推理クイズ・私がほんもの!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
推理クイズ・私がほんもの!
ジャンル クイズ番組
放送時間 月曜 19:30 - 20:00(30分)
放送期間 1980年10月6日 - 1981年4月6日
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
出演者 土居まさる
桂小金治
男性ゲスト
女性ゲスト
ナレーター 大山のぶ代
テンプレートを表示

推理クイズ・私がほんもの!』(すいりクイズ・わたしがほんもの)は、1980年10月6日から1981年4月6日まで日本テレビ系列局で放送されていた日本テレビ製作のクイズ番組である。ロート製薬の一社提供。放送時間は毎週月曜 19:30 - 20:00 (日本標準時)。

概要[編集]

前番組『ほんものは誰だ?!』のリニューアル版で、司会は引き続き土居まさるが、ナレーターは大山のぶ代が務めていた。内容は『ほんものは誰だ?!』とほとんど同じだったが、この番組では芸能人だけでなく視聴者も解答者として参加できるようになり、日本テレビのロート製薬一社提供番組では初の視聴者参加型番組となった。

番組オープニングのセリフは「嘘か誠を推理で見分ける、私がほんもの!」で、のちに「推理クイズ・私がほんもの!」に変更された。ちなみに番組テーマ曲は、『ほんものは誰だ?!』の初期に使われていた曲である。

この番組の最終回をもって、1973年2月から8年2か月間にわたって続いた『ほんもの』シリーズは幕を下ろした。番組終了から1年後の1982年には、同じく土居が司会を務める『エッ!うそーホント?』が同じく日本テレビ系列局で放送された。

この番組は基本的に月曜19:30枠で放送されていたが、福井放送四国放送南海放送の3局においては同時間帯に『人生ゲームハイ&ロー』(TBS)の同時ネットが行われていたことから、30分前倒しで先行ネットされていた。

ルール[編集]

出場者は、2人1組の一般解答者が3組。さらに、一般解答者の目安となる芸能人解答者が3人いた。メンバーはレギュラーの桂小金治と、男性ゲスト・女性ゲストがそれぞれ1人ずつだったが、小金治が都合で来られない時には春風亭小朝が代役を務めた。

クイズは全部で4問。1問目と2問目には一般人が登場。まず芸能人解答者が第1印象スイッチを押した後、制限時間内に3人(うち1人が本物。以後同じ)に様々な質問をする。時間が来たら、一般解答者も1チームにつき1問質問する。そして芸能人解答者が本物だと思う人のスイッチを押し、それを見て一般解答者もスイッチを押す。最後は本物が立ち、正解発表となる(この後、偽者の正体も明らかにする)。

3問目には芸能人が登場。最初は第1印象スイッチを押さず、土居が3人の芸能人に質問する。以後は同じ(ただし、偽者の正体は明かさない)。

4問目は1&2問目と同じ一般人からの問題だが、芸能人解答者の質問は1人につき1問。それ以外は1&2問目と同じ。

一般解答者の賞金は、1問正解 - 3問正解時には正解数×2万円。そしてパーフェクトを達成すると、解答者席上に吊るされていたくす玉が割られて大量の紙吹雪・風船・紙テープが舞い、賞金10万円+海外旅行が貰えた。手違いでパーフェクトを達成していなかったチームのくす玉が割られてしまい、土居がお詫びすることがあった。

日本テレビ系列 月曜19:30枠
ロート製薬一社提供枠)
前番組 番組名 次番組
ほんものは誰だ!
(1973年10月 - 1980年9月29日)
推理クイズ・私がほんもの!
(1980年10月6日 - 1981年4月6日)
なぜなぜダイヤル!?
(1981年4月13日 - 1982年1月25日)