うっせぇわ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
うっせぇわ
Ado配信限定シングル
収録アルバム狂言
リリース2020年10月23日
規格デジタル・ダウンロード
ジャンルJ-POP
時間3分24秒
レーベルVirgin Music
作詞者syudou
作曲者syudou
チャート順位

2021年度上半期 (Billboard JAPAN)

  • 5位 (HOT 100)[5]
  • 2位 (Download Songs)[6]
  • 5位 (Streaming Songs)[7]
Ado 年表
  • うっせぇわ
  • (2020年)
ミュージックビデオ
「うっせぇわ」 - YouTube

うっせぇわ」(英語: Usseewa)は、日本歌手Adoの楽曲。メジャー1作目の配信限定シングルとして2020年10月23日にリリースされた。作詞作曲ボカロPsyudouが手掛けている。

楽曲は、その刺激的な歌詞などが大きな話題を呼んでTikTokSNSで急速に拡散された[8]YouTube再生回数は1億回再生、ニコニコ動画では500万回再生を記録。デジタルセールスは累計30万DLに達し、ストリーミング再生回数は2億回を突破している。

背景[編集]

メジャー1作目の楽曲で、自身の名義としては初のオリジナル楽曲となる[9]。Adoは楽曲について、包み隠さないありのままの感情を表現しているところに惹かれたと述べている。「うっせぇわ」は社会人の気持ちや不満を表現した楽曲であるが、Ado本人は当時高校生だったため、これまでに自分が感じてきた怒りの感情や嫌だったことを思い出しながら歌ったという[10]

2020年12月2日には、YouTubeの動画再生回数が1000万回を突破したことを記念し、同曲のピアノバージョンが公開された[11]。2021年2月5日には、Gigaがリミックスした「うっせぇわ(Giga Remix)」が配信リリースされた。

反響と批評[編集]

楽曲はYouTubeの動画を起点とし、幅広い世代を巻き込んだヒットとなった。その刺激的な歌詞から、物議をかもすほどの反響が見受けられた[12]

  • 音楽ライターの今井智子は、匿名性の高いボカロや歌い手の世界では顔出ししないことが当然ともいえるが、Adoの声は余計な情報がなくとも楽曲が成り立つことを示しており、強力な個性や過剰な露出を前提とするリアルなアイドルやアーティストに対するカウンターパンチのようだと評した[13]
  • 精神科医の木村好珠は、「うっせぇわ」と尾崎豊の楽曲「15の夜」を対比した上で、尾崎の時代はバイクを盗んで走り出すなどの行動に表すことができたが、今は優等生のように育ち自己主張が苦手な人が多く、鬱憤の晴らし方がより内側にこもり出している、と指摘した[14]
  • 音楽評論家の鮎川ぱては、「うっせぇわ」は2020年代の若者の本音そのものであるとし、大人への抗議ではなく諦念を歌っていると評した。長年に渡る出生数の低下により現代の日本の若者はマイノリティにおかれており、歌詞に表れているのは、20代である作曲者のsyudouが10代のAdoに送った「年長世代をスルーする処世術」のアドバイスであると述べている[15]

チャート成績[編集]

本楽曲は、まずリリース3週目となる2020年11月16日付の「Billboard Japan Hot 100」にて97位でTOP100圏内に初登場すると[16]、発売から1か月半が経過した12月10日付のSpotifyバイラルチャート「バイラルトップ50(日本)」で1位を記録[17]。その後翌年1月25日付 (リリース13週目) のBillboard JAPAN総合ソング・チャート「JAPAN HOT 100」で、ダウンロード13位 (8,713DL)、ストリーミング12位 (4,635,629再生) をマークし、初のTOP10入りを果たした[18]。その翌週には、「Billboard Japan Download Songs」で自身初のダウンロード首位 (19,683DL) を獲得した[19]。また、同週のオリコン「週間デジタルシングル(単曲)ランキング」、「週間ストリーミングランキング」の両方で初の1位を記録している[20]。さらに2月22日付の「Download Songs」で1位 (27,300DL) を獲得し4連覇を達成すると、翌月15日付の「Billboard Japan Hot 100」にて、自身初となる総合首位を獲得した[1]

2021年3月29日付のBillboard JAPANチャートにて、ストリーミング累計再生回数が1億回を突破した。チャートイン17週目での1億回突破は歴代6番目の速さとなり、ソロ歌手では最年少の記録となった[21][22]。その後リリースから8ヵ月半が経過した2021年7月17日には、累計再生回数が2億回を突破したことがアナウンスされた[23]

認定と売上[編集]

認定 (RIAJ) 売上/再生回数
ダウンロード プラチナ[24] 342,000 DL[25]
ストリーミング プラチナ[26] 200,000,000 回再生
*認定のみに基づく売上/再生回数

ミュージックビデオ[編集]

ミュージックビデオの制作はWOOMAが担当した。再生回数は、公開から3か月足らずで3600万回に達し[27]、2021年3月20日に1億回を突破した[28]。公開から148日での1億回再生到達は当時の歴代7位の記録となった。

その他[編集]

  • 明星食品 - 2021年4月より同社の主力商品のひとつ、「中華三昧」タテ型カップ麺のCM『うっめぇわ篇』に楽曲が使用されている(但し、歌詞は替え歌)[29]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b Billboard Japan Hot 100 | Charts”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク (2020年3月10日). 2021年3月10日閲覧。
  2. ^ Billboard Japan Top Download Songs | Charts”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク (2020年2月1日). 2021年1月29日閲覧。
  3. ^ Streaming Songs”. Billboard Japan (2021年2月17日). 2021年7月13日閲覧。
  4. ^ a b Ado「うっせぇわ」が「デジタルシングル」「ストリーミング」2部門で初の1位【オリコンランキング】”. ORICON NEWS. オリコン (2020年2月3日). 2021年2月22日閲覧。
  5. ^ 【ビルボード 2021年上半期JAPAN HOT 100】メジャー・デビューしたての優里「ドライフラワー」が早くも総合首位獲得(コメントあり)”. Billboard JAPAN (2021年6月4日). 2021年7月13日閲覧。
  6. ^ 【ビルボード 2021年上半期Download Songs】LiSA「炎」が首位獲得、Ado/優里/BTSが続く”. Billboard JAPAN (2021年6月4日). 2021年7月13日閲覧。
  7. ^ 【ビルボード 2021年上半期Streaming Songs】優里「ドライフラワー」2.7億回で首位 2位はBTS「Dynamite」&YOASOBI複数曲チャートイン”. Billboard JAPAN (2021年6月4日). 2021年7月13日閲覧。
  8. ^ これぞ2021年型ヒット?! 「うっせえわ」と叫ぶAdoの衝撃”. Billboard JAPAN (2021年1月18日). 2021年7月16日閲覧。
  9. ^ 「うっせぇわ」特設ページ”. Ado. 2021年1月11日閲覧。
  10. ^ Ado. “「根暗で自信がなくて、そういう自分が嫌だった」 18歳のシンガーAdoが渋谷のビジョンで「うっせぇわ」を見た日”. 文春オンライン. 2021年6月5日閲覧。
  11. ^ 女子高生シンガーAdo、「うっせぇわ」ピアノバージョン公開 YouTubeでの1000万回再生を記念して”. Real Sound|リアルサウンド. 2021年1月11日閲覧。
  12. ^ 「うっせぇわ」大ヒットのAdo、大反響に戸惑いも?社会への怒りぶつける歌詞に共感「学校のルールに苦しみ悩んだ」”. ORICON NEWS. 2021年6月5日閲覧。
  13. ^ Adoを巡る3つの視点 「うっせぇわ」にとどまらない歌声の力” (日本語). Real Sound|リアルサウンド. 2021年6月5日閲覧。
  14. ^ 精神科医が語る「うっせぇわ現象」の読み解き方 | 健康” (日本語). 東洋経済オンライン (2021年3月15日). 2021年6月5日閲覧。
  15. ^ 「うっせぇわ」を聞いた30代以上が犯している、致命的な「勘違い」(鮎川ぱて @しゅわしゅわP) @gendai_biz”. 現代ビジネス. 2021年6月5日閲覧。
  16. ^ a=hot100&year=2020&month=11&day=16 Hot 100”. Billboard Japan (2021年11月11日). 2021年7月13日閲覧。
  17. ^ SEKAI NO OWARI、『恋あた』主題歌バイラル好調 バンド初のクリスマスソングで際立つしなやかな“歌の強さ””. Real Sound|リアルサウンド. 2021年1月11日閲覧。
  18. ^ 【ビルボード】ジャニーズWEST「週刊うまくいく曜日」227,615枚を売り上げ初登場首位獲得、注目のAdo「うっせぇわ」総合10位にランクアップ”. Billboard JAPAN (2021年1月20日). 2021年7月13日閲覧。
  19. ^ 【ビルボード】Ado「うっせぇわ」で自身初のDLソング首位、YOASOBI「優しい彗星」が2位に続く”. Billboard JAPAN (2021年1月27日). 2021年7月13日閲覧。
  20. ^ Ado「うっせぇわ」が「デジタルシングル」「ストリーミング」2部門で初の1位【オリコンランキング】”. ORICON NEWS. 2021年6月5日閲覧。
  21. ^ Ado「うっせえわ」ストリーミング累計1億回再生突破”. Billboard JAPAN NEWS. 2021年3月25日閲覧。
  22. ^ Ado「うっせぇわ」すっげえわ!サブスク再生1億回突破 世代超えた社会現象に”. www.msn.com. 2021年3月25日閲覧。
  23. ^ ado_staffのツイート(1416004790174117888 )
  24. ^ 4月度 DL認定”. PR TIMES (2021年5月20日). 2021年6月20日閲覧。
  25. ^ 週間 デジタルシングル(単曲)ランキング 2021年07月26日付”. you大樹 (2021年7月21日). 2021年7月28日閲覧。
  26. ^ 4月度 ストリーミング認定”. PR TIMES (2021年5月31日). 2021年6月20日閲覧。
  27. ^ 「うっせぇわ」で話題の女子高生歌手Ado、『Mステ』に“電話”出演決定”. ORICON NEWS. 2021年1月20日閲覧。
  28. ^ Ado「うっせぇわ」MV再生数1億回を突破に感謝”. 日刊スポーツ. 2021年3月20日閲覧。
  29. ^ 明星 中華三昧タテ型 新TV-CM 「うっめぇわ篇」(4月26日からオンエアスタート) YouTube&ストリーミングで1億回再生突破の話題曲「うっせぇわ」の メロディーに乗せて伝える本格中華クオリティー 明星 中華三昧タテ型 新TV-CM 「うっめぇわ篇」 2021年4月26日(月) ※から全国でオンエアスタート!”. 明星食品 (2021年4月26日). 2021年5月11日閲覧。

外部リンク[編集]