GRANOLA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
GRANOLA
矢野顕子スタジオ・アルバム
リリース
時間
レーベル ミディ
プロデュース 矢野顕子
坂本龍一
矢野顕子 年表
峠のわが家
1986年
GRANOLA
1987年
グッド・イーブニング・トウキョウ
1988年
テンプレートを表示

GRANOLA』(グラノーラ)は、矢野顕子アルバム1987年11月21日発売。発売元はミディ

概要[編集]

育児休暇に入るための「矢野顕子解散宣言」直前に発表されたアルバム。坂本龍一が共同プロデュースを務める。ライブアルバム『グッド・イーブニング・トウキョウ』は、「グラノーラ・ツアー1987」の実況であり、本アルバムとは姉妹関係にある(1, 6, 7, 11が重なる)。

収録曲[編集]

  1. わたしたち (作詞・作曲:矢野顕子)
  2. 風をあつめて (作詞:松本隆 作曲:細野晴臣)
    • はっぴいえんどの曲のカバー。原曲は『風街ろまん』収録。
    • DVD『LIVE ピヤノアキコ。』に、ピアノ弾き語りによるライブ演奏が収録。
  3. やがて一人 (作詞:藤富保男 作曲:矢野顕子)
    • 前作の「一分間」に次ぐ、藤富の詩を用いた作品。ジャズ色の強い「一分間」に対し、本曲はロック色が強い。
  4. Un Jour (作詞:佐野元春 作曲:矢野顕子)
  5. 無風状態 (作詞・作曲:細野晴臣)
  6. 花のように (作詞・作曲:矢野顕子)
  7. ふりむけばカエル (作詞:糸井重里 作曲:矢野顕子)
    • 1987年4月NHKみんなのうた」にて放映。
    • ライブアルバム『出前コンサート』に、ライブ演奏が収録。
  8. Levee Break (作詞:矢野顕子 作曲:矢野顕子、窪田晴男)
  9. Röslen auf der Heiden (作詞:近藤朔風 作曲:Heinrich Werner)
    • ピアノ弾き語りによる、ジャズ色の強い編曲による演奏。
  10. 自転車でおいで (作詞:糸井重里 作曲:矢野顕子)
  11. おおきいあい (作詞:矢野顕子 作曲:窪田晴男、矢野顕子)

外部リンク[編集]