エヴァ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

エヴァ (Eva) は、ラテン語の女性名。語源はヘブライ語で「命」または「生きるもの」を意味するハッヴァーחַוָּה Chavvāh)で、旧約聖書創世記に登場する人類最初の女性イヴ に由来する。また、これをギリシア語に翻訳したゾーイ(Zoe)という女性名もある。

概要[編集]

ラテン語から派生したイタリア語スペイン語フランス語ポルトガル語ルーマニア語などの他、今日ではスウェーデン語デンマーク語オランダ語チェコ語スロバキア語などでも比較的多い名となっている。スペイン語の場合は"v"を[b]で発音するため、これに対応する日本語表記はエバとなる。

英語ドイツ語でも同じ綴りの名はあるが、一般的に英語ではイーヴァ、ドイツ語ではエーファ(聖書の人物はエーヴァー)と発音する。ただし、日本ではこれらの言語の名であってもエヴァ、もしくはエバと表記されることが多い。

英語圏でも20世紀前半頃までは Eva が比較的多く見られたが、今日ではほとんどが派生型のイーヴ (Eve) またはイーヴィー (Evie) に替わっている。また派生形の一つ Ava (エヴァ等と表記される事が多いが、実際の発音はエイヴァ(あるいはエーヴァ)に近い)は、アメリカでは近年になって流行の兆しが顕著になってきた名で、2006年に女子新生児に付けられた名では第6位にランクインされている。

日本ではおおむね上記に準じた用法のほか、女性名エヴァンジェリン等の、頭にエヴァを冠する名の愛称および略称として、架空の人物に対して用いられる事が多い。

Eva[編集]

Ewa[編集]

Ava[編集]

架空の人物[編集]

映画[編集]

その他[編集]

エバ(上記に由来する以外のもの)[編集]

関連項目[編集]