東京 (福山雅治の曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
東京
福山雅治シングル
初出アルバム『5年モノ
B面 わたしは風になる
リリース
規格 CD
ジャンル J-POP
時間
レーベル ユニバーサルミュージック
作詞・作曲 福山雅治
プロデュース FUKUYAMA MASAHARU
GOOFY MORI
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間2位(オリコン
  • 2005年8月度月間14位(オリコン)
  • 2005年9月度月間12位(オリコン)
  • 2005年度年間57位(オリコン)
  • 登場回数10回(オリコン)
  • 福山雅治 シングル 年表
    泣いたりしないで/RED×BLUE
    2004年
    東京
    2005年
    milk tea/美しき花
    2006年
    テンプレートを表示

    東京』(とうきょう)は、福山雅治20枚目のシングル2005年8月17日に発売された。制作はユニバーサルJ、発売・販売元はユニバーサルミュージック

    解説[編集]

    前作「泣いたりしないで/RED×BLUE」よりおよそ8ヶ月ぶりとなり、デビュー15周年を迎えた福山雅治20枚目のシングルとなった。

    本作から限定盤と通常盤、複数タイプでCD発売されることになる。限定盤は「東京」のIMEGE CLIPを収録したDVD付となっている。

    収録曲[編集]

    1. 東京
      (作詞・作曲:福山雅治 / 編曲:福山雅治、井上鑑
      フジテレビ月9ドラマスローダンス』主題歌。俳優としてフジテレビ月9ドラマに出演したことはあるが、主題歌を担当するのは初めてであった[1]
      ドラマのために書き下ろした楽曲で製作期間はおよそ1ヶ月。長崎で18年間過ごし東京に来て18年が経った36歳の福山が、もう一度自身のルーツを確認するために制作した。「東京」・「BEAUTIFUL DAY」・「東京にもあったんだ」からなる“東京3部作”の1曲。
      使用ギターはギブソン・J-50 '59。
    2. わたしは風になる
      (作詞・作曲・編曲:福山雅治)
      2004年に開催されたアテネオリンピック女子ソフトボール日本代表チームを応援するため、福山がテレビ朝日のオフィシャルカメラマンとして取材に訪れた際、当時の代表監督宇津木妙子から歌の制作を依頼されて作られた楽曲。2004年9月24日、テレビ朝日系でオンエアされたアテネオリンピック特別番組「アスリートの詩2004 〜風になれ もう一度!〜」番組内でギターの弾き語りで初披露された。また、テレビで放送されたものと異なる音源(ギター、ベース、ドラム、キーボードを福山が演奏したもの)が、10月9日放送のニッポン放送福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル・魂のラジオ』でオンエアされた。全国ツアー『FUKUYAMA MASAHARU 15th ANNIVERSARY WE'RE BROS. FREEDOM TOUR 2005 〜風〜』でも披露されていた。およそ1年の歳月の末に初音源化された。
      使用ギターはギブソン・J-200 '59。
    3. 東京 (ORIGINAL KARAOKE)
    4. わたしは風になる (ORIGINAL KARAOKE)

    DVD(初回限定盤のみ)[編集]

    1. 東京 (IMAGE CLIP)
      監督は黒田秀樹

    ミュージシャン[編集]

    東京

    わたしは風になる
    Co-produced by SHUICHI "PONTA" MURAKAMI

    収録アルバム[編集]

    東京

    わたしは風になる

    • 5年モノ (LIVE VERSION)

    脚注・出典[編集]

    [ヘルプ]
    1. ^ 1999年に自身が主演した月9ドラマ『パーフェクトラブ!』のサウンドトラック『FUKUYAMA MASAHARU Presents CX mon-9 drama "Perfect Love!" original song book Rendezvous 1』・『FUKUYAMA MASAHARU Presents CX mon-9 drama "Perfect Love!" original sound track Rendezvous 2』を手掛けたことはある。