万力の国 (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
万力の国
ダウンタウンスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
レーベル CBSソニー
プロデュース ダウンタウン
ダウンタウン アルバム 年表
GOBU-GOBU
1988年
万力の国
1991年
テンプレートを表示

万力の国』(まんりきのくに)は、ダウンタウンの2ndアルバム。1991年3月21日発売。

解説[編集]

ダウンタウンが初めてリリースしたフルアルバム。作詞に島武実、作曲に奥田民生宇崎竜童所ジョージらを迎えて制作されている。アルバム最後に収録されている「生きろ・ベンジャミン」は、2月にリリースされた先行シングルとは別に、歌の入っていないインストゥルメンタルバージョンが収録されているが、初回盤にその旨が記載されていなかったため、のちにインストゥルメンタル・バージョンとの記載が加えられている。イメージフォトは、男性器と女性器をイメージした「松茸」と「蛤」のジャケットデザインとなっている。

このアルバム制作当時、ダウンタウンは大阪から東京に本格的な芸能活動の場を移していたことで、3年前にリリースされた「GOBU-GOBU」当時と違って、中々時間が取れなかったことに加え、吉本興業(現・よしもとクリエイティブ・エージェンシー)による人気タレントが関わる商品を販売すれば儲かるといった商法に対して、松本が疑問を持っていたこともあり、当時やっていたラジオのレギュラー番組MBSラジオヤングタウン」で、シングル盤の「生きろ・ベンジャミン」がリリースされることに対し、「売れへんし、買わんでええ」と発言したことがある。

脚注[編集]

収録曲[編集]

  1. メ・ト・ロ (3:28) / 唄 - ダウンタウン
  2. くつみがき (4:57) / 唄 - 松本人志
    作詞 - 松本人志、作曲 - 奥田民生
  3. 夕陽家族 (3:49) / 唄 - ダウンタウン
    ダウンタウンの1stシングル。1989年10月8日に発売。
  4. 春のトンボ (3:50) / 唄 - 浜田雅功
  5. 東京の嫁 (3:00) / 唄 - 松本人志
    作詞 - 島武実、作曲 - 所ジョージ
  6. 一人になれるかい (3:35) / 唄 - ダウンタウン
    作詞 - 島武実、作曲 - 宇崎竜童
    ダウンタウンの1stシングルである夕陽家族のカップリング曲。元々は1977年に発売された、ニッポン放送アナウンサーのくり万太郎のシングル曲であり、この曲を作詞した島が関係の深いダウンタウンにこの曲を提供した。  
  7. 水に落ちた恋 (3:48) / 唄 - 浜田雅功
  8. 戦え!エキゾチック・マン (3:23) / 唄 - 松本人志
    作詞 - 松本人志
  9. えっ!さよなら (4:08) / 唄 - 浜田雅功
    作詞・作曲 - 島田紳助
    1983年に自主制作された曲のカバー。1991年2月21日発売の生きろ・ベンジャミン(浜田ヴァージョン)のカップリング曲。
  10. メガネ (2:23) / 唄 - 浜田雅功
    作詞 - 松本人志、作曲 - 所ジョージ
  11. いとしのゴルゴ (3:06) / 唄 - 松本人志
    作詞 - 松本人志
    1991年2月21日発売の生きろ・ベンジャミン(松本ヴァージョン)のカップリング曲。
  12. DEAD END (2:40) / 唄 - ダウンタウン
  13. ジャージーでおやすみ (3:09) / 唄 - ダウンタウン
  14. 生きろ・ベンジャミン インストゥルメンタル・バージョン (3:31)
    ダウンタウンの2ndシングル。1991年2月21日に発売。