上司から開発した薬の結果報告を急かされ、コナーズは自らの体で実験をする。しかし、完成したと思われていた薬は不完全なもので、コナーズはリザードに変身してしまう。

アニメ[編集]

ゲーム[編集]

脚注[編集]

  1. ^ スパイダーマン大全[増補改訂版]. 小学館集英社プロダクション. (2017). pp. 71頁. ISBN 978-4-7968-7706-0. 
  2. ^ 『アメイジング・スパイダーマン』スタン・リー氏、セリフ無しだが劇中最も笑える存在感―【TSUTAYAプレミアムで映画漬け】”. TSUTAYA (2018年11月13日). 2018年12月6日閲覧。