オープニングキャッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

オープニングキャッチとは、原則として番組を一社提供するときに使われる特殊な提供クレジットの一つである。

企業により、オープニングキャッチを行う場合と行わない場合がある。

特徴[編集]

主に映像と共に、音楽を流しながらクレジットを行う。企業のテーマソングに合わせて提供クレジットを出す場合やメロディに合わせて企業名を連呼する場合など様々な形態がある。また、NHKでは民放のオープニングキャッチに倣うこともある。

オープニングキャッチを行った企業[編集]

企業名以下はオープニングキャッチを流していた主な番組名(★は現在[いつ?]放送中)。

現在も[いつ?]継続中[編集]

塩野義製薬
ミュージックフェア
大阪ガス
部長刑事ママの番組デス!!あまからアベニュー、★水野真紀の魔法のレストラン、★大阪ほんわかテレビ

過去に行っていた企業[編集]

御幸毛織
ミユキ野球教室
武田薬品工業
タケダアワー月光仮面隠密剣士ウルトラQウルトラマンシルバー仮面他)、JNNニュースコーププレイガール三角ゲームピタゴラス世界一周双六ゲーム[1]
ロート製薬
アップダウンクイズクイズ!!ひらめきパスワード[2]底ぬけ脱線ゲーム万国びっくりショーお笑い頭の体操ほんものは誰だ?!クイズダービー(★TBSチャンネルにて放送)、三枝の愛ラブ!爆笑クリニックSMAP×SMAP[3]
不二家
不二家の時間オバケのQ太郎パーマン怪物くん他)
江崎グリコ
鉄人28号 (第1作)遊星少年パピイ遊星仮面[4]赤白パネルマッチ
前田製菓
てなもんや三度笠(メロディの有無は不明)
日本生命
JNNニュースコープミサワホームスズケンなどもあった)
日産自動車
大江戸捜査網
三洋電機
兼高かおる世界の旅ジャングル大帝仮面の忍者赤影びっくり日本新記録[5]宇宙の勇者 スターウルフ
関西ペイント
兼高かおる世界の旅[6]
ライオン[7]
ライオン奥様劇場ライオンお笑いネットワークケンちゃんシリーズ[8]ライオンのいただきます全国高等学校クイズ選手権
ポーラ化粧品
ポーラテレビ小説ポーラ名作劇場
ブラザー工業
ブラザー劇場コメットさん九重佑三子版・大場久美子版共、刑事くん刑事犬カール他)
東芝
東芝日曜劇場[9]サザエさん[10]忍風カムイ外伝
積水ハウス
セキスイハウス ゆかいな音楽会二郎さんのOh!マイおやじ
シャープ
シャープ・スターアクション!シャープ・クイズでクイズSHARPワールドドキュメント 世界のこれがNo'1
吉田工業(現・YKK
クイズ100人に聞きました
象印マホービン(新CI導入後の一時期)
象印クイズ ヒントでピント
名鉄グループ
ふるさと紀行
ヤンマー
ザ・チャンス![11]ヤン坊マー坊天気予報と同じアニメだった)
牛乳石鹸共進社
シャボン玉ホリデーシャボン玉寄席シャボン玉プレゼント[12]
ハウス食品
一休さん[13]世界名作劇場
敷島製パン (Pasco)
天才クイズ
桃谷順天館
明色ものまね歌合戦→明色ものまね合戦→明色 紅白ものまね合戦
小西酒造
白雪劇場
セガサミーホールディングス
セガサミーシアター 逃亡者 おりん
京阪電気鉄道
京阪まんが劇場ABCフラッシュニュース(映像は初代3000系
服部時計店(現:セイコーホールディングス)
ミクロイドS
パナソニックパナソニックグループ
パナソニック ドラマシアター(旧称「ナショナル劇場水戸黄門大岡越前江戸を斬る他)、ナショナルゴールデン劇場[14]ズバリ!当てましょう

脚注[編集]

  1. ^ 途中から同社を含む複数社提供となってオープニングキャッチは、放送されなくなった。また、末期には、同社もスポンサーから撤退した。
  2. ^ 1991年9月までの同社一社提供期間のみ。
  3. ^ 2010年3月までの同社一社提供期間のみ。
  4. ^ 上記のものは、オープニングアニメーション内で、社名が連呼されていたもので、他とは形態が異なる。
  5. ^ 後に三洋電機はスポンサーを降板し、末期は複数社提供であった。
  6. ^ 前述の三洋電機が同番組のスポンサーを降板した後に一社提供を務めた。
  7. ^ 前身企業のライオン歯磨・ライオン油脂共同提供も含む。
  8. ^ フルーツケンちゃん」まで同社一社提供。「パン屋のケンちゃん」から同社を含めた複数社提供。
  9. ^ 2002年9月まで同社一社提供。光る東芝の歌が使われていた。一時スポンサー降板。2002年10月からは複数社提供の「日曜劇場」となり、同社は2009年10月から提供復帰している。
  10. ^ 1998年9月までの同社一社提供期間のみ。ただし光る東芝の歌は使われていなかった。現在は同社を含めた複数社提供になっている。
  11. ^ 1984年9月までの同社一社提供期間のみ。
  12. ^ 末期は牛乳石鹸を含む複数社提供となってオープニングキャッチは放送されなくなった。
  13. ^ 日本船舶振興会(日本財団)が同番組のスポンサーを降板した後に一社提供を務めた。
  14. ^ 風光る・亜紀子」まで同社一社提供。「頓珍館おやじ」から同社を含む複数社提供となり、「ナショナルゴールデン劇場」から「ゴールデン劇場」となった。