大石恵三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大石恵三
ジャンル バラエティ番組
放送時間 日曜 22:30 - 23:00(30分)
放送期間 1993年4月4日 - 1993年9月26日
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
演出 川口誠、工藤浩之
プロデューサー 森正行
出演者 石塚英彦
恵俊彰
大竹一樹
三村勝和
菊池桃子
ほか
音声 モノラル放送
エンディング 下記参照
テンプレートを表示

大石恵三』(おおいしけいぞう)は、1993年4月4日から同年9月26日までフジテレビ系列局で放送されていたフジテレビ製作のバラエティ番組。放送時間は毎週日曜 22:30 - 23:00 (JST)。

概要[編集]

コントを主体とする番組で、お笑いコンビのホンジャマカとバカルディ(現:さまぁ〜ず)が出演していた。この両者は当時、日本テレビの『ショージに目あり!』やTBSの番組などでの共演(競演)が盛んだった。番組タイトルは、両コンビの構成員4人の個人名それぞれから頭文字を取って並べたもので、オープニング映像(刑事ドラマをイメージしたアニメ)でも彼ら4人の立ち位置にはそれぞれの頭文字が配されていた。

この番組のパイロット版として、同局深夜の90分枠で『ホンとにバカだね』という番組が月に1回のペースで半年間にわたって放送されていた。同番組は日曜プライムタイムに放送されていたこの『大石恵三』とは全く方向性が違い、カルトで危険なネタのコントが中心だった。また、キャラクターもほとんど登場しなかった。

出演者[編集]

僅か半年で番組が終了[編集]

若手のホープとして業界内でも期待の高かった両コンビが共演して始まった番組だが、当時裏番組の「電波少年」に押されていた事もあり、僅か半年で終了してしまった事は、今でも本人達や業界内でも話題になる事が多い。三村はロンドンハーツに出演した際にこの事に触れ、業界の人に「番組終わっちゃって君ら気楽に思っているかもしれないけど、ここから5年苦労するよ」と言われたら本当に苦労したというエピソードを語った。恵はダウンタウンのガキの使いやあらへんでに出演した際にこの事について触れ、「もう終わりだと思った。ゴールデンに行くステップ1みたいなモノが駄目だった、二人で話し合った」「コンビに振り回されず、個人の仕事をドンドンやった方がいい」とホンジャマカがコンビよりソロ活動が増える要因になったと語った。伊集院光は自身のラジオで「大石恵三の失敗がバカルディが世に出るのに時間がかかった」と語り、ナインティナイン岡村隆史は「夢で逢えたらみたいな感じになっていくのかなと思ったのにな」と語った事がある。 なお番組は終了したものの、翌年の4月より両コンビは「ゲッパチ!UNアワー ありがとやんした!?」のレギュラーとして出演している。

コント以外のレギュラーコーナー[編集]

フシギっ子クラブ
何かしら驚くような能力や技を持っている人をスタジオに招いて披露してもらうコーナー。仕掛け人として秋元太(石塚)が出演。
  • 松岡圭祐 - 催眠術を披露。数年後に小説「催眠」シリーズ、「千里眼」シリーズをたてつづけに発表。映画化もされ、2004年度の長者番付作家部門では7位になった。
  • 西宮まさひろ - マジックを披露。過去、『星期六我家的電視・三宅裕司の天下御免ね!』でもグランプリに輝いたアマチュアマジシャン。ほか、『古畑任三郎』にも出演。
西宮くんのネタのタネ
上記の超能力コーナーで、人気を博した西宮くんが毎週1つ即席マジックを解説するコーナー。超能力コーナーが終了した後に始まった。
菊池桃子の朗読の部屋
菊池桃子が文章を朗読し、読んでいくうちに朗読元が当時のアイドルが歌った歌の歌詞や漫画だったと判明するコーナー。『オレたちひょうきん族』の「朗読の部屋」のリメイク。

テーマソング[編集]

エンディングテーマ[編集]

  • 涙なしじゃ言えない(C.C.ガールズ、4月)

スタッフ[編集]

  • 作・構成:成田はじめ舘川範雄、海老克哉、野村安史、後藤純一、妹尾匡夫、寺井味地
  • 美術プロデューサー:石鍋伸一朗
  • デザイン:雫石洋治
  • 美術進行:山根安雄
  • 大道具:松本達也
  • 装飾:藤間広美
  • 持道具:栗原美智代
  • 衣裳:吉沢真由美
  • メイク:井手奈津子
  • かつら:太田修
  • アクリル装飾:熊谷好恵
  • タイトル:岩崎光明
  • SW:藤本敏行
  • カメラ:河西純
  • VE:瀧本恵司
  • 音声:松本政利
  • 技術:ニユーテレス
  • 照明:嶺岸一彦
  • 音響効果:戸辺豊(OCBプロ
  • 編集:前野勝義(アンサーズ
  • MA:石黒裕二(アンサーズ)
  • 広報:森隆志
  • スタイリスト:関恵美子、原めぐみ
  • 企画協力:渡辺プロダクション
  • タイトルCG:デジタル・エフェクツ
  • イラスト:堤のぶき
  • TK:石井成子
  • 制作デスク:椛沢節子
  • ディレクター:大野朋則
  • 演出:川口誠、工藤浩之
  • プロデューサー:森正行、白石千江男(オズマ)
  • 制作著作:フジテレビ

補足[編集]

  • ネット局の鹿児島テレビでは、当時日曜22:30枠が日本テレビ系時差ネット枠だったことから、30分遅れの23:00 - 23:30に放送されていた。スポンサーCMについては、キー局と同じものがそのまま流れていた。
  • 番組は、視聴者の中に「大石恵三」という人がいたら応募するようにとの告知を行っていたが、実際に来たのかどうかは不明。
  • 1993年4月3日に日本テレビで放送された『マジカル頭脳パワー!! めちゃ超大スペシャル』の「くっつきクイズ」のVTRに、本番組のメンバーである石塚・恵・大竹・三村が揃って出演し、同年4月から9月の半年間TBSのミニドラマ『笑ケース100east(但し、静岡県・富山県より東側の地域)』にも4人そろって出演した。
  • 本番組終了翌週の1993年10月3日裏番組進め!電波少年』(日本テレビ)に、本番組のメンバーである石塚・恵・大竹・三村が揃ってゲスト出演した。
フジテレビ系列 日曜22:30枠
前番組 番組名 次番組
大石恵三