建設的

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
建設的
いとうせいこう & Tinnie Punxスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ヒップホップ
レーベル ポニーキャニオンT.E.N.T
いとうせいこう 年表
建設的
1986年
MESS/AGE
1987年
TINNIE PUNX 年表
建設的
1986年
HEAVY
1987年
テンプレートを表示

建設的』(けんせつてき)は、いとうせいこう & Tinnie Punx 名義で1986年に発表されたアルバム[2]。いとうせいこうのデビュー・アルバムとされる[3]

後年には、「日本語ヒップホップの先駆的名盤」[4]、「日本語ラップの大クラシック」、「アメリカのヒップホップを意識して作られた、日本で最初のアルバム」などとも評された[5]。オムニバスの『業界くん物語』(1985年)や、いとうせいこう名義の『MESS/AGE』(1989年)とともに、いとうせいこうを中心とした日本語ラップの最初期の取組のひとつである[要出典]

収録曲[編集]

1986年のオリジナル版の収録曲は、ポニーキャニオンから出たアナログ盤(LP)では8曲[6]T.E.N.Tから出たCDでは「アナーキー・イン・ザ・Jap」を加えた9曲であり[7]、そのうち「俺の背中に火をつけろ!!」は、大竹まこと & The Giant Punx 名義となっている[2]

2016年には、発表から30周年を記念してCDが再発され、ボーナストラックとして4曲が追加された。

  1. MONEY(作詞:藤原ヒロシいとうせいこう高木完/作曲:ヤン富田
  2. なれた手つきでちゃんづけで(作詞:いとうせいこう/作曲:高橋幸宏
  3. 大竹まこと & The Giant Punx - 俺の背中に火をつけろ!!(作詞:いとうせいこう/作曲:KERA
  4. 水の子チェリー(作詞:いとうせいこう/作曲:桜井圭介
  5. アナーキー・イン・ザ・Jap(作詞:いとうせいこう/作曲:ヤン富田) - CDのみ
  6. JOE TALKS(作詞:いとうせいこう/作曲:ヤン富田)
  7. 恋のマラカニアン(作詞:いとうせいこう/作曲:ヤン富田)
  8. 東京ブロンクス(作詞:いとうせいこう、押切伸一/作曲:ヤン富田)
  9. だいじょーぶ(作詞:高木完/作曲:ヤン富田)
    (以下は、再発時のボーナストラック)
  10. BODY BLOW
  11. HEALTHY MORNING
  12. LIVE Mounkberys TOKYO BLONX
  13. 渚のアンラッキーボーイズ

脚注[編集]

  1. ^ いとうせいこう、アルバム「建設的」をオリジナル・リリースから30年後に再発売”. Musicman-net/F.B.Communications Inc. & Magnet Co.,Ltd. (2016年8月9日). 2019年1月4日閲覧。
  2. ^ a b いとうせいこう* & Tinnie Punx* ‎– 建設的 - Discogs (発売一覧)
  3. ^ 帆苅智之 (2016年10月5日). “『建設的』に見る日本語ラップ、ヒップホップの夜明けと、多くのフォロワーを生み出した、いとうせいこうのマルチな才能”. OK MUSIC/JAPAN MUSIC NETWORK, Inc.. 2019年1月4日閲覧。
  4. ^ “[ALL ABOUT]いとうせいこう with 宇多丸”. 読売新聞・東京夕刊: p. 8. (2016年8月3日)  - ヨミダス歴史館にて閲覧
  5. ^ 日本語ラップのパイオニアに学ぶ~いとうせいこう & TINNIE PUNX『建設的』”. Tower Records (2010-01-18日). 2019年1月4日閲覧。 - 初出は、『bounce』2009年12月11日号。記事はいとうせいこうとサイプレス上野東京ブロンクスの鼎談だが、参照部分は「編集部」によるリード。
  6. ^ いとうせいこう* & Tinnie Punx* ‎– 建設的 - Discogs - LP
  7. ^ いとうせいこう* & Tinnie Punx* ‎– 建設的 - Discogs - CD

関連項目[編集]