笑福亭学光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
笑福亭 学光しょうふくてい がっこ
笑福亭 学光
五枚笹は、笑福亭一門の定紋である。
本名 多田 政信(ただ まさのぶ)
生年月日 (1954-03-06) 1954年3月6日(64歳)
出生地 日本の旗 日本徳島県阿南市羽ノ浦町古毛
師匠 笑福亭鶴光
活動期間 1975年 -
活動内容 上方落語
所属 松竹芸能
受賞歴
1990年 「中四国民放連最優秀賞」 (四国放送「土曜ワイド徳島」)

1998年 「中四国民放連最優秀賞」 (四国放送「土曜ワイド徳島」)
2004年 「民放連全国審査優秀賞」 (西日本放送「詩人塔和子さんに会いに行く」)
2005年 「中四国民放連最優秀賞」 (西日本放送「ラジオでDON」)
2006年 「中四国民放連最優秀賞」 (西日本放送「ラジオでDON」)

備考
上方落語協会会員

笑福亭 学光(しょうふくてい がっこ、1954年3月6日 - )は徳島県阿南市羽ノ浦町古毛出身の落語家・タレント。「お笑い福祉士」創設者。本来の表記は笑福亭 學光。本名は多田 政信(ただ まさのぶ)。現在は大阪府茨木市に在住。

来歴[編集]

高校卒業後、徳島相互銀行(現在の徳島銀行)に勤めたのち、1975年10月に笑福亭鶴光に入門。 1976年神戸「柳笑亭」にて初舞台。上方落語協会会員。阿波踊りの「はなしか連」連長。特技は少林寺拳法。 毎月1回第4水曜日大阪市港区の市民学習センターで「オーク弁天寄席」を講談師旭堂南鱗と共催していましたが、会場閉鎖のため2018年3月279回で終了。1994年よりラジオ番組をきっかけに、ユネスコ北京事務所日本人ボランティアズと一緒に中国小学校を建てるプロジェクトに参加して10年間中国の小学校とかかわる。2003年からはカルチャーでお笑い福祉士という介護施設を訪問するボランティアを養成し、全国に400人以上が活動している。

エピソード[編集]

  • 高座名の「学光」は漫画家はらたいらが命名。当初は「壱光」等の候補があった。
  • 鶴光の一番弟子という強みを生かし、ラジオを中心に早くからマスコミで売れた。師匠の鶴光がパーソナリティを務めた『笑福亭鶴光のオールナイトニッポン』では、「学光のドッキリマイク只今参上」のコーナーを担当。これはある一つの決められた言葉(言葉は毎週変わる)を街の人に投げかけ、その反応をリポートするものであった。
  • 天国にいちばん近いニューカレドニア移民100周年で落語を披露した。
  • ユネスコ北京事務所日本人ボランティアーズと一緒に1994年から中国に希望小学校の建設、1996年から中国河北省にある神南小学校との交流を行っている。
  • 国家資格ではないが「お笑い福祉士」を制定。カルチャーなどでお笑い福祉士を養成している。また、2006年10月には朝日新聞お笑い福祉士特別一日講座が広島・大阪・福井などで開かれている。2012年12月にはNHK『にっぽん紀行』でお笑い福祉士の活動(ひだまり寄席)が全国に紹介された。
  • 落語の余興として腹話術をすることがある。ローカル番組内でその腕前を披露しているほか、現在の居住地である茨木市の学校で文化学習の一環として落語を行う際も腹話術も披露する。
  • 2014年、「文化庁」の落語ワークショップで西日本の小学校や中学校を廻っている。春と秋のワークショップと本公演がある。

受賞歴[編集]

  • 1990年 「中四国民放連最優秀賞」 (四国放送「土曜ワイド徳島」)
  • 1998年 「中四国民放連最優秀賞」 (四国放送「土曜ワイド徳島」)
  • 2004年 「民放連全国審査優秀賞」 (西日本放送「詩人塔和子さんに会いに行く」)
  • 2005年 「中四国民放連最優秀賞」 (西日本放送「ラジオでDON」)
  • 2006年 「中四国民放連最優秀賞」 (西日本放送「ラジオでDON」)

現在のレギュラー番組[編集]

  • 四国放送ラジオ 「ラジオ広場 土曜ワイド徳島・阿波弁講座」毎月第三土曜日

過去のレギュラー番組[編集]

CM[編集]

  • 奈良健康ランド
  • 徳島新聞
  • 鳴門ガス
  • 高松ケーブルテレビ

著書[編集]

  • 『學光・学校―中国への学校支援から学ぶ心の豊かさ』 (2002年7月、浪速社、ISBN 4888544174
  • 『めざせお笑い福祉士』 (2012年3月、浪速社)

CD[編集]

出典[編集]

関連書籍[編集]

  • 『月刊 福祉のひろば 2005年6月号』 (「ひろばトーク 『めざせ、お笑い福祉士を!』」、総合社会福祉研究所)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]