チャック・マンジョーネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
チャック・マンジョーネ
Chuck mangione cinemagic 2006 plock poland.jpg
チャック・マンジョーネ(2006)
基本情報
生誕 (1940-11-29) 1940年11月29日(78歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク州ロチェスター
ジャンル ハード・バップ
担当楽器 トランペット
チャック・マンジョーネ

チャック・マンジョーネChuck Mangione、正しい発音は「マンジオーネ」、本名:Charles Frank Mangione、1940年11月29日 - )は、アメリカ合衆国トランペット奏者フリューゲルホルン奏者、作曲家ジャズフュージョン界での活動で知られる。イーストマン音楽学校卒業。

人物・来歴[編集]

ニューヨーク州ロチェスターに、シチリア系の両親の間に生まれる。幼少からトランペットを学び、1960年から実兄ギャスパー"ギャップ"マンジョーネGaspare "Gap" Mangione)と、ザ・ジャズブラザーズというハード・バップ・ジャズ・バンドを結成。1965年、アート・ブレイキーのバンドにも参加し、名を上げた。

1960年代後半頃、トランペットからフリューゲルホルンに楽器を持ち替えフュージョン方面に音楽性を転向した。ラテン・テイストをふんだんに取り入れたメロディアスで心地よいナンバーを次々と発表し、全米で大ヒット。1976年アルバム"哀しみのベラヴィアBellavia"グラミー賞を受賞。1978年にはアルバム"サンチェスの子供たち, Children Of Sanchez"で2度目のグラミー賞を受賞した。代表曲"フィール・ソー・グッド, Feels So Good"は全米のヒットチャートでトップ5入りし、同タイトルのアルバムはBillboard 200のトップ2を獲得、ジャズでは異例の大ブレイクを記録した。1980年の「栄光をめざして」は、レイクプラシッド冬季オリンピックにちなんで制作され、人気のある曲である。マンジョーネは、フュージョンというジャンルのリスナーに愛されたミュージシャンであった。

ディスコグラフィ[編集]

参加作品[編集]

CM提供曲[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 『JAZZトランペット』ジャズ批評編集部編、松坂〈ジャズ批評ブックス〉、2001年、176頁。ISBN 491555709X
  • 中山 康樹『ジャズの歴史』講談社〈+α新書〉、2014年、176頁。ISBN 4062728737

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈・出典[編集]

外部リンク[編集]