チャック・マンジョーネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
チャック・マンジョーネ
Chuck Mangione
Chuck mangione cinemagic 2006 plock poland.jpg
チャック・マンジョーネ(2006)
基本情報
出生名 Charles Frank Mangione
生誕 (1940-11-29) 1940年11月29日(80歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニューヨーク州ロチェスター
ジャンル ジャズハード・バップフュージョン
職業 ミュージシャンコンポーザー
担当楽器 フリューゲルホーントランペットフェンダー・ローズエレクトリック・ピアノ
活動期間 1960年 -
チャック・マンジョーネ

チャック・マンジョーネChuck Mangione、英語での発音により忠実な日本語表記は「マンジオーネ」、本名:Charles Frank Mangione、1940年11月29日 - )は、アメリカトランペット奏者フリューゲルホルン奏者、作曲家ジャズフュージョンの活動で知られる。イーストマン音楽学校卒業。

人物・来歴[編集]

ニューヨーク州ロチェスターに、シチリア系の両親の間に生まれる。幼少からトランペットを学び、1960年から実兄ギャスパー"ギャップ"マンジョーネ英語版と、ザ・ジャズブラザーズというハード・バップ・ジャズ・バンドを結成。1965年、アート・ブレイキーのバンドにも参加し、名を上げた。

1960年代後半頃、トランペットからフリューゲルホルンに楽器を持ち替えフュージョン方面に音楽性を転向した。ラテン・テイストをふんだんに取り入れたメロディアスで心地よいナンバーを次々と発表し、全米で大ヒット。1976年アルバム"哀しみのベラヴィア(Bellavia)"でグラミー賞を受賞。1978年にはアルバム"サンチェスの子供たちen:Children Of Sanchez)"で2度目のグラミー賞を受賞した。代表曲"フィール・ソー・グッド英語版"は全米のヒットチャートでトップ5入りし、同タイトルのアルバムはBillboard 200のトップ2を獲得、ジャズでは異例の大ブレイクを記録した。1980年の「栄光をめざして」は、レイクプラシッド冬季オリンピックにちなんで制作され、人気のある曲である。マンジョーネは、フュージョンというジャンルのリスナーに愛されたミュージシャンであった。

ディスコグラフィ[編集]

参加作品[編集]

CM提供曲[編集]

関連項目[編集]

  • ディジー・ガレスピー
  • フュージョン(音楽)
  • A&Mレコード
  • ニュー・サウンズ・イン・ブラス(New Sounds in Brass) - フュージョンをはじめとする様々なジャンルの音楽を吹奏楽編成向けに編曲した楽譜およびCDのシリーズ。チャック・マンジョーネの楽曲では、「サンチェスの子供たち」、「フィール・ソー・グッド」などが、同シリーズにおけるフュージョン曲の吹奏楽アレンジの主要なレパートリーの一つとして広く知られる。
  • キング・オブ・ザ・ヒル - チャック・マンジョーネが本人役で出演。シリーズを通して、国歌など何らかの演奏をする場面には必ず登場してトランペットを吹くが、数小節目には「フィール・ソー・グッド」にすり替えてしまう。彼に焦点を当てたエピソードもある。

参考文献[編集]

  • 『JAZZトランペット』ジャズ批評編集部編、松坂〈ジャズ批評ブックス〉、2001年、176頁。ISBN 491555709X
  • 中山 康樹『ジャズの歴史』講談社〈+α新書〉、2014年、176頁。ISBN 4062728737

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈・出典[編集]

外部リンク[編集]