未知の世界を撮りたい 驚き(秘)映像ハンター!ドリームビジョン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
本来の表記は「未知の世界を撮りたい 驚き映像ハンター!ドリームビジョン」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
未知の世界を撮りたい
驚き映像ハンター!ドリームビジョン
ジャンル ドキュメントバラエティ
放送時間 火曜日 19:00 - 19:58(58分)
放送期間 2007年4月17日 - 9月18日
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
演出 財津功(総合演出)
プロデューサー 小沢太郎東山将之
安岡喜郎(CP)
出演者 くりぃむしちゅー上田晋也有田哲平
江角マキコ
アンタッチャブル山崎弘也柴田英嗣
柴田理恵
佐藤良子(日本テレビアナウンサー)ほか
字幕 文字多重放送
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

未知の世界を撮りたい 驚き映像ハンター!ドリームビジョン』(みちのせかいをとりたい おどろきまるひえいぞう - )は、2007年4月17日から9月18日まで日本テレビで毎週火曜19:00 - 19:58(JST)に放送されていたバラエティ番組である。

字幕放送地上デジタルではハイビジョン制作(ただしVTRは4:3のアップコンバート)。

番組概要[編集]

過去に2回特番として放送してきたが、2007年4月から9月までは『伊東家の食卓』の後番組扱いとしてレギュラー放送された。

視聴率は初回の2時間スペシャルは12%台だったが、その後は1ケタ台と低迷、2007年9月で打ち切られた[1]

最終回のエンディングで2007年冬に特番として復活することを発表し、その言葉通りに2007年12月20日に放送された。

ちなみに2007年10月から2009年3月までのこの枠は、以前土曜17:30枠に放送していた『おネエ★MANS』が放送されており、空いた土曜17:30枠では『オトナの資格』が2007年10月から2008年3月まで放送された。

なお本番組のメイン司会であったくりぃむしちゅーは2008年7月から[2]、『しゃべくり007』にメインキャストとして出演している[3]

番組内容[編集]

スーパースローカメラを駆使した映像や世界のあらゆる衝撃映像など(ドリームビジョン)を紹介していく。番組の最後に江角マキコが一番印象に残った映像(江角チョイス〔略称:スミチョイ〕)を1つ決定する。

放送日・放送時間[編集]

レギュラー放送
  • 毎週火曜19時00分 - 19時54分(2007年4月17日 - 9月18日)
    • 初回は2時間スペシャル(19時00分 - 20時54分)
特別番組

出演者[編集]

司会[編集]

主任

アシスタント

レギュラー[編集]

チーフ

サブチーフ

平調査員

ナレーション[編集]

過去の出演者[編集]

アシスタント

ナレーション

ネット局と放送時間[編集]

『ドリームビジョン』ネット局
放送対象地域 放送局 系列 放送曜日・時間 遅れ
関東広域圏 日本テレビ 日本テレビ系列 火曜 19:00 - 19:58 制作局
北海道 札幌テレビ 同時ネット
青森県 青森放送
岩手県 テレビ岩手
宮城県 ミヤギテレビ
秋田県 秋田放送
山形県 山形放送
福島県 福島中央テレビ
山梨県 山梨放送
新潟県 テレビ新潟
長野県 テレビ信州
静岡県 静岡第一テレビ
富山県 北日本放送
石川県 テレビ金沢
福井県 福井放送 日本テレビ系列・テレビ朝日系列
クロスネット局
中京広域圏 中京テレビ 日本テレビ系列
近畿広域圏 読売テレビ
鳥取県
島根県
日本海テレビ
広島県 広島テレビ
山口県 山口放送
徳島県 四国放送
香川県
岡山県
西日本放送
愛媛県 南海放送
高知県 高知放送
福岡県 福岡放送
長崎県 長崎国際テレビ
熊本県 くまもと県民テレビ
鹿児島県 鹿児島読売テレビ
大分県 大分放送 TBS系列 日曜 14:00 - 15:00 19日遅れ
沖縄県 沖縄テレビ フジテレビ系列 土曜 25:20 - 26:20 11日遅れ

スタッフ[編集]

  • 構成:そーたに、吉橋広宣、外山信行、藤井やすひろ、山崎康生、山口素子、つじまるみ
  • リサーチ:フォーミュレーションジーワン、フリード、バンドラ、フルタイム、OFFICE H!T
  • TM:小椋敏宏
  • SW:木村博靖
  • CAM:小林宏義
  • 音声:三石敏生
  • 調整:八木一夫
  • 照明:高橋明宏
  • ロケ技術:NiTRo(旧NTV映像センター)、池田屋
  • 美術プロデューサー:中原晃一
  • 美術デザイン:小林俊輔
  • 装置:工藤俊一
  • 電飾:糸数貴祥
  • 装飾:林孝一
  • 持道具:星野大輔
  • 特殊効果:内山栄一
  • モニター:小内一豊
  • 衣裳:有馬裕大
  • メイク:渡邊昭一、外山奈津子
  • CG:dragonpooh、アイブリックスタジオ、digidelic
  • VTR編集:横山亜希子(オムニバス・ジャパン
  • MA:水落洋一郎(オムニバス・ジャパン)
  • 音効:室加徳彦(佳夢音
  • TK (タイムキーパー):塚越倫子
  • 広報:高木明子
  • 編成:吉田和生
  • 制作進行:棚橋砂予
  • 海外映像デスク:武政美紀
  • 海外進行デスク:クリスティーナ智子テッシュナー
  • 制作デスク:村田順子
  • アシスタントプロデューサー : 呉亘治、三浦佳憲、中附智貴、山口敦司
  • ディレクター:新井秀和黒川高、中道康夫、田口マサキ、田辺昌邦、吉田雅司、芦沢英祐、水谷陽子、小俣猛、小笠原豪、藤田幸伸、大槻圭介、谷知明、池田創一、栗原利典、武信考、干場備前
  • プロデューサー:小沢太郎東山将之/天笠ひろ美(THE WORKS)、星利也(TVBOX)、斉藤みさ子(モスキート)、小山伸一・進藤裕貴(ZION)
  • 総合演出:財津功
  • チーフプロデューサー:安岡喜郎
  • 映像協力:SFINX,inc.ほか
  • 技術協力:ナックイメージテクノロジーEAT、アールエフ
  • 美術協力:日テレアート
  • 協力:プライム
  • 制作協力:THE WORKSモスキートTVBOXZION
  • 製作著作:日本テレビ

過去のスタッフ[編集]

  • チーフプロデューサー:吉川圭三
  • プロデューサー:松本京子/宇佐美友教(日企)、柴田紀久(SFINX)、眞山香織(THE WORKS)
  • 演出:古立善之
  • ディレクター:安島隆、根岸秀明、武井正弘、大槻圭介、森健宣、須賀俊英
  • アシスタントプロデューサー:平山美由紀、佐藤里絵、千田都
  • アシスタントディレクター:高橋愛子、小越俊輔、武蔵雄二、徳武真人、蔵本雅水、吉屋裕、山本恭成、山脇由紀子
  • 海外映像AP:遠藤剛、古賀絢子
  • リサーチ:今井伸介、原田幸宏
  • 編成:薗田恭子
  • 広報:河本香織
  • 装飾:丸山善之
  • 持道具:三野尚子
  • 特殊装置:堀田秀二郎

関連項目[編集]

同じく、くりぃむしちゅーのバラエティ特番。
2006年7月から2007年3月まで放送されたくりぃむしちゅーにとっての前番組。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 視聴率200%男!安達元一のテレビじゃ言えない!?(放送作家・安達元一のブログ 2007年7月10日付)
  2. ^ 全国ネットは同年10月から
  3. ^ 『しゃべくり〜』のスタッフも当番組の一部スタッフが携わっている

外部リンク[編集]

日本テレビ系列 火曜19時台枠
前番組 番組名 次番組
未知の世界を撮りたい
驚き映像ハンター!ドリームビジョン