中島信也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
中島信也
生誕 (1959-01-15) 1959年1月15日(63歳)
福岡県八女市(旧・八女郡黒木町
国籍日本の旗 日本
出身校武蔵野美術大学造形学部視覚伝達デザイン学科

中島 信也(なかじま しんや、1959年1月15日 - )は、日本CMディレクター映画監督ミュージシャン東北新社代表取締役社長。日本ネーミング協会理事。武蔵野美術大学造形学部視覚伝達デザイン学科およびデザイン情報学科客員教授[1]宣伝会議講師。

人物[編集]

福岡県八女市(旧・八女郡黒木町)で生まれ、大阪で育つ[2]大阪府立豊中高等学校を経て武蔵野美術大学造形学部視覚伝達デザイン学科を卒業[2]。在学中は芸術祭の実行委員長を務めるなど硬派な学生だった[3]。大学時代の同級生にみうらじゅん、工業デザイナーの奥山清行がおり当時から親交があった[4]

同校卒業後の1982年4月、博報堂の入社試験を受けるも途中で辞退。その背景に中島の父が博報堂勤務だったことがあると語っている[5]。博報堂の面接官の紹介で東北新社に入社する[5]1983年(昭和58年)からテレビCMディレクターとしてデビュー。

1993年平成5年)、原始時代の大地を舞台にを手にした原始人狩人集団が巨大な野生動物(マンモス[2]ブロントテリウムウインタテリウムエンテロドン科動物、サイガジャイアントモアプテロダクティルス、巨大イカ[* 1]。一応は人間の捕食対象であるが、現実のものより遥かに巨大)と追いつ追われつするコミカルなCG作品である、日清食品カップヌードルhungry ? シリーズ」のCMで、日本人として初のカンヌ国際広告祭グランプリを受賞する[2][6]

また、2003年(平成15年)には、身体能力の高い人たちを起用して専門知識を持たない一般視聴者には合成映像にしか見えないアクロバティック器械体操を作品化したサントリー燃焼系アミノ式の「グッパイ、運動。シリーズ」(『回転少女』編、『上昇サラリーマン』編、『くるくるピクニック』編。プランナー本間絹子)で話題になった。そのほか、特に目立つ創作活動としては、1996年(平成8年)に『ウルトラマンゼアス』の映画監督を務めている。

中島の手がけたCMは単純に笑いを誘うものや、燃焼系アミノ式の「グッパイ、運動。シリーズ」など、ほかでは見られなかった意外性のある活き活きとした表現が特徴であり、日本国外でも高い評価を得ている。CGを用いて演出した日清カップヌードルの「hungry ? シリーズ」とは対照的に、燃焼系アミノ式「グッパイ、運動。シリーズ」では合成技術をいっさい用いていない。日本国内では中島がディレクションしたCMは人気が高いとされ、「グッパイ、運動。シリーズ」は、CM総合研究所発表の2004年(平成16年)のCM好感度ランキングで2位以下に大差をつけての1位であった。

また、CM制作だけでなく、後進の育成にも力を入れており、1999年より母校・武蔵野美術大学の非常勤講師(2008年より客員教授[1]。その他、宣伝会議のコピーライター養成講座やCMプランニング講座等で講師を務めている[7][8]

売れっ子CMディレクターながらも独立はせず東北新社に在籍しており2019年に副社長に就任。2021年2月26日、不祥事の責任を取って辞任した第2代社長・二宮清隆に代わって代表取締役社長に就任[9]

代表的なディレクション作品[編集]

映画監督作品[編集]

受賞歴[編集]

楽曲[編集]

テレビ出演[編集]

ラジオ出演[編集]

著書[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ マンモス編(パート1とパート2)を始めとするシリーズのうちの初期の数編がグランプリの受賞対象と思われるが、具体的には未確認。

出典[編集]

  1. ^ a b 中島 信也 Shinya Nakajima | 武蔵野美術大学 視覚伝達デザイン学科” (日本語). 2022年1月31日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 日本のCMこれからどこへ? ヒットメーカー中島信也さんと語る第1回 - WEDGE Infinity
  3. ^ 日本経済新聞社・日経BP社. “みうらじゅんの落第救った 中島信也の武蔵美時代|エンタメ!|NIKKEI STYLE” (日本語). NIKKEI STYLE. 2022年1月31日閲覧。
  4. ^ 日本経済新聞社・日経BP社. “ライバルはみうらじゅん・中島信也 武蔵美はトキワ荘|エンタメ!|NIKKEI STYLE” (日本語). NIKKEI STYLE. 2022年1月31日閲覧。
  5. ^ a b 日本経済新聞社・日経BP社. “広告嫌いだった中島信也 葛藤克服した資生堂の乙女CM|エンタメ!|NIKKEI STYLE” (日本語). NIKKEI STYLE. 2022年1月31日閲覧。
  6. ^ WEB版スペース - 毎日新聞社公告局
  7. ^ 講師陣の紹介|コピーライター養成講座
  8. ^ Monthly FACE ~極める人々~ | CLUB-S WEB Magazine04 -総合資格学院-”. www.shikaku.co.jp. 2022年1月31日閲覧。
  9. ^ “代表取締役の異動、役員の異動および執行役員等の異動に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 株式会社東北新社, (2021年2月26日), https://ssl4.eir-parts.net/doc/2329/tdnet/1939571/00.pdf 2021年2月27日閲覧。 
  10. ^ a b c d ゲスト紹介”. eAT KANAZAWA(公式ウェブサイト). 金沢市役所 ものづくり産業支援課イート金沢実行委員会事務局 (2010年). 2012年1月21日閲覧。
  11. ^ Tokyo Art Directors Club”. (公式ウェブサイト). 東京アートディレクターズクラブ. 2012年1月21日閲覧。
  12. ^ ADFEST” (英語). (official website). Asia Pacific Advertising Festival. 2012年1月21日閲覧。
  13. ^ アジア太平洋広告祭”. (ウェブサイト). 広告賞情報局. 2012年1月21日閲覧。
  14. ^ AIB - Association for International Broadcasting” (英語). (official website). International Broadcasting Awaeds. 2012年1月21日閲覧。
  15. ^ Art Directors Club” (英語). (official website). Art Directors Club. 2012年1月21日閲覧。
  16. ^ 指原らHKT48がタンス・ダンス、「タンスのゲン」関東初CMに起用。 | Narinari.com
  17. ^ 《TOKYO FM 2013年10月改編のお知らせ》

関連項目[編集]

外部リンク[編集]