ウィンター・ライヴ1981

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ウィンター・ライヴ1981
の コンサート・ツアー
場所 日本の旗 日本
関連アルバム BGM
テクノデリック
初日 1981年11月24日 (1981-11-24)
最終日 1981年12月27日 (1981-12-27)
行程 10
公演数 14
ツアー 年表
FROM TOKIO TO TOKYO
(1980年)
ウィンター・ライヴ1981
(1981年)
1983 YMOジャパンツアー
(1983年)

ウィンター・ライヴ1981(Winter Live ~)とは、日本の音楽グループ「イエロー・マジック・オーケストラ」(以下、YMO)が1981年に行った、2度目の国内ツアーの名称。

解説[編集]

  • 演奏された楽曲は、同年に発売された『BGM』と『テクノデリック』からのものが中心である。それ以前の楽曲は、アンコールで「テクノポリス」「ライディーン」が演奏されたのみである。[1]
  • 「テクノポリス」では、ボコーダーで演奏される「トキオ」という部分を各公演地の名前に置き換えて、拡声器(またはメガホン)で叫んでいた。(東京公演では従来の「トキオ」ではなく「東京」であった)
  • 坂本龍一は、「キュー」でドラムを、「新舞踊」ではギターを演奏している。
  • 本ツアーを最後に、YMOは1年間の活動休止期間に入る。
  • ステージ・デザインは、奥村靫正が担当し、ADC賞を受賞した。
  • 新宿コマ劇場公演では、「体操」が2回演奏され、2回目の演奏時に体操服姿のダンサーたちによるパフォーマンスが行われた[2]
  • スティーヴ・ライヒの「4台のオルガン」を手本にした、通称「LOOP」と呼ばれている未発表曲が演奏されている[3]。 既発の同名CDでは少しだけ聴くことができる。

公演[編集]

サポートメンバー[編集]

音源[編集]

映像版・アルバム版には「バレエ」「京城音楽」「手掛かり」「体操(1回目音源)」「テクノポリス」「ライディーン」が収録されていないが、音源がCDやDVD-ROMなどに収録されている。

  • 1982年1月に東京12チャンネルの番組『サウンド・クリエイション』にて新宿コマ劇場公演の一部が放送された。
  • 映像版・アルバム版
    1983年4月CBSソニーより、新宿コマ劇場公演の模様(12月23日の本公演とリハーサル映像をミックスしたもの)を収録したビデオソフト版が発売され(1999年DVD版が発売)、1995年にはアルファレコードより、そのビデオソフト版の音源と「来るべきもの(アルバム音源)」をそのまま使用したアルバム版が発売される。
  • 『SELF SERVICE』
    「バレエ」「キュー」「手掛かり」が収録。
  • ONE MORE YMO
    「ジャム」「京城音楽」「マス」を収録。
  • DVD『YMO Giga Capsule』
    「ジャム」「バレエ」「京城音楽」「キュー」「手掛かり」「テクノポリス」「ライディーン」を収録。(1981年12月23日 新宿コマ劇場)
  • NHK-FM
    「来たるべきもの」「ハッピーエンド」「音楽の計画」「キュー」「手掛かり」「テクノポリス」「ライディーン」「コズミックサーフィン」「体操(1回目音源)」「エピローグ」が放送された。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 新宿コマ劇場公演では「コズミック・サーフィン」、ツバキハウスでは「中国女」と無題の即興曲も演奏されている。
  2. ^ 『コンパクトYMO』(徳間書店、1998年)p.89。
  3. ^ 田中雄二『電子音楽 in JAPAN』アスペクト、2001年

関連項目[編集]