おもしろクイズBOX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
おもしろクイズBOX
ジャンル クイズ番組
放送時間 月曜 19:30 - 20:00(30分)
放送期間 1983年9月12日 - 1985年6月24日
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
出演者 桂文珍
田丸美寿々
白石まるみ
ほか
テンプレートを表示

おもしろクイズBOX』(おもしろクイズボックス)は、1983年9月12日から1985年6月24日まで日本テレビ系列局で放送されていた日本テレビ製作のクイズ番組である。ロート製薬の一社提供。放送時間は毎週月曜 19:30 - 20:00 (日本標準時)。

概要[編集]

それまで同時間帯で放送されていた『おもしろ博士クイズ』のリニューアル版で、視聴者参加型から芸能人対抗戦形式に変更するのに合わせて改題した。

初期には毎回5人の芸能人が出場し、日本各地の様々な話題を使ったクイズに答えていた。中期からは、番組マスコットのチンパンジー「大ちゃん」を使った問題を出すようになった。1問目と最終問題はVTRを交えながらの筆記問題で、後者は正解すると2ポイント加算された。前後をCMに挟まれていた番組中盤の「情報BOX」では計4問が出題され、司会者は一人ずつ答えを聞いていく(解答者は口答する)方式で行われていた。

司会は桂文珍が務めていた。アシスタントは、当初は美里美寿々(後の田丸美寿々)が務めていたが、美里はアメリカ留学のため、1985年3月をもって降板。以後は最終回まで白石まるみがアシスタントを務めていた。なおこれ以後は、司会メンバーの紹介時に文珍と白石それぞれの名前を組み合わせた「まる珍コンビ」と紹介されることが常となった。

前番組と同様に、IVSテレビ制作が制作協力をしていた。

おもな解答者[編集]

備考[編集]

番組は、立方体の上底に「おもしろ」、左側面に「クイズ」、右側面に「BOX」と描かれたタイトルロゴを用いていたが、オープニングキャッチにおいては「おもしろ」「クイズ」「BOX」の文字を横並びにしたロゴを用いていた。

1984年1月3日(火曜) 16:00 - 16:40 と 1985年1月3日(木曜) 15:15 - 16:00 には放送時間を拡大した『お正月スペシャル』を放送。同特番も45分間通してロート製薬の一社提供だった。製薬会社提供の番組は、レギュラー番組に関しては製薬会社同士の紳士協定によって30分以上のテレビ番組を単独提供することはできないが、単発番組だけは特例となっていた。

日本テレビ系列 月曜19:30枠
ロート製薬一社提供枠)
前番組 番組名 次番組
おもしろ博士クイズ
(1982年11月8日 - 1983年9月5日)
おもしろクイズBOX
(1983年9月12日 - 1985年6月24日)
大きなお世話だ
(1985年7月1日 - 1986年1月27日)