赤道小町ドキッ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
赤道小町ドキッ
山下久美子シングル
初出アルバム『Chronologic Singles Side:A Collection
B面 トラブル99ナイティーン・ナイン
リリース
規格 EPレコード
ジャンル J-POPロック
レーベル BLOW UP/日本コロムビア
作詞・作曲 松本隆(作詞)
細野晴臣(作曲)
チャート最高順位
山下久美子 シングル 年表
雨の日は家にいて
1981年
赤道小町ドキッ
1982年
マラソン恋女
(1982年)
テンプレートを表示

赤道小町ドキッ」(せきどうこまちドキッ)は、1982年4月1日にアルバム『抱きしめてオンリィ・ユー』と同時に、日本コロムビアからリリースされた山下久美子の6枚目のシングル。同年夏のカネボウ化粧品キャンペーンイメージソング。

作品概要[編集]

  • 1980年に「バスルームより愛をこめて」でデビューした山下久美子にとって、初の大ヒット曲。
  • 当時隆盛を極めていた化粧品会社による季節キャンペーンCMのイメージソングに抜擢されたことから、大きなヒットに繋がった。
  • この曲のヒットがきっかけとなり、ライブでのパフォーマンスを評しての「総立ちの久美子」という異名が定着した。
  • リリース当初のタイトルは単に「赤道小町」だった。
  • スタジオ・アルバム未収録で、1991年に発売されたベスト・アルバムChronologic Singles Side:A Collection』にて初収録且つ初CD化された。

エピソード[編集]

  • 松本隆と細野晴臣が後にインタビューで語ったところによると、この曲は詞先行で作られ、早い段階で詞は完成していたものの、曲部分はレコーディング当日になっても完成していなかった。CMソングになることが決まっていたため、レコーディングの延期は出来ない状態の中、細野がスタジオで曲の骨格を作り、レコーディングでドラムスを担当した高橋幸宏、ギターとアレンジを担当した大村憲司の3人で何とか完成にこぎつけた[3]
  • 当時山下のディレクターだった福岡智彦が「『赤道小町ドキッ』がこれまでの山下の方向性とギャップがあり過ぎる」と判断したため同時発売されたアルバム『抱きしめてオンリィ・ユー』にはあえて収録せず[4]、代わりにB面曲である「トラブル99ナイティーン・ナイン」が収録された。のちに、福岡は「(「赤道小町ドキッ」を)普通は入れますよね。ヒットの可能性が高いシングルなんだから、アルバムの売上を引っ張ることを目論むのが当然。今思うと、よくコロムビアが許しましたね」と懐古し、「アルバムもある程度は売れましたが、『赤道小町ドキッ』が入っていたら、たぶんもっと売れたんでしょうね」と語っている[4]
  • 曲のヒットを受け、山下久美子は当時多くの歌謡番組に出演した[注 1]TBSテレビザ・ベストテン』には、1982年5月27日に「今週のスポットライト」で初出場、のち10位以内にランクインを果たす[2]。又、当番組で最高位の第3位にランクされた時、本物の象の背に跨り歌を披露したこともあった[5]

収録曲[編集]

EPレコード[6]
全編曲: 大村憲司
#タイトル作詞作曲時間
1.赤道小町ドキッ松本隆細野晴臣
2.トラブル99ナイティーン・ナイン菅原武彦岡本一生
合計時間:

カバー[編集]

曲名 アーティスト 収録作品 発売日 備考
赤道小町ドキッ Mi アルバム『80's×Mi』 2006年6月21日
夏目ナナ シングル「赤道小町ドキッ」 2006年8月2日
中川翔子 シングル「Shiny GATE 2008年8月6日 通常盤のc/wに収録。
西脇彩華 アルバム『ORDINARY VENUS』 2008年12月17日

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 但しフジテレビ夜のヒットスタジオ』は、スポンサーが競合他社の資生堂だった為、一度も出演していない。

脚注[編集]

  1. ^ a b オリコンランキング情報サービス「you大樹」
  2. ^ a b c d 角川インタラクティブ・メディア「別冊ザ・テレビジョン ザ・ベストテン 〜蘇る! 80'sポップスHITヒストリー〜」2004年12月、ISBN 978-4-0489-4453-3
  3. ^ 「テクノ歌謡マニアクス」(コイデヒロカズ編)、松本隆インタビュー、など
  4. ^ a b アナログシンセの卓越したセンス「赤道小町ドキッ」レコーディング篇”. Re:minder. 2020年4月4日閲覧。
  5. ^ 「ザ・ベストテン」1982年7月8日放送時
  6. ^ Kumiko Yamashita ‎- 赤道小町 ドキッ”. Discogs. 2020年3月26日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]