サッカー小僧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

サッカー小僧』(サッカーこぞう)は、1997年から2005年8月25日までフジテレビで放送されていたサッカー情報番組。1999年からは『セリエAダイジェスト』(後の『FOOTBALL EX』→『FOOTBALL CX』)放送のため、ヨーロッパのサッカーリーグのオフシーズンである5月 - 8月中のみに放送されていた。

本番組の司会陣は、1998年放送の『サッカー小僧2』までは顔出しで出演していたが、1999年放送の『サッカー小僧3』からは音声のみの出演に変わった。出演者のメンバー構成は、『セリエAダイジェスト』とほとんど差異が無かったが、本番組ではサッカー好きの芸能人やその他の著名人が各年限りのレギュラーを務めていた。また、出演者には「小僧○号」または「小娘○号」という称号が付けられていたが、現在では[いつ?]付けられないことが多い。

番組タイトルの最後尾には数字を付していたが、これは放送周年を表していた。例えば、2005年度には『サッカー小僧9』と題して放送されていた。

出演者[編集]

司会[編集]

  • ジョン・カビラ - 「小僧1号」として出演。
  • 都並敏史(元サッカー日本代表選手) - 「小僧6号」として出演。
  • 風間八宏(元Jリーガー、サッカー解説者) - 「小僧8号」として出演。
  • 西山喜久恵(フジテレビアナウンサー) - 「小姑1号」として出演。かつては「小娘1号」だった。
  • 内田恭子(当時フジテレビアナウンサー) - 「新小娘1号」として出演。

コーナー担当[編集]

  • トニー・クロスビー - リポーター。
  • パンツェッタ・ジローラモ - リポーター。
  • 青嶋達也(フジテレビアナウンサー) - リポーター。
  • 中野美奈子(当時フジテレビアナウンサー) - 「サックスでピント!」などのコーナーを担当。
  • 長野翼(当時フジテレビアナウンサー) - 「ピアニカでピント!」、「サポーターのうた」などのコーナーを担当。
    • 石本沙織(フジテレビアナウンサー) - 長野が担当する「サポーターのうた」を一度担当。
  • 渡辺和洋(フジテレビアナウンサー) - 選手と観覧車一周デートのコーナーを担当。

その他の出演者[編集]

外部リンク[編集]