ライノ (マーベル・コミック)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ライノ
出版の情報
出版者 マーベル・コミック
初登場アメイジング・スパイダーマン』 41号(1966年10月)
クリエイター スタン・リー
ジョン・ロミータ・Sr
作中の情報
フルネーム アレクセイ・ミハイロビッチ・シツェビッチ(Aleksei Mikhailovich Sytsevich)
所属チーム シニスター・シンジケート
シニスター・シックス
エミッサリーズ・オブ・イビル
著名な別名 アレックス・O・ハーン(Alexander O'Hirn)
能力 増強されたパワー、体力、スタミナ、耐久力
体格と比例しない素早さ
耐熱性、防弾性の皮膚
刃物のように鋭い角

ライノ (Rhino)は、スパイダーマンシリーズに登場する代表的なヴィランのひとり。サイのようなアーマードスーツに身を包んだ巨漢。突進や鋭い角、怪力を活かして戦う。

原作漫画[編集]

本名は、アレクセイ・シツェビッチ(Aleksei Mikhailovich Sytsevich)。

ロシアの貧民で知性の無いアレクセイは、ギャングに雇われてパートタイムの用心棒として勤めていたが、自らの欲望は満たされていなかった。しかしある日、外国人スパイのグループに新しいアーマードスーツの実験の被検体となることを決める。契約として1万ドルを受け取った彼は、身体を巨大化するための化学的処置と放射線照射に耐え、極薄の人工皮膚を移植する痛みを伴う手術も承諾する。この処置により、ほとんど何からもダメージを受けないライノの外殻が永久的に彼の身体に癒着されることになった。飛躍的に体力、スタミナ、耐久力を増強し、知能も少し強化することに成功。その後、力を得たライノはスパイたちに従う必要はないと判断し、施設から脱走したのだった[1]

スパイダーマンとは宇宙飛行士のジョン・ジェイムソン誘拐の際に初めて対決し、スピードや戦略に優れた彼に敗れることになった。2度目の対決の際には、カート・コナーズ博士の協力を得たスパイダーマンにスーツを溶かされ逮捕されている。

この件以降も、心からスパイダーマンを憎んでいるライノは、何度も彼の前に立ちはだかることになる。

映画[編集]

2014年公開の映画『アメイジング・スパイダーマン2』に登場[2]。役を演じたのはポール・ジアマッティ。吹き替えは楠見尚己が声を担当した。
最初は人間として登場し、一度逮捕されている。その後、サイのようなロボットスーツを着てスパイダーマンの前に立ちはだかった。

アニメ[編集]

ゲーム[編集]

脚注[編集]

  1. ^ スパイダーマン大全[増補改訂版]. 小学館集英社プロダクション. (2017). pp. 88頁. ISBN 978-4-7968-7706-0. 
  2. ^ なぜエレクトロが誕生したか…『アメイジング・スパイダーマン2』約4分の新映像公開”. シネマトゥデイ (2014年2月4日). 2018年12月6日閲覧。