バービー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Barbie
Barbie Logo.png
初登場 1959年3月9日
作者 ルース・ハンドラー
詳細情報
愛称 Barbie

バービーBarbie)はアメリカ玩具メーカーマテル社が販売する着せ替え人形。30cmサイズ。

概要[編集]

1959年3月にアメリカマテル社から発売された。 同社の共同創業者一人であるポーランド系ユダヤ人のルース・ハンドラーが家族でヨーロッパを旅行中スイスを訪れた際目に留まったセクシードール、リリ(Lilli)を娘のバーバラへの土産に購入したことが元になっている。そのため、極端なプロポーションを持っている(後述「歴史」項目を参照)。

初期のバービーは日本で製造されている[1]。当時、日本はアメリカに比べ人件費が安く、繊維産業が盛んであり人形本体と衣装とをまとめて発注できるという理由から注目され、玩具問屋と小売を営む(株)国際貿易[1]との交渉から日本生産が決まった。(株)国際貿易は取引先で現在も着せ替え人形製造の中心をになう企業の山一商店・中嶋製作所・セキグチなどに依頼しマテル社の高度な要求に応えてバービーの生産に携わった。1970年代以降は東南アジアインドネシアなどに、1980年末期から中国での生産にシフトしている。

歴史[編集]

西ドイツ、ハンブルグ刊行すのタブロイドビルトにて1952年に掲載を開始した漫画と挿絵キャラクターのリリ(Lilli)が評判となった(作者はラインハルト・ベーティエン/Reinhard Beuthien。)。この人気に注目した玩具メーカーオットー&マックス(O&M HausserまたはO&M Haußer・英語版)社が人形化し1955年リリ(Lilli Doll・英語版)として製造を開始した[2]。全高29.2cmと19cmの二種類それぞれの価格は12マルクと7.5マルク、ハードプラスティック製で新聞購読層の男子をターゲットに自動車室内用のセクシードール、マスコットとして販売を開始したが女性の大人気商品となり1961年まで販売され、西ドイツ国内に留まらず輸出されている[3]。リリ(Lilli)は低予算で開発され当時の技術水準にあっても人形本体の製品水準は低位だったが女性から人気支持を集めた事情には常識的な「可愛らしいお人形」と異なり基となった漫画キャラクターはアメリカナイズされた思春期女子を投影、不良少女の危うさも共存するもので人形製品デザインでは原作からポニーテールの髪型や表情などを再現、この新奇斬新さに注目を集めたことや同等サイズで手頃に買える人形が少なかったことにあった。「可愛らしいお人形」ではない男子向けマスコットへ意外な反響からオットー&マックス社も方針を即座に変更し相変わらず予算は控え目だったが衣装バリエーションを増やしてガイド本を兼ねた小冊子を製作し、人気に乗じてコピー製造の一大拠点だった香港で類似品が作られている。

1950年代 リリ(Lilli)

マテル社は1945年に額縁メーカーとして発足し1950年代に玩具製造業へ進出、新たな女児用人形を考案中だったルース・ハンドラーはこのリリ(Lilli)に注目し構想を固めるとロッキード社で技師経験のあるジャック・ライアン(Jack Ryan・英語版)らと開発を進め、1957年7月ジャック・ライアンとデザイナーのフランク中村を東京に派遣し(株)国際貿易と製造に向けて交渉を行い契約は成立したがマテル社の広範な要求から複数の製造メーカーとの協力を決め試作に入ったが高度な製品精度要求には製造工程や量産技術に改良と研究余地が多く存在し量産着手までは難航した[4]

1959年3月9日に発売開始。アメリカで売られていた着せ替え人形が 2 ドル台だった中で、『安かろう悪かろう』と言われていた日本製の人形に 3 ドルの価格を付けて販売したため物議をかもした。おもちゃ業界からは否定的な目で見られていたが、ファッショナブルで精巧なお人形は子供たちに支持され、爆発的に売れた。 アメリカ国内の支持によって原典となりブーム退潮で製造を打ち切り休眠中だったリリ(Lilli)をパテントを含めた権利を1964年に買収し、海外ヨーロッパなどの販売強化した 。 1967年には、腰をひねることができる「ツイスト・バービー」にモデルチェンジした。

ただし、日本においては販売不振から撤退を余儀なくされた。その後、和製バービー(後述)を経て、現在ではマテル社の日本法人から発売されている。

1980年代半ば以降は、大人のコレクター向けの商品が発売されるようになる。

1999年ピクサー社のフルCGアニメーション『トイ・ストーリー2』にバービー人形が登場する。次作である2010年の『トイ・ストーリー3』にも再び出演したほか、こちらにはケンも登場。そしてそれに続くスピンオフ作品『ハワイアン・バケーション』では、バービーとケンがW主演を果たした。これらピクサー作品における声優は、バービー役は、英語版がジョディ・ベンソン、日本語吹き替え版が高橋理恵子。ケン役は、英語版がマイケル・キートン、日本語吹き替え版が東地宏樹

現在までの全世界での販売数は10億体を超えるといわれる。

和製バービー[編集]

日本でマテル社のバービーは、1962年に(株)国際貿易から販売を開始、「新しいアメリカのおともだち」と紹介\800-1,500で販売され[5]当初から販売不振が続き東京オリンピックが開催された1964年頃には賃金水準改善から徐々に売り上げは向上し、さらには化粧や髪の色、衣装のデザインを日本人好みのものに変えるといった努力が続けられていた。1966年の『ビートルズ旋風』に乗って売れ行きをのばしたが、翌67年リカちゃん人形の発売によって打撃を受け、日本市場から撤退した。

1980年タカラとマテル社は提携しバービーの輸入代行販売を開始。タカラは一時、リカちゃんとバービーという日本の着せ替え人形の代名詞とも言える人形を両方とも販売していたことになる。

タカラのリカちゃんは知育用、女幼児玩具用途から更新して行く世代にへ徐々に定番商品に成長していたがリカちゃんを「卒業する」幼児小学児童世代以上などを対象とした購買層開拓にレディマリアなど新製品を送り出しては不発に終わっていた。リカちゃんの成功で売上げが減少した他社のアサヒ玩具やハスブロと提携したシバ等もこの分野へTVアニメーション番組と提携した製品等を送り出したが大きな成果は得られなかった。タカラとマテル社のライセンス提携にはかつて日本で受け入れられなかったバービーの高級ブランドイメージとファッションデザイン導入によって、他社同様失敗続きだったマーケットに提携したバービーブランドを基に日本国内向けドール開発が進められた。

1984年商品パッケージ裏 タカラ©マテル®バービー

1982年、八頭身で胸やお尻が大きい体型で小顔なバービーから親しまれたリカちゃんから発展したヘッド(頭部とマスク)に同じくからタカラの既存品ボディで構成し、オリジナルのマテル社バービーからキャラクター設定とキャッチコピーを転用して通称タカラ・バービーを発売した。 TVアニメーション番組や少女漫画ヒロインのような大きいアイプリントと前髪が切りそろえられた特徴を持ち、価格は\1,000-2,500程度卓上などでマスコットに飾るには手頃なサイズと価格からたちまち人気になり山本寛斎デザインの「カンサイ・バービー」や企業タイアップでシルバー・ミンク実物を使用したコートを纏う製品まで登場し[6]1985年には月別販売実績でリカちゃんを抜き好調だったが1986年にマテル社との提携を解消、バービーはジェニーとして販売されることになった。

タカラとの提携解消に伴いマテル社はバンダイとの合弁会社 ma-ba(マーバコーポレーション、バービーの他にはバンダイのメガドライブ用ゲームソフトの発売元になっている)を設立しバービーが発売されたが米国版バービーではなく日本限定のもの(通称マーババービー)が発売されたがタカラが発売中の「ジェニー」かつての「タカラ・バービー」と顔立ちが酷似し日本版バービーとジェニーを開発した経緯理由をもとにタカラから提訴された。1989年に販売不振から一度生産を打ち切り、マーババービーのフレンドドール、ソフィーのヘッドを流用アイプリントを変更して販売を続けたが1991年に販売終了した。 バンダイは漫画やアニメーションTV番組とのタイアップでドール製品製造の実績は有ったが知育幼児玩具としてドール製品はタカラより劣り、マーババービーは素材の耐久劣化から首接続部位が脱落する欠陥があった。

1991年以降マテル社とバンダイの提携に移行し日本独自のバービーは無くなりセットパッケージ、衣装など関連商品で日本限定商品が販売されていたが、2003年末をもってバンダイとの業務提携を解消。現在は、マテル社の日本法人マテル・インターナショナルからバービーが販売されている。マーバコーポレーションは1995年までバンダイの子会社として存在したが、バンダイ本社に吸収合併され消滅。 それ以降はマテル社のバービーがバンダイから販売されていたが、2003年末をもってバンダイとの業務提携を解消。現在は、マテル社の日本法人マテル・インターナショナルからバービーが販売されている。

キャラクター[編集]

バービー
  • 本名:バーバラ・ミリセント・ロバーツ(Barbara Millicent Roberts
  • 年齢:17歳
  • 職業:ファッションモデル
スキッパー、ステイシー、ケリー
バービーの姉妹たち。
ケン
バービーのボーイフレンド。

種類[編集]

  • ピンクボックス - 子供のおもちゃとして通常販売されているバービー。ピンク色の箱に入っていることから、『ピンクボックス』『ピンク箱』の愛称で呼ばれている。
  • コレクタブルバービー - 1985年ごろから販売されている、コレクション向けのバービー。有名ブランドとのコラボレーションモデルや、映画を題材としたモデルが存在する。
    • ピンクレーベル - 生産数50,000体以上。通常の小売店で販売されるコレクタブルバービーのレーベル。pink Label
    • シルバーレーベル - 生産数25,000体以上50,000体未満。silver Label
    • ゴールドレーベル - 生産数25,000体未満。とくに選ばれた小売店のみで販売される。gold Label
    • プラチナレーベル - 生産数1,000体以下または限定一体のドールにつけられるレーベル。platinum Label
  • ファッションモデルコレクション (F.M.C) - シルクストーンと呼ばれる独特な素材を使ったビンテージフェイスの人気シリーズFashion Model Collection2000~
  • ビンテージリプロ - コレクター達のリクエストや過去のビンテージ期の復刻版など Vintage Repros1994~
  • ワールドカルチャー - 世界各国の民族衣装や文化を取り上げたものWorld Culture1980?~

ローカル[編集]

和製バービー同様何ヶ国かでは独自のバービーが販売されている。

人形の顔[編集]

時代的ジャンル 大きく分けて3つからなる。

  • 60年代のビンテージ期 - ビンテージ又はノスタルジックフェイスと呼ばれる独特な造形
  • 70年代のモッド期(モッズ) - 70'S(サイケデリックやニューファッション)に対応するべくシンプルな顔
  • 現代 - さらにスーパースター、ネプチューンなどフェイスにバリエーションがある

CGアニメ作品[編集]

バービーらを演じた声優[編集]

バービー

  • 英語版
  • 日本語吹き替え版
    • 高橋理恵子 -『トイ・ストーリー2』『トイ・ストーリー3』『ハワイアン・バケーション』
    • 柚木涼香 -『バービーのくるみ割り人形』〜『バービーの王女と村娘』
    • 坂本真綾 -『バービーと妖精の国フェアリートピア』〜

王子

  • 英語版
  • 日本語吹き替え版
    • 緑川光 -『バービーのくるみ割り人形』〜『バービーの王女と村娘』
    • 千葉進歩 -『バービーとペガサスの魔法』

ケン - 『トイ・ストーリー3』『ハワイアン・バケーション』

その他[編集]

  • イラン政府はアメリカからの輸入制限はないが、バービー人形に肌の露出が多い衣装を着せることができるために「反イスラム的」との見解を示した。また、肌や髪を伝統衣装のチャードルなどで隠した人形「サラ」を開発し、売り出したことがある。
  • 2004年ドイツのベルリンに「バービー・ドリームハウス(Barbie Dreamhouse)」が開園したが、バービー人形は女性を性差別の象徴とみなすフェミニスト団体の激しい抗議を受けた[7]
  • 1998年車椅子に乗ったフレンドのベッキーが一般発売された。日本向けなどいくつかパッケージや付属品が異なるものが有り、身体の障がいへ理解を深めるため販売されたが、アメリカでは脳性まひを発症している10代女子という人物から「この車椅子ではバービーのドリームハウス(ドールハウス)のエレベーターに入らない。」と指摘苦情が寄せられた。回収や発売中止には至らなかったがバリアフリーの認識理解がマテル社には足りなかったとして、広報から苦情公開と謝罪が行われている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ バービー人形、変遷で世相がわかる日本経済新聞 2013年9月27日付
  2. ^ ファッションドール大図鑑、純子セラフィーナp.12
  3. ^ ファッションドール大図鑑」著純子セラフィーナp.13
  4. ^ ファッションドール大図鑑、純子セラフィーナp.14-15
  5. ^ ファッションドール大図鑑」著純子セラフィーナp.32
  6. ^ コンプリート・ジェニー・ファイル 企画・編集近藤千恵子、文齋藤未菜子
  7. ^ SPIEGER ONLINE PANORAMA Eröffnung des Barbie-Hauses: Berliner Puppenkiste

参考・引用資料[編集]

外部リンク[編集]