運命の数字

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

確率検証バラエティ・運命の数字』(かくりつけんしょうバラエティ・うんめいのすうじ、通称:運命の数字)は、テレビ朝日で放送されていた特別番組

MCくりぃむしちゅー上田眞鍋かをり2005年5月7日に開始以来、計5回放送された。

ナレーションは竹本英史である。

あらゆる事を、数学的に検証する番組で、東海大学鳥越規央講師の元、いろんな事象の確率を出す。最初は「ドスペ2」枠で放送し、その後は改編期にネオバラエティ枠で放送され、2006年6月19日にゴールデンタイムの時間帯に2時間版が放送。

第1回[編集]

2005年5月7日放送

  • 上田曰く「この番組は占い番組じゃない、数字を扱う番組だ」
  • 奇跡の数字
    芸能人が明かす奇跡のエピソードが起きる確率を検証。長渕剛のハーモニカとアントニオ猪木のタオルを同時にゲットした、上田のエピソードを紹介した。[1]

第2回[編集]

第3回[編集]

2005年10月3日23:15-24:10放送

  • ゲストの有田哲平が「くりぃむナントカとか、上田の出演番組の数字を検証してきた」として猛抗議。(くりぃむナントカが当たる確率…1%だが、矢作兼次長課長にすると98%。実際にくりぃむしちゅー出演番組は、次長課長出演回は視聴率が上がり、矢作出演回は逆に下がっている)

第4回[編集]

第5回(月バラ!枠で放送)[編集]

  • 2006年6月19日放送
  • ゲスト・有田哲平、西川史子、次長課長、ほっしゃん。ほか
  • ダイエットした人が、リバウンドしてしまう確率
  • 外国人セレブと結婚できる確率
  • 卒業文集の夢が叶う確率(40人中…上田を含め5人、12.5%)
    • 上田の小学校の母校の上田のクラスメイトの卒業文集で検証。
  • 広川ひかるが株で大儲けする確率(結果はマイナス3万円)
  • 奇跡の数字
    1. 上田がアントニオ猪木がそれほど投げることがなく、たまたま客席に投げたタオルをキャッチできた上に、熊本市民会館で行われた長渕剛のコンサートで、長渕の投げたハーモニカをキャッチできた確率
    2. 眞鍋が親友(やくみつるの妻の姪)にあげたバービー人形が、やくみつる保持になる確率
    3. ビビる大木東急東横線に乗った際、2つ隣の座席に張本勲が座っていた確率(むしろ張本と大木の間に座れる方がすごい確率と言われた)
    4. ほっしゃん。の元彼女が編んで寄贈したセーターが、紛争地域の人が着ていてニュースに写り、そのニュースをほっしゃん。と元彼女が見ている確率(25兆人に1人。天文学的数字)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ドスペ2(2006年5月10日時点のアーカイブ
テレビ朝日 月バラ!2006年6月19日
前番組 番組名 次番組
運命の数字