シールド (YMOのアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シールド
YMOベスト・アルバム
リリース
録音 1978年 - 1983年
ジャンル エレクトロニック
エレクトロニカ
テクノポップ
レーベル アルファレコード
チャート最高順位
YMO アルバム 年表
アフター・サーヴィス
(1984年)
シールド
(1984年)
Y.M.O.ヒストリー
1987年
EANコード
テンプレートを表示

シールド』 (SEALED) は、YMOのベスト・アルバム。1984年12月21日アルファレコードよりリリースされた。

1983年10月19日に「散開」を宣言し、同年12月14日に散開記念アルバム『サーヴィス』をリリース、12月22日日本武道館公演を以って散開した同グループの『X∞Multiplies』(1980年)、『YMO ベスト・セレクション』(1982年)に続く3作目となるベストアルバム。全4枚組のボックス・セットとなっている。

散開までにリリースされた全てのアルバムから選曲されており、アルバムのタイトルには「YMOを封印する」という意味が込められている。

LPは4枚組、CTは4本組で、それぞれ細野晴臣の作品、高橋幸宏の作品、坂本龍一の作品、共作とに分かれている。LPでは通し番号のシールが貼られ、散開1年後における3人のコメントなどを掲載した歌詞カードである「散開記念書」が付属していた。

オリコンチャートでは最高位64位、売り上げ枚数は累計で0.6万枚となった。

背景[編集]

前作『アフター・サーヴィス』(1984年)リリース後、3月には15日にYMO散開記念写真集『シールド』が発売され、21日には細野が作曲した藤真利子のシングル「危険な眠り」がリリースされ、25日には高橋が参加した劇団スーパー・エキセントリック・シアターのアルバム『THE ART OF NIPPONOMICS』がリリースされた[2]

4月には5日に映画『A Y.M.O. FILM PROPAGANDA』の試写会がシアターアプルにて行われ、メンバー3人が参加した[2]。なお、この時を最後に1993年4月1日まで、公の場で3人が揃う事は一切なかった[2]。18日に映画『A Y.M.O. FILM PROPAGANDA』が公開され、全国109ヶ所で約4ヶ月の間サーキット公開された[2]。25日には同映画のビデオが発売され、同日には細野が監修した世界初のゲームミュージックのサウンドトラック『ビデオ・ゲーム・ミュージック』、細野が参加したサンディー&ザ・サンセッツのシングル「スティッキー・ミュージック」、高橋と細野が参加した安田成美のアルバム『安田成美』がそれぞれリリースされた[2]

構成[編集]

これまでにリリースされた全シングル、アルバムの中から以下の通り選曲されている。

シングル
アルバム

リリース[編集]

1984年12月21日アルファレコードより、LPCTの2形態でリリースされた。

1988年8月10日に初CD化されたが、収録時間の関係で「PROLOGUE」、「EPILOGUE」、「FOCUS」、「SHADOWS ON THE GROUND」、「GRADATED GREY」がカットされている。また、「散開記念書」の再録はなく歌詞カードのみが付属していた。このCD盤では誤植が多く、DISK-1, DISK-2が歌詞カードの記載順(ただしDISK-1、2の表記は無い)と裏ジャケット及びオビでの表記とが異なっていたり、歌詞カードの曲名リストにおいて「PURE JAM」が「PURE JAME」になっていたりする。なお、以下で記されているCD版のDISK-1,2は歌詞カードの記載順である。

1994年8月31日には廉価版としてCD盤のみが再リリースされた。

批評[編集]

専門評論家によるレビュー
レビュー・スコア
出典評価
コンパクトYMO肯定的[3]

音楽本『コンパクトYMO』にてライターの田山三樹は、作曲者別に分けられた構成に関して「面白いアイディア」と肯定的に捉えており、「散開記念書」やメンバーからのラスト・メッセージ、北中正和による解説の付属などについて触れ、「『YMOを美しく葬ろう』というメンバーやスタッフのはっきりとしたコンセプトが感じられ、『本当に、好きでした。YMO』と大書きされた帯のコピーがそのまま反映された作りには好感が持てる」と称賛した[3]。CD化の際に付属品などが削除された事に関しては「CD時代になっての再発版はその辺りがなし崩しになっており残念」と指摘しているが、「普通のベスト盤としてはそう悪くはない選曲」と肯定的に評価した[3]

チャート成績[編集]

オリコンチャートでは最高位64位、登場回数は6回となり、売り上げ枚数は累計で0.6万枚となった。

収録曲[編集]

LP・CT版[編集]

DISC 1 HARUOMI HOSONO A面
全編曲: YMO。
#タイトル作詞作曲
1.SIMOONクリス・モスデル細野晴臣
2.「ABSOLUTE EGO DANCE」 細野晴臣
3.INSOMNIAクリス・モスデル細野晴臣
4.MASS細野晴臣/訳詞:ピーター・バラカン細野晴臣
DISC 1 HARUOMI HOSONO B面
#タイトル作詞作曲
5.「GRADATED GREY」細野晴臣、ピーター・バラカン細野晴臣
6.「CHAOS PANIC」細野晴臣、ピーター・バラカン細野晴臣
7.「LOTUS LOVE」細野晴臣細野晴臣
8.「THE MADMEN」細野晴臣、ピーター・バラカン細野晴臣
DISC 2 YUKIHIRO TAKAHASHI A面
#タイトル作詞作曲
1.中国女(LA FEMME CHINOISE)クリス・モスデル高橋幸宏
2.RYDEEN 高橋幸宏
3.「SOLID STATE SURVIVOR」クリス・モスデル高橋幸宏
4.「BALLET」高橋幸宏、ピーター・バラカン高橋幸宏
DISC 2 YUKIHIRO TAKAHASHI B面
#タイトル作詞作曲
5.「PURE JAM」高橋幸宏、ピーター・バラカン高橋幸宏
6.「CAMOUFLAGE」高橋幸宏/訳詞:ピーター・バラカン高橋幸宏
7.「希望の路」(EXPECTED WAY)高橋幸宏高橋幸宏
8.「CHINESE WHISPERS」高橋幸宏、ピーター・バラカン高橋幸宏
DISC 3 RYUICHI SAKAMOTO A面
#タイトル作詞作曲
1.東風(TONG POO) 坂本龍一
2.TECHNOPOLIS 坂本龍一
3.BEHIND THE MASKクリス・モスデル坂本龍一
4.「CITIZENS OF SCIENCE」クリス・モスデル坂本龍一
5.「MUSIC PLANS」坂本龍一、ピーター・バラカン坂本龍一
DISC 3 RYUICHI SAKAMOTO B面
#タイトル作詞作曲
6.「PROLOGUE」 坂本龍一
7.「EPILOGUE」 坂本龍一
8.「音楽」(ONGAKU)坂本龍一坂本龍一
9.「邂逅」(KAI-KOH)坂本龍一坂本龍一
10.「PERSPECTIVE」坂本龍一、ピーター・バラカン坂本龍一
DISC 4 YMO A面
#タイトル作詞作曲
1.「NICE AGE」クリス・モスデル高橋幸宏、坂本龍一
2.「MULTIPLIES」 YMO
3.CUE高橋幸宏、細野晴臣/訳詞:ピーター・バラカン高橋幸宏、細野晴臣
4.体操(TAISO)YMOYMO
5.「KEY」細野晴臣、ピーター・バラカン細野晴臣、高橋幸宏
DISC 4 YMO B面
#タイトル作詞作曲
6.君に、胸キュン。(KIMI NI MUNE KYUN)松本隆YMO
7.「FOCUS」細野晴臣、ピーター・バラカン細野晴臣、高橋幸宏
8.過激な淑女(KAGEKI NA SHUKUJO)松本隆YMO
9.「SHADOWS ON THE GROUND」坂本龍一、高橋幸宏、ピーター・バラカン坂本龍一、高橋幸宏
10.以心電信(YOU'VE GOT TO HELP YOURSELF)細野晴臣、ピーター・バラカン坂本龍一、高橋幸宏

CD版[編集]

DISK-1
全編曲: YMO。
#タイトル作詞作曲
1.「SIMOON」クリス・モスデル細野晴臣
2.「ABSOLUTE EGO DANCE」 細野晴臣
3.「INSOMNIA」クリス・モスデル細野晴臣
4.「MASS」細野晴臣/訳詞:ピーター・バラカン細野晴臣
5.「CHAOS PANIC」細野晴臣、ピーター・バラカン細野晴臣
6.「LOTUS LOVE」細野晴臣細野晴臣
7.「THE MADMEN」細野晴臣、ピーター・バラカン細野晴臣
8.「中国女」(LA FEMME CHINOISE)クリス・モスデル高橋幸宏
9.「RYDEEN」 高橋幸宏
10.「SOLID STATE SURVIVOR」クリス・モスデル高橋幸宏
11.「BALLET」高橋幸宏、ピーター・バラカン高橋幸宏
12.「PURE JAM」高橋幸宏、ピーター・バラカン高橋幸宏
13.「CAMOUFLAGE」高橋幸宏/訳詞:ピーター・バラカン高橋幸宏
14.「希望の路」(EXPECTED WAY)高橋幸宏高橋幸宏
15.「CHINESE WHISPERS」高橋幸宏、ピーター・バラカン高橋幸宏
DISK-2
#タイトル作詞作曲
1.「東風」(TONG POO) 坂本龍一
2.「TECHNOPOLIS」 坂本龍一
3.「BEHIND THE MASK」クリス・モスデル坂本龍一
4.「CITIZENS OF SCIENCE」クリス・モスデル坂本龍一
5.「MUSIC PLANS」坂本龍一、ピーター・バラカン坂本龍一
6.「音楽」(ONGAKU)坂本龍一坂本龍一
7.「邂逅」(KAI-KOH)坂本龍一坂本龍一
8.「PERSPECTIVE」坂本龍一、ピーター・バラカン坂本龍一
9.「NICE AGE」クリス・モスデル高橋幸宏、坂本龍一
10.「MULTIPLIES」 YMO
11.「CUE」高橋幸宏、細野晴臣/訳詞:ピーター・バラカン高橋幸宏、細野晴臣
12.「体操」(TAISO)YMOYMO
13.「KEY」細野晴臣、ピーター・バラカン細野晴臣、高橋幸宏
14.「君に、胸キュン。」(KIMI NI MUNE KYUN)松本隆YMO
15.「過激な淑女」(KAGEKI NA SHUKUJO)松本隆YMO
16.「以心電信」(YOU'VE GOT TO HELP YOURSELF)細野晴臣、ピーター・バラカン坂本龍一、高橋幸宏

リリース履歴[編集]

No. 日付 国名 レーベル 規格 規格品番 最高順位 備考
1 1984年12月21日 日本 アルファレコード LP
CT
YLR-80001〜4 (LP)
YLC-80001〜4 (CT)
64位 LP4枚組、CT4本組
2 1988年8月10日 日本 アルファレコード CD 50XA-221〜2 71位 CD2枚組、LP版から5曲カットされている
3 1994年8月31日 日本 アルファレコード CD ALCA-9053〜4 - 廉価版

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『オリコン・チャートブック LP編 昭和45年 - 平成1年』オリジナル・コンフィデンス、1990年、74頁。ISBN 4871310256
  2. ^ a b c d e 「YMOクロニクル」『コンパクト YMO』徳間書店、1998年4月20日、63 - 110頁。ISBN 9784198608316
  3. ^ a b c 田山三樹「コンプリート・ディスコグラフィー ベスト・アルバム」『コンパクト YMO』徳間書店、1998年4月20日、137 - 139頁。ISBN 9784198608316

外部リンク[編集]