宇野ゆう子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
宇野 ゆう子
生誕 (1947-01-25) 1947年1月25日(76歳)[1]
出身地 日本の旗 日本東京都[1]
ジャンル シャンソン
アニメソング
担当楽器
活動期間 1952年 -
レーベル 東芝音楽工業[2][3]
(現・ユニバーサル ミュージック
事務所 リーヴ
公式サイト 宇野ゆう子オフィシャルサイト

宇野 ゆう子(うの ゆうこ、1947年1月25日[1] - )は、日本シャンソン歌手東京都出身[1]

経歴[編集]

歌手歴は長く、5歳から童謡歌手として活動していた。武蔵野音楽大学短期大学部声楽科卒業。師匠はシャンソン歌手で作曲家の宇井あきら[2]

銀巴里などでシャンソン歌手として力をつけ、日本を代表するシャンソン歌手の一人として活動。1969年に東芝音楽工業(現・ユニバーサル ミュージック)と専属契約を結ぶ[2][3]

マハロ・エコーズのメンバーとしてシングル「コモエスタ赤坂」を発売したこともある[4]

日本を代表するテレビアニメサザエさん』のオープニングテーマ曲、エンディングテーマ曲の歌唱者[5]としても著名である[6]。また、ケンちゃんシリーズのテーマ曲も歌っている[7]

現在は歌手活動の傍ら、日本橋三越本店等でシャンソン教室を主宰している[8]

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

A面 B面 発売日 レーベル 規格品番 備考
コモエスタ赤坂 別れても 1968年 日本ビクター SV-713 「マハロ・エコーズ、矢野ゆう子」名義
ジャンケン・ケンちゃん
宮脇康之
さよなら また あした 1969年 東芝音楽工業 TC-1132 ジャンケンケンちゃん』主題歌
サザエさん サザエさん一家 1969年11月10日 東芝音楽工業 TC-1135 『サザエさん』主題歌
ケンちゃんトコちゃんGO!GO!GO! パパとママがちっちゃなとき遊んだ歌 1970年 東芝音楽工業 TC-1147 ケンちゃんトコちゃん』主題歌
サザエさん サザエさん一家 1974年6月5日 東芝音楽工業 TC-3030
再会 マリンブルー 1980年 東芝音楽工業 TP-17035
サザエさん サザエさん一家 1992年9月23日 東芝EMI TODG-2001
みんなを好きに〜積もった雪 こだまでせうか〜砂の王国 1999年 東芝EMI PCDLZ-1146 金子みすゞ/夢の世界」[9]
誕生 倦怠
父ちゃんのポーが聞こえる 則子・その愛と死

アルバム[編集]

タイトル 発売日 レーベル 規格品番 備考
ファーストアルバム 東芝EMI LRS-820
ブラック・コーヒー 1990年5月21日 ビクターエンタテインメント VICP-41
コーヒーは愛の香り 1992年10月21日 ビクターエンタテインメント VICP-178
明日の扉をあけて 2008年

ミニアルバム[編集]

タイトル 発売日 レーベル 規格品番 備考
雨ふりお月さん/てるてる坊主/叱られて/あした 東芝音楽工業 TH-3237 収録曲の「雨ふりお月さん」「叱られて」を歌唱

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 宇野ゆう子(うのゆうこ)のプロフィール・画像・出演スケジュール|【スタスケ】(1000067374)”. ザテレビジョン. 2020年1月22日閲覧。
  2. ^ a b c 宇野ゆう子-Official Site/Profile”. 2020年1月22日閲覧。
  3. ^ a b 本日11月22日はフグ田サザエの誕生日~こんなにもある! サザエさんの音楽ヒストリー”. ニッポン放送 (2018年11月22日). 2020年1月22日閲覧。
  4. ^ 銀巴里アワー シャンソネットスペシャルin仙台 vol.3、シャンソネット、2018年9月6日。
  5. ^ 「サザエさん」主題歌&BGM・効果音集、制作上の都合で発売中止に”. タワーレコード オンライン. タワーレコード (2013年8月19日). 2020年1月22日閲覧。
  6. ^ 宇野ゆう子”. CDJournal. 2020年1月22日閲覧。
  7. ^ 宇野ゆう子-Official Site/Discography”. 2020年1月22日閲覧。
  8. ^ Chanson School 宇野ゆう子オフィシャルサイト
  9. ^ 詳細は編曲した塚山エリコのウェブサイトを参照。作品集 詳細 No.2 - Eriko TSUKAYAMA - 2021年6月2日閲覧。

外部リンク[編集]