f (福山雅治のアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
f
福山雅治スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル ユニバーサル
プロデュース MASAHARU FUKUYAMA
GOOFY MORI
チャート最高順位
  • 週間2位(オリコン
  • 2001年度年間25位(オリコン)
  • 登場回数16回(オリコン)
ゴールドディスク
  • ミリオン(日本レコード協会[1]
  • 第16回日本ゴールドディスク大賞 ロック・アルバム・オブ・ザ・イヤー[2]
  • 福山雅治 アルバム 年表
    MAGNUM CLASSICS〜Kissin'in the holy night Fukuyama Masaharu with Royal Philharmonic Orchestra
    2000年
    f
    (2001年)
    fukuyama masaharu acoustic live best selection "Live Fukuyamania"
    (2001年)
    『f』収録のシングル
    1. HEAVEN
      リリース: 1999年11月17日
    2. 桜坂
      リリース: 2000年4月26日
    3. HEY!
      リリース: 2000年10月12日
    4. Gang
      リリース: 2001年3月28日
    テンプレートを表示

    f』(エフ)は、福山雅治8枚目のオリジナル・アルバムである。2001年4月25日に発売された。制作はユニバーサル、発売元はユニバーサルミュージック、販売元はビクターエンタテインメント

    解説[編集]

    1998年に発売された『SING A SONG』以来およそ2年10ヶ月ぶりとなるオリジナル・アルバム。本作は、2000年にデビュー10周年を迎えた福山雅治が、新たな10年へ向けてのスタートとなる作品として位置づけられている[3]

    初回限定盤は30cmLP盤アナログ・ジャケット仕様。

    オリコンチャートの累計売上枚数は約87万枚であるが、日本レコード協会からはミリオンセラーに認定されている[1]

    本作発売後、初のドーム公演『Fukuyama MASAHARU 玉子的大決起集会』を東京ドーム大阪ドームで開催した。また、ファンクラブ会員限定で原点回帰となるライブハウス公演『福山雅治 玉子的密会 “帰ってきたイナカモンバイ”』を福岡・名古屋・札幌・渋谷(東京)で行った。

    収録曲[編集]

    1. 友よ
      (作詞・作曲:福山雅治 / 編曲:小原礼
      制作当初から次に発表するアルバムの1曲目にしようと決めていたという。ギターベースカホンは一発録りの音源。
    2. HEAVEN
      (作詞・作曲:福山雅治 / 編曲:佐橋佳幸
      14thシングル「HEAVEN/Squall」の1曲目。フジテレビドラマOUT〜妻たちの犯罪〜』主題歌。
      当初はアルバムに収録する予定ではなかったが、試しに収録してみたものを聴いたときに案外溶け込んでいたので収録された。
    3. Venus
      (作詞・作曲:福山雅治 / 編曲:重実徹
      1999年に福山が主演したフジテレビ系月9ドラマパーフェクトラブ!』の劇中歌として鈴木建吾に提供した楽曲のセルフカバー
      ダブルトラックでのボーカルは、福山にとって初の試みとなった[4]
    4. 蜜柑色の夏休み
      (作詞・作曲:福山雅治 / 編曲:佐橋佳幸)
      佐橋佳幸と小倉博和によるギター・ユニット"山弦"とのレコーディング・セッションによって生まれた楽曲。歌詞に関しては、これまで中学生以前のことを書いたものがなかったので、小学校2~3年生の頃のことを書こうと考えて作られた楽曲。福山のおばあちゃんとの想い出が描かれている。
      2015年に「蜜柑色の夏休み 2015」としてボーカル一部の楽器を再レコーディングされた音源が3D昆虫ドキュメンタリー映画『アリのままでいたい』(2015年7月11日公開)の主題歌に採用され[5]、31stシングル「I am a HERO」に収録された。
    5. 桜坂
      (作詞・作曲:福山雅治 / 編曲:富田素弘)
      15thシングル。TBS系『ウンナンのホントコ!未来日記V”』テーマソング。
      ロサンゼルスで行われたデモ音源作りで誕生した楽曲である[6]
    6. Escape
      (作詞・作曲:福山雅治 / 編曲:佐橋佳幸)
      アルバムの締め切りギリギリに詞を書いた"いっぱいいっぱい"の状況が歌詞に反映されている。間奏のギター・ソロは福山自身がプレイしている[4]
    7. HEY! (New Century Mix)
      (作詞・作曲:福山雅治 / 編曲:佐橋佳幸)
      16thシングル。テレビ朝日シドニーオリンピック放送テーマソング。アルバム収録に際して、ドライな印象にするためにミックスし直しており、フェードアウトせずに曲が終了する。
    8. Gang
      (作詞・作曲:福山雅治 / 編曲:富田素弘)
      17thシングル。WOWOW スプリングキャンペーンソング。
      ギター・ソロは本場アメリカのロカビリーギタリストによるロサンゼルス・レコーディングである[4]
    9. dogi-magi
      (作詞・作曲:福山雅治 / 編曲:佐橋佳幸)
      ライブ映えする曲を目指して作られた。歌詞は“現代の男女関係のどぎまぎ感”をテーマに、ついつい女性に謝ってしまう男性の心情がコミカルに描かれている。
      楽曲は、フジテレビ系月9ドラマ『パーフェクトラブ!』の劇中歌「Cutting the wave」に歌詞をつけたものである。
      デュエットしている女性ボーカルは、楽曲「Squall」を提供した松本英子
    10. Blues
      (作詞・作曲:福山雅治 / 編曲:PONTA BOX)
      村上“ポンタ”秀一率いる"PONTA BOX"との一発録りによる音源。そのため、音楽的にはテンポが走っていたり遅れていたりするが、“音楽している”のでこのテイクが採用されている。
    11. Carnival
      (作詞・作曲:福山雅治 / 編曲:井上鑑
      井上鑑が福山のオリジナル作品に携わった最初の楽曲[7]
      ボブ・ディランへのオマージュであり、福山自身の応援歌でもあるという[4]
    12. 家路
      (作詞・作曲:福山雅治 / 編曲:佐橋佳幸)
      16thシングル「HEY!」のカップリング。テレビ朝日系シドニーオリンピック放送イメージソング。
      ハーモニカ・ソロは福山自身が吹いている[4]
      出だしの警音器の音がカットされているため厳密にはアルバムバージョンである。
    13. 春夏秋冬
      (作詞・作曲:泉谷しげる 編曲:吉川忠英 / ストリングスアレンジ:井上鑑)
      15thシングル「桜坂」初回盤にボーナス・トラックとして収録されていた曲。1972年に泉谷しげるが発表した「春夏秋冬」のカバー曲。
      福山がデビューのきっかけとなったオーディションで歌った想い出の曲。リクエストが多かったため、本作のエキストラ・トラックとして収録している[4]

    ミュージシャン[編集]

    友よ

    HEAVEN

    Venus

    蜜柑色の夏休み

    桜坂

    • Guitar:小倉博和
    • Keyboards/Guitar:富田素弘
    • Backing Vocals:山根麻以/中山みさ/ 坪倉唯子/福山雅治
    • Programming:森安信夫

    Escape

    HEY! (New Century Mix)

    • Drums:青山純
    • Bass:小原礼
    • Guitar:佐橋佳幸
    • Keyboards:柴田俊文
    • Percussion:三沢またろう
    • Backing Vocals:坪倉唯子/福山雅治
    • Programming:石川鉄男

    Gang

    dogi-magi

    • Drums:山木秀夫
    • Bass:小原礼
    • Guitar Solo1:佐橋佳幸
    • Guitar Solo2:福山雅治
    • Keyboards:斎藤有太
    • Percussion:三沢またろう
    • Trumpet:菅坂雅彦
    • Sax:山本拓夫
    • Backing Vocals:松本英子/福山雅治
    • Programming:石川鉄男

    Blues

    Carnival

    家路

    • Drums:佐野康夫
    • Bass:井上富雄
    • Guitar/Pedal Steel:佐橋佳幸
    • Guitar/Harmonica:福山雅治
    • Keyboards:柴田俊文
    • Percussion:三沢またろう
    • Programming:石川鉄男

    春夏秋冬

    脚注[編集]

    [ヘルプ]
    1. ^ a b THE RECORD 2001年9月号 (PDF)”. 日本レコード協会(RIAJ). 2015年3月2日閲覧。
    2. ^ 第16回日本ゴールドディスク大賞”. 日本レコード協会(RIAJ). 2015年3月2日閲覧。
    3. ^ 前田祥文 (2001年). 福山雅治『f』のアルバム・ノーツ [ライナーノーツ]. ユニバーサルミュージック.
    4. ^ a b c d e f グーフィ森 (2001年). 福山雅治『f』のアルバム・ノーツ [楽曲解説]. ユニバーサルミュージック.
    5. ^ 福山雅治、昆虫ドキュメンタリー主題歌に新録「蜜柑色の夏休み」を提供”. ORICON (2015年5月12日). 2015年5月12日閲覧。
    6. ^ この時作られたデモ音源には、2010年に発売された「」の原曲もあった。
    7. ^ 別冊カドカワ 総力特集 福山雅治』KADOKAWA、2009年、49頁。ISBN 978-4-04-895060-2