ごはんができたよ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ごはんができたよ
矢野顕子スタジオ・アルバム
リリース
時間
レーベル 徳間ジャパンコミュニケーションズ/ジャパンレコーズ
プロデュース 矢野顕子
坂本龍一
矢野顕子 年表
東京は夜の7時
1979年
ごはんができたよ
1980年
ただいま。
(1981年)
テンプレートを表示

ごはんができたよ』は、矢野顕子の4枚目のスタジオアルバム、通算6枚目のアルバム。1980年10月1日発売。発売元は徳間ジャパン。CD版はミディ

概要[編集]

徳間ジャパン移籍後初の作品。坂本龍一との共同プロデュースが行われているほか、高橋幸宏(ドラムス)、細野晴臣(ベース)、大村憲司(ギター)、松武秀樹ローランド MC-8シーケンサープログラミング)といったイエロー・マジック・オーケストラ(以下YMO)のメンバー、スタッフが制作に参加しており、矢野自身がYMOのワールドツアーに参加するなど、矢野がYMOとのコラボレーション関係にあった時期の状況を色濃く反映した作品である。もっとも、アルバムのクレジットにはYMO名義は現れておらず、彼らはあくまでそれぞれ個人参加という位置づけである。音のつくりは前作『ト・キ・メ・キ』と比較しても、シンセサイザー音を多用しているが、矢野のアコースティック・ピアノの演奏も引き続き要所で用いられ、「げんこつやまのおにぎりさま」などではひばり児童合唱団による児童合唱を取り入れているなど、YMOの音づくりとは一線を画す面も見られる。

収録曲[編集]

  1. ひとつだけ (HITOTSUDAKE) (作詞・作曲:矢野顕子)
    • アグネス・チャンのアルバム『美しい日々』(1979年)に提供された楽曲。アグネス・チャンの歌うオリジナル版と、矢野のセルフカバー版とでは、歌詞の一部が異なる(アグネス・チャン版「愛してるわ」→矢野版「ねえお願い」など)。
    • ライブアルバム『出前コンサート』(1994年発売)に、ライブ演奏が収録されている。
    • 1996年にベストアルバム『ひとつだけ/the very best of 矢野顕子』において、新録が行われている。このバージョンは1997年には、サウンドゲーム『リアルサウンド 〜風のリグレット〜』のエンディングテーマ曲に用いられた。
    • 1999年に坂本美雨がこの曲をカバーした。矢野がコーラスとして参加しており、母娘共演になっている。(『DAWN PINK』収録)
    • 2005年に黒川芽以がこの曲をカバーした。(『10 sprout』収録)
    • 2006年にアルバム『はじめてのやのあきこ』において、忌野清志郎とのデュエットでのセルフカバーが行われている。
      • 忌野は1982年に、ヘンタイよいこバンドのライブでこの曲をカバーしているほか、矢野と忌野のデュエットバージョンについても、2002年のフジロック・フェスティバルなどのライブで歌われていた。
      • このバージョンは、2012年公開の映画『しあわせのパン』(三島有紀子監督)の主題歌に採用された。
      • この録音は、2013年のアルバム『矢野顕子、忌野清志郎を歌う』に再録された。
      • 清水ミチコが矢野と忌野のデュエットバージョンを2人ともモノマネする形で、アルバム『清水ミチコ物語』に収録している。
    • 2008年にBank Bandがこの曲をカバーした。(『沿志奏逢2』収録)
    • 2012年にがこの曲をカバーした。(『eAt me!』収録)
    • 2010年代に入ってもライブでたびたび演奏されている、矢野の代表作である。
  2. ぼんぼんぼん(LES PETIT BONBON) (作詞・作曲:矢野顕子)
    • 「ひとつだけ」と連続して演奏されている。
  3. COLOURED WATER (作詞:矢野顕子・菊池真美 作曲:矢野顕子)
    • この曲のみ、ドラムスは林立夫である。
    • ライブアルバム『出前コンサート』に、ライブ演奏が収録されている。
  4. 在広東少年 (ZAIKUNTONG SHONEN) (作詞・作曲:矢野顕子)
    • 発売された音源としては、矢野も参加した渡辺香津美率いるKYLYN BANDのライブアルバム『KYLYN LIVE』(1979年)において先行公開されていた。
    • YMO第1回第2回ワールドツアーでも矢野が参加の上、披露された。(『フェイカー・ホリック』(1991年発売)、『ワールド・ツアー1980』(1996年発売)、『ライヴ・アット・武道館1980』(1993年発売)に収録。タイトルは"KANG TONG BOY"の表記が使われていることもある)。坂本龍一によると、YMOの海外公演で、この曲の受けが特に良かったという[1]
    • 2000年に、矢野自身がピアノ弾き語りでセルフカバーした。(『Home Girl Journey』収録)
    • 2014年に、砂原良徳編曲のもと、セルフカバーが行われた(『飛ばしていくよ』収録)
    • シングル「春咲小紅」(1981年)のB面に収録された本曲は、アレンジが異なる。このバージョンはコンピレーション盤『愛がたりない』にも収録されている。
  5. HIGH TIME (作詞:Fran Payne 作曲:矢野顕子)
    • 「COLOURED WATER」と共に、英語詞の曲である。
  6. DOGS AWAITING (作詞・作曲:矢野顕子)
    • 犬の鳴き声などのサンプリング音が用いられているほか、矢野のボーカルもボコーダーにかけられており、実験的な音作りとなっている。
  7. TONG POO (作詞:矢野顕子 作曲:坂本龍一)
    • YMOの曲のカバー。矢野がYMO作品にはなかった歌詞をつけている。
    • ライブアルバム『出前コンサート』に、ライブ演奏が収録されている。
  8. 青い山脈 (AOI SANMYAKU) (作詞:西条八十 作曲:服部良一 編曲:矢野顕子)
    • 藤山一郎の曲のカバー。
    • ライブアルバム『出前コンサート』に、ライブ演奏が収録されている。
  9. げんこつやまのおにぎりさま (GENKOTSUYAMA NO ONIGIRISAMA) (作詞:香山美子まどみちお 作曲:小森昭宏
  10. ごきげんわにさん (GOKIGEN WANISAN) (作詞:中川李枝子 作曲:小森昭宏 編曲:矢野顕子)
    • アルバムジャケットでは「作詞・作曲:中川季枝子」となっているが、誤植と作曲者名義の誤りが重なっている。
    • 坂本龍一とのピアノ連弾が行われている。
    • ビデオ『矢野顕子S席コンサート』に、ライブ演奏が収録されている。
  11. また会おね (MATA AONE) (作詞・作曲:矢野顕子)
  12. てはつたえる→てつだえる (TE WATSUTAERU→TETSUDAERU) (作詞・作曲:矢野顕子)
    • 谷川俊太郎の詩「TE TE TE」にインスパイアされた作品。
    • 日立製作所のコマーシャルソング。
    • ライブアルバム『出前コンサート』に、ライブ演奏が収録されている。
  13. ごはんができたよ (GOHAN GA DEKITAYO) (作詞・作曲:矢野顕子)
  14. YOU'RE THE ONE (作詞:矢野顕子 作曲:坂本龍一)
    • 「for the children of the whole wide world 」(広き全世界の子どもたちに)という献辞が添えられている。
  • LP版は2枚組で、1枚目A面が1, 2, 3、B面が4, 5, 6、2枚目C面が7, 8, 9, 10、D面が11, 12, 13, 14であった。
  • CDの初版は、「COLOURED WATER」「HIGH TIME」「DOGS AWAITING」「青い山脈」がカットされた、10曲で発売された。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 矢野顕子について、坂本龍一くんと話そう ほぼ日刊イトイ新聞 2006年11月27日付

外部リンク[編集]