黒田秀樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

黒田 秀樹(くろだ ひでき、1958年4月30日 - )は、日本CMディレクター映画監督。黒田秀樹事務所代表。

人物来歴[編集]

大阪府出身。関西大学第一高等学校関西大学社会学部卒業。

高校時代、大阪府豊中市内の中学同窓生を中心とした4人でロックバンド「銀童子」を結成し、ドラマーとして活動。1976年、高校3年生で大阪Aブロック代表のバンド「アラバマ」のドラマーとして8.8Rockday'76本大会に出場をはたしている。その後、人気バンド「ナッツベリーズ」に参加。CMディレクター・映画監督中島信也とは高校時代の音楽仲間。

大学卒業後の1982年電通映画社に入社。三共リゲインCM「24時間タタカエマスカ」では自ら作詞した[1]CMソング「勇気のしるし」が大ヒットした。同作品は1990年にカンヌ国際CMフェスティバルにおいてブロンズ賞を受賞する。

1990年にフリーへ転身。サントリーペプシマンシリーズ」、資生堂TSUBAKI」、マンダム「GATSBY」などを手掛ける。

また、CMのみならずオムニバス映画「バカヤロー!3 へんな奴ら」、「いぬのえいが」を監督。PVでは藤井フミヤ福山雅治サザンオールスターズ井上陽水SMAPAKB48ももいろクローバーZなども手掛ける。

ACC賞、ADC賞など受賞歴多数。宣伝会議のコピーライター養成講座やCMプランニング&ディレクション講座では講師も務めている。

主な作品[編集]

CM[編集]

映画[編集]

PV[編集]

出版物[編集]

  • 『広告大入門;増補改訂版』共著、編:広告批評編集部、マドラ出版、1997年
  • 『私の広告術』共著、編:広告批評編集部、マドラ出版社、2000年
  • 『新約コピーバイブル』共著、編:宣伝会議コピーライター養成講座、宣伝会議、2001年
  • 『効告。企画をヒットさせるために広告クリエイターたちが考えること』共著、編:京都広告塾 、インプレスジャパン、2007年

脚注[編集]

  1. ^ J-Lyric.net「勇気のしるし」