赤白パネルマッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
グリコ 赤白パネルマッチ
ジャンル ゲームバラエティ番組
放送時間 金曜 19:00 - 19:30(30分)
放送期間 1969年8月8日 - 1971年8月27日
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
出演者 ロイ・ジェームス
長谷川肇
滝良子
坂本新兵
ほか
ナレーター 熊倉一雄(カメの声)
オープニング 後期:「赤*白パネルマッチの歌」
テンプレートを表示

グリコ 赤白パネルマッチ』(グリコ あかしろパネルマッチ)は、1969年8月8日から1971年8月27日までフジテレビ系列局で放送されていたフジテレビ製作のゲームバラエティ番組である。江崎グリコグリコ乳業のグループ単独提供。放送時間は毎週金曜 19:00 - 19:30 (日本標準時)。

出演者[編集]

司会[編集]

アシスタント[編集]

運び役[編集]

カメの声・主題歌[編集]

  • 熊倉一雄 - 長谷川肇時代に担当。冒頭でマペットカメが歩き、転んだ場面が「ズッコケカメ」パネルになる演出があった。

オープニング[編集]

毎回のオープニングは、司会時期によって異なっていた。

ロイ時代
真っ暗なスタジオにパネルの電飾が映され、「提供 江崎グリコ グリコ乳業」が映し出されたところでグリコのコマーシャルソング(通称:グリココール)が流れた。そしてスタジオの照明が点いたところで「○番!」「×番!」「▲番!」という家族風の声でパネルがどんどん開き、「グリコ赤白パネルマッチ」とタイトルが出て終わっていた。
長谷川時代
冒頭、カメのパペットが歩き、転んだところでそのシーンが「ズッコケカメ」パネルに変わり、ズームアウトして全パネルが現れ、熊倉一雄と女性コーラスによる主題歌が流れた。歌が終わると、熊倉の「グリコ赤白パネルマッチが始まるよー!」の声がした後、女性コーラスのグリココールが出て終わっていた。

ルール[編集]

2組の親子ペアもしくは兄弟姉妹によるペアが出場し、神経衰弱ゲームで競い合う。

1 - 30の数字が書かれたパネルには賞品が隠されており(一部賞品以外のパネルがある。また、1品だけポッキー・アーモンドチョコレート・ワンタッチカレーといったグリコ商品が入っている)、神経衰弱形式でパネルを1枚めくった後、もう一枚が同じ賞品だったら「パネルマッチ」といって、賞品を獲得し続けてパネルをめくることができた。ただし1枚めくった後、もう1枚が違う賞品だったら次のペアにバトンタッチされた。パネルは5列6行の30枚(当初は36枚)で、賞品はアトランダムに隠されていた。

賞品以外のパネルの中には、「いただき」、「さしあげ」(ルール変更後は「とりかえ」)、「なぞなぞ」(博士の顔。ロイ・ジェームス時代のみ)、「(グリコの)ゴールインマーク」、「ズッコケカメ」(1枚)、パスパネル(1枚)があり、「いただき」だと相手の獲得賞品を貰う権利が与えられ、「さしあげ」だと自分の獲得賞品を与える義務が課された(「とりかえ」は、自分の獲得した賞品と相手の獲得した賞品を取り替える)。獲得した賞品が無ければ不成立とされた。

「なぞなぞ」は、司会者からなぞなぞが出され、当たると賞品が獲得できた。

また、「ゴールインマーク」はオールマイティーのパネルであり、他のすべてのパネルマッチが可能であり、たとえば、カラーテレビのパネルを開いた後にゴールインマークだと、カラーテレビの獲得になった。その後もう一枚のカラーテレビのパネルが出た場合は、片割れ(パス)となった。運よく2枚のゴールインマークのパネルをマッチさせると「ダブルグリコ」といって、ヨーロッパ旅行に招待されたが、めったに出ることは無かった。

運悪くズッコケカメのパネルを開き当てると、それまで獲得した賞品が全て没収された。没収された賞品は、その回のズッコケカメの場所ナンバーを的中させた葉書の中からその場で抽選をし、1通につき1品をプレゼントしていた(ダブルグリコで獲得したヨーロッパ旅行は除く。葉書はその回のみ有効)。

パネルマッチになったパネルは、絵文字のパネルに変わるが、ゲーム後半には、パネルマッチが完成した都度絵文字から読み取れるひとつの文章を言い当てた(絵解き。解答権は賞品を多く取ったチームが先)。それに正解であれば、そのペアの優勝となってゲームが終了となった。正解チームには、豪華賞品がプレゼントされた(双方とも不正解になって、賞品無しの時もしばしば有った)。これはちょうど、『パネルクイズ アタック25』(朝日放送)の最後の海外旅行クイズに似ている。全てのパネルを見ることができない点では同じであるが、VTRではなく絵文字だった。

なお、優勝賞品は優勝ペアが決定するまで公開せず、CMを挿んだ後に公開することになっていた。これは、賞品無しの時でも同様だった。

補足[編集]

  • ルール説明は、ロイ・ジェームス時代にはロイが自らが、長谷川肇時代にはアシスタントの滝がそれぞれ説明していた。
  • ズッコケカメの場所は、ロイ・ジェームス時代には秘密にされていたが、長谷川肇時代にはゲームをやる前に視聴者のみに分かるようにテロップで伝えていた。
  • パネルマッチになって賞品が獲得された時には、すぐさま運び役(坂本新兵ほか)によって当たった賞品を公開していたが、グリコ商品が獲得となった時には、その商品の30秒CMを流した後に公開するようになっていた。
  • 次番組『コートにかける青春』(引き続き江崎グリコ一社提供)からは、オープニングの江崎グリコのクレジットはテロップのみとなったため、グリココールが流れる番組はこの番組が最後となった(『グリコがっちり買いまショウ』はインストゥルメンタルヴァージョン)。

エピソード[編集]

  • ある回[いつ?]のゲームが開始された直後、最初のペアのパネルが外れ、次のペアが最初のパネルコールでいきなりダブルグリコ(1番と20番)を開き当てたことがあった。当てたのは男の子の兄弟ペアで、ヨーロッパ旅行を獲得後、ズッコケカメ(13番)まで開き当てたが、ヨーロッパ旅行だけは没収されなかった。
  • 2代目司会の長谷川肇は、「ズッコケカメ」パネルの影響で「カメが可哀想だ」と思い、1970年10月18日に当時のフジテレビの近くの月桂寺で「カメ供養」を行い、長谷川自身がお経を上げた。そして、使えなくなった人形を持参した小・中学生には、先着50名に「カメ人形」(オープニングに出るカメパペットと同形の人形)をプレゼントした[1]

関連商品[編集]

フジテレビ系全国放映「赤*白パネルマッチ」主題歌・挿入歌
制作・発売:株式会社サン企画 / SR-3501
(A) 赤*白パネルマッチの歌
作詞:若松静夫 / 作曲:玉野良雄 / 唄:熊倉一雄、トリオ・ポアン
(B) ズッコケ・ソング
作詞:みつよしあきら / 作曲:玉野良雄 / 唄:熊倉一雄、トリオ・ポアン

脚注[編集]

  1. ^ サンケイ新聞産業経済新聞社、1970年10月13日付。 [要ページ番号]
フジテレビ系列 金曜19:00枠
【本番組まで江崎グリコグリコ乳業グループ単独提供&バラエティ番組枠】
前番組 番組名 次番組
グリコドキドキ運動会 赤かて!白かて!
(1968年10月4日 - 1969年8月1日)
グリコ 赤白パネルマッチ
(1969年8月8日 - 1971年8月27日)
コートにかける青春
(1971年9月3日 - 1972年8月25日)
【ここから江崎グリコ単独提供枠】
【ここからドラマ枠