竹田和夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

竹田 和夫(たけだ かずお 1952年3月11日 - )は、日本のギタリスト歌手作曲家

クリエイションのリーダー。

来歴[編集]

1952年3月11日東京都日本橋に生れる。13歳よりギターを始め、16歳でプロ・デビュー。

1969年、1月1日 日本のブルースロック・バンドの草分けとなるブルース・クリエイションを結成。

同年、ポリドール・レコードよりアルバム『BLUES CREATION』発表。

1971年、セカンド・アルバムを日本コロムビアより発表。

同じくカルメン・マキとの共演盤『CARMEN MAKI/BLUES CREATION』を録音。

1972年に渡英。クリエイションを結成。

クリエイションとして東芝EMIキングレコードに所属。作曲を手掛けた「ロンリー・ハート (Lonely Hearts)」(1981年。当時は「クリエーション」名義)がヒット、数々の作品を残す。

1975年 - 1976年、クリームのプロデューサーでありマウンテンのベースであったフェリックス・パパラルディと活動。日本人単独アーティストとしては初の日本武道館公演を行い、その後、日本のロックグループとして初の本格的全米ツアーを行う。共演はKISSJohnny WinterYesPeter Framptonなど。

1977年、元フリーフェイセズ山内テツ(ベース)が加入。同年、カルロス・サンタナフリートウッド・マックなどとオーストラリア6都市をまわるツアーを行う。 

1981年、松田優作と共演。

1981年 - 1982年、香港ACホールでコンサートを行う。

1984年、クリエイションの活動を休止。

1987 - 1991年、竹田和夫 & ボーイズ・オン・ロックスを結成。ビクター音楽産業にて3枚のアルバムを残す。

1997年ロサンゼルスに移住。同地を拠点にJazz、Funk、Blues、Gospel、R&Bなどのグループで演奏活動を行う。同時に自己のグループでソロアルバムの発表を続ける。

2001年より、日本の他に、香港中国でもライブ、レコーディング、プロデュースなど活動継続中。 

2014年、CREATIONが復活。アルバム『Resurrection』を録音、ツアーを行う。

その後も自己のソログループでの演奏と並行して、クリエイションでの活動を行っている。

外部リンク[編集]