シアターD

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シアターD
シアターD1477413254981.jpg
情報
正式名称 LIVE HOUSE THEATER-D
開館 1995年1月
閉館 2016年11月20日
最終公演 トークライブ「The History Talk ~最終夜~」
収容人員 100人
所在地 東京都渋谷区神南1-15-8 ひきだしのような家に4F
アクセス 渋谷駅ハチ公口から徒歩9分

シアターD(しあたーでぃー)は、東京都渋谷区にあったお笑いライブ専門の劇場である。1995年から2006年まではセンター街。以降は公園通り沿いに立地。管理はいずれもニュースタッフエージェンシー

シアターDのDは渋谷道頓堀劇場の道頓堀の頭文字に由来する[1]

概要[編集]

センター街時代[編集]

1995年1月、東京都渋谷区宇田川町32-7チトセビル5Fにオープン。お笑い芸人を抱えるニュースタッフプロダクションの系列企業、ニュースタッフエージェンシーの常設劇場であるが、所属を問わず貸し出しており、爆笑問題ネプチューンスピードワゴンラーメンズなど数々の芸人が舞台を踏んだ[2]。1998年、吉本興業運営の渋谷公園通り劇場が閉館すると、同劇場主催ライブ「渋谷新人計画」が2006年のヨシモト∞ホール開館まで行われた。また当時は365日の運営を掲げ、小演劇劇団による公演も行われていた(移転後も1日~2日間の公演は実施)。

ビルの取り壊しを理由に2006年5月7日をもって閉館。同日24時からクロージングトークライブ「10年間ありがとう!そしてこれからもよろしくライブ」を開催した。

公園通り時代[編集]

シアターD

2006年5月15日、東京都渋谷区神南1-15-8 ひきだしのような家に4Fに移転し再オープン。「次のスターを発掘できるライブハウス」のコンセプトはそのままに、ヨシモト∞ホール開館以後も、よしもとは定期ライブ「出張MUGE∞NETA彩」を主催。トゥインクルコーポレーション太田プロも主催ライブを定期的に開き、「M-1グランプリ」や「R-1ぐらぷり」などの予選会場にもなった [3]

2016年10月5日、「劇場をこの場所で継続していくことが物理的に難しくなり、苦渋の決断」として2016年秋の閉館がアナウンスされた[4][5]

2016年11月20日のトークライブ「The History Talk ~最終夜~」を持ち閉館[6][7]

アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ もはや会話のネタに欠かせない?!ティーンの「お笑い」人気事情”. シブヤ経済新聞 (2004年12月3日). 2016年10月22日閲覧。
  2. ^ センター街のお笑い劇場「シアターD」が公園通りに移転”. シブヤ経済新聞 (2006年4月12日). 2016年10月22日閲覧。
  3. ^ 渋谷のお笑いライブハウス「シアターD」が閉館!20年余りの歴史に幕を閉じる”. OWARAI FAVCLIP (2016年10月6日). 2016年10月22日閲覧。
  4. ^ 渋谷「シアターD」閉館、20年の歴史に幕”. お笑いナタリー (2016年10月5日). 2016年10月22日閲覧。
  5. ^ 渋谷「シアターD」閉館へ 爆笑問題、ネプチューン、ロバートなど多数輩出のお笑い聖地”. niftyニュース (2016年10月7日). 2016年10月22日閲覧。
  6. ^ 渋谷「シアターD」閉館、20年の歴史に幕”. お笑いナタリー (2016年10月5日). 2016年10月22日閲覧。
  7. ^ 小沢、ダイノジ、エレキ、青春詰まったシアターDにお別れ「またね」「そだね」”. お笑いナタリー (2016年11月21日). 2016年11月21日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]