トルコ行進曲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

トルコ行進曲(トルコこうしんきょく)は、西欧の作曲家が、西欧人がトルコと呼んだオスマン帝国軍楽隊の音楽(メフテル、またはトルコ音楽を参照のこと)に刺激を受けて作曲した行進曲である。以下の2曲が有名。日本国内では歌謡曲として加藤登紀子作詞・作曲の『土耳古行進曲』が知られている。[要出典]

  1. ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトピアノソナタ第11番第3楽章
  2. ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンの劇付随音楽『アテネの廃墟』の行進曲

歴史[編集]

オスマン帝国による2度のウィーン包囲(特に1683年第二次ウィーン包囲)に随行した軍楽隊メフテルによる影響で、18世紀頃西欧にトルコ趣味が流行していた。

特徴[編集]

トルコ行進曲の特徴として、打楽器ラッパの多用が挙げられる。大太鼓トライアングルシンバルなどの打楽器や、トランペットなどが多く使用される。また、一部のピアノにも似たような音響効果を狙ったペダル(ヤニチャーレンペダル)が備え付けられた。

「ズンチャ、ズンチャ、ズンズンズンチャ、」というリズムに特徴がある。

有名な曲[編集]

ハイドン[編集]

モーツァルト[編集]

モーツァルトのトルコ行進曲

この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

ベートーヴェン[編集]

歌謡曲[編集]

  • 土耳古行進曲(トルコ行進曲)(作詞・作曲:加藤登紀子、歌:小沢昭一、コーラス:西六郷少年少女合唱団、編曲:佐々永治。『小沢昭一全集~唸る、語る、歌う、小沢昭一的こころ』『唄う老謡? へッへのへ 小沢だァ(小沢昭一的こころBOX)』『小沢昭一的こころの歌(オリジナル編)』 - いずれもコロムビアミュージックエンタテインメント - に収録)[1]
  • 修学旅行行進曲(作詞:嘉門達夫、参覲交代/作曲:Wolfgang Amadeus Mozart/編曲:工藤隆/歌:嘉門達夫)シングル『ネコニャンニャンニャン』(1994年)、アルバム『劇的な日常』(2001年/1994年版とは別テイク)に収録。トルコ行進曲のリズムに乗せて、京都・奈良への修学旅行でよくあるできごとを嘉門達夫ならではのコミカルな視点で歌っている。

脚注[編集]

  1. ^ 加藤登紀子によるメフテルの伝統を継承しつつも歌謡曲としてアレンジした作品である[要出典]