ココリコグータンミラクルヌーボタイプ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ココリコグータンミラクルヌーボタイプ
ジャンル 特別番組バラエティ番組
企画 ココリコミラクルタイプ
金井卓也
グータンヌーボ
笠置高弘
演出 ココリコミラクルタイプ
金子傑
出演者 ココリコミラクルタイプ
ココリコほか
グータンヌーボ
江角マキコ優香内田恭子
ナレーター グータンヌーボ
佐藤政道
製作
プロデューサー ココリコミラクルタイプ
石井浩二
グータンヌーボ
飯島冬貴(k-max、CP)、川中康三(KTV)、工藤浩之、小西寛(k-max)
制作 フジテレビ関西テレビ
放送
音声形式 ステレオ放送[1][2]
放送国・地域 日本の旗 日本
第1回
放送期間 2006年9月13日
放送時間 水曜22:00 - 23:24[1]
放送分 84分
回数 1
第2回
放送期間 2007年3月28日
放送時間 水曜22:15 - 23:39[2]
放送分 84分
回数 1

特記事項:
第2回の「放送15分ずれ」に関しては後述
テンプレートを表示

ココリコグータンミラクルヌーボタイプ』は、フジテレビ系列水曜日に放送の『ココリコミラクルタイプ』(フジテレビ製作)と『グータンヌーボ』(関西テレビ製作)の2番組による特別番組。基本内容はそれぞれの項目参照。

概要[編集]

水10!』枠後半の番組として放送されていた『ココリコミラクルタイプ』と、その直後の23時台に放送されていた『グータンヌーボ』のコラボレーション企画として、2006年9月13日に第1弾が、2007年3月28日に第2弾が放送された。

番組前半では『ミラクルタイプ』のコントトークを『グータンヌーボ』のレギュラー陣3人(江角マキコ優香内田恭子)を招き入れた上で行い、後半では『グータンヌーボ』のセットでレギュラー陣と男性ゲストが女性ゲストとトークする模様のVTRを見るという構成だった。

フジテレビと関西テレビの共同製作で、発信はフジテレビが行っていた。

放送時間[編集]

放送日 放送時間(JST 備考
1 2006年9月13日 水曜22:00 - 23:24[1]
2 2007年3月28日 水曜22:15 - 23:39[2] この事に関しては後述

ゲスト[編集]

2006年9月13日放送分[編集]

2007年3月28日放送分[編集]

備考[編集]

2007年3月28日に放送された第2弾は第1弾と同じく22時ちょうどにスタートする予定だったが、急遽この時間に捏造問題で打ち切りになった『発掘!あるある大事典』のうち、データ改竄のあった回をまとめたお詫び放送が22時から15分間放送されたことから、22時15分開始になった。ただし、ネット局のテレビ宮崎(フジテレビ系・日本テレビ系テレビ朝日系のクロスネット局)では、フジテレビからの裏送りによって22時から先行放送された。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 読売新聞読売新聞社、2006年9月13日付、36面掲載のテレビ欄頁。 
  2. ^ a b c 『読売新聞』 読売新聞社、2007年3月28日付、40面掲載のテレビ欄頁。