内海ゆたおの夜はドッカーン!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
内海ゆたおの夜はドッカーン!
愛称 夜ドカ
ジャンル バラエティ番組
放送方式 生放送
放送期間 1990年4月2日 - 1991年2月28日
放送時間 月 - 木曜 22:00 - 25:00
放送局 ニッポン放送
ネットワーク NRN[1]
パーソナリティ 内海ゆたお
テーマ曲 「Broadway Showへようこそ」(BOX)OP
ディレクター 松島宏
テンプレートを表示

内海ゆたおの夜はドッカーン!』(うつみゆたおのよるはどっかーん)はニッポン放送で1990年4月2日から1991年2月28日まで放送されていたバラエティ番組。通称:夜ドカ

番組概要[編集]

ニッポン放送は、1990年の上半期番組改編で平日若年層向けの夜ワイド番組にて『三宅裕司のヤングパラダイス』のパーソナリティである三宅裕司が『EXテレビ』(日本テレビ読売テレビ)に出演するために終了する運びとなり、新たなる夜ワイド番組を開始するに辺り、新パーソナリティのオーディションを実施。劇団☆新感線の座長である俳優古田新太を第一候補としていたが、古田が劇団の活動に支障が出るとの理由を挙げて当該番組のオファーを固辞した。オーディションに残った『ヤンパラ』出演者であった、SETメンバーの友人でもある恵俊彰ホンジャマカ)、内海ゆたお(笑組)と同じく『伊集院光のオールナイトニッポン』のパーソナリティを努めた、先代 三遊亭楽大であった伊集院光の3人が残り、喋りの声が小さくて顔出しでは無い若年層向けのラジオ番組に適して無かった恵と伊集院がラジオの恩人と称する、当時同局制作部ディレクターであった安岡喜郎が社内的政治の兼ね合い[注 1]から伊集院の起用を拒否し、一般的にはほぼ知名度がなかったゆたおの方が意外性があるとして起用されることとなった。

番組開始に開始に辺り、AM放送としては異例の大々的なプロモーションが行われ、全国紙朝刊の全面広告にゆたおの写真を掲載し「これは誰でしょう?」と出題するなどティーザー広告の手法がとられた。

番組開始からゆたおの喋りがリスナーからの酷評が多く、称賛する反応は少なかったが[注 2]聴取率の数字は『ヤンパラ』全盛期の半分に下がったのに関わらず同時間帯1位を確保していた。また、番組開始半年後から当該番組の裏番組に前番組であった『ヤンパラ』の出演者であった、劇団スーパー・エキセントリック・シアターの劇団員であった岸谷五朗や当該番組のオーディションに残らなかった恵がパーソナリティとして出演していた『岸谷五朗の東京RADIO CLUB』(TBSラジオ)が開始したが、それでも聴取率の数字は安定しており、『東京RADIO CLUB』に負けることはなかった。

後述のゆたお本人が主張していた番組降板経緯により、番組出演期間の約束だった1年より1ヶ月前倒して、番組を降板することが決定し、番組も終了した。前述のこの枠で番組を受け持つことを希望していた伊集院光が、同時間帯の後継番組として起用されることとなった[2]

出演者[編集]

パーソナリティ[編集]

放送時間[編集]

  • 月 - 木曜 22:00 - 25:00 - 1990年4月2日 - 1991年2月28日

タイムテーブル[編集]

ニッポン放送では初となる22:00 - 25:00の3時間ワイド番組であった。番組構成は概ね下記の通り。

なお、箱番組に出演していたメンバーは夜ドカファミリーと呼んでいた。なお、『大槻ケンヂのセニョール!セニョリータ!』『TOSHIのXハラスメント』『どんまいフレンド』『おねがい!チェッカーズ』は全て金曜日放送分があったが、ニッポン放送ではいずれも金曜日は放送されておらず、これは各ネット局への裏送りとなっていた。

主なコーナー[編集]

  • 花の万博記念日本一のかっとびパビリオン
  • みのもんた110番
  • CM3段跳び
  • 街の人気者・外人の店員さん
  • とんでもない言い伝え
  • 僕の私のサンダーストーム
  • 第2のランバダ・ランバダニューバージョン
  • 夢の入浴剤
  • 帰ってきた勝新
  • 校則の王様
  • お前のクラスのランキング
  • FAX地獄
  • 血まみれ子ちゃん
  • ちびりまる子ちゃん
  • 歌に歴史あり
  • 一人暮らし貧乏選手権
  • ミュージシャン反省文
  • ダフ屋事件簿
  • 美川屋ケンちゃん・オカマンとの遭遇
  • 夜ドカ幻魔大戦
  • とんでもない譲ってください
  • コードレスホン切れたら負け
  • コードレスホン鉄人レース
  • どすこい力士ちゃん
  • おやじの一番絞り
  • 沈黙の艦隊・最後の要求
  • かわいいウソ「カワウソくん」
  • スクールウォーズパート3劇場
  • 合併のうわさ
  • 最後のすべり止め
  • ブッタマ裏ミスコン
  • プリント・プリンセス
  • 東京ラブストーリー(放送当時大人気だったドラマ『東京ラブストーリー』の名をそのまま拝借。恋愛相談のハガキを紹介する。)
  • 自前テレホンサービス
  • 超スーパー青田買い・面接官ゆた
  • 催眠術の解けた時(コーナー後期は虫や変態ネタが多かった)
  • ミュージシャン虎の巻
  • BAKUのBACKバンド
  • ギター道場ジャマイカへの道

ノベルティグッズ[編集]

  • ハガキ等が採用された人には番組特製キーホルダーまたはTシャツ・トレーナー(賞品はコーナーにより異なる)が贈られた。
  • 「FAX地獄」コーナーでその週の最優秀作品に選ばれると、賞金1万円及びその週の面白かったFAXを送り返してもらえる。

エピソード[編集]

番組開始と終了経緯[編集]

番組概要の項目に執筆されている番組開始と終了についてのエピソードについては、ゆたおと親友である伊集院の発信により巷に流布されるケースが多く[注 3]、後年にゆたおが巷に流布されている話や当該ページを含めたWikipediaの執筆記述含め、美談として誇張されると思っているため、番組終了から26年が経過した2016年に現在、所属している一般社団法人漫才協会YouTubeチャンネルにて配信されているYouTube動画の『ハデジのいろいろめんどくさい』2016年3月27日アップロード分にて発信した[3]

ゆたおは元来、漫才一本で芸に取り組みたい思いを抱いており、タレント活動に対して消極的であった事に対しては、後年に伊集院も当時の事についてニッポン放送含めた他局のラジオ番組等で語っている[4]。当該番組のオーディションについて、当時、笑組が所属事務所していたマセキ芸能社から受けに行って欲しいと言われ受動的に行かされたとしている。オーディション中からコンビ結成3年目でコンビでしか仕事を受けられない実力しか持ち合わせていない事を自認しており[注 4]、コンビでの当該番組出演を切望していた。しかし当該番組の編成局制作部のチーフディレクターであった松島宏から、若年層向けの夜ワイド番組のコンセプトとして「ブースにいる人間同士のトークを聴かせる構成では無く、番組を通してリスナーと会話する事が主眼」であるため、コンビでの出演は出来ないと拒否され、ニッポン放送のオファーに対して複数回事務所を通じて断りを入れている[注 5]。そのやり取りの流れについても、笑組の師匠である内海好江に報告し、好江もゆたおがピンで仕事出来る実力を持ち合わせていないからゆたおの判断を尊重していた。

しかし、ゆたおは当該番組のオファーの前年に『森田一義アワー 笑っていいとも!』(フジテレビ)のピンのオファーも蹴っていたため、マセキ側から「今回のオファーを蹴るともう2度とフジサンケイグループ(の放送局)から仕事は来なくなってしまう」と説得されたため、オファーを受ける条件として「ピンでの実力が無いのだから1年以内で降板する事が最低条件に同局の番組に出演する」と提示してオファーを受けた。以上の経緯だったため、打合せの段階から鬱屈した気持ちで番組に出演しており、当該番組開始前のネット局向けの内包番組の収録から嫌々な気持ちのままであったと懐柔している。

また、「笑組」の漫才スタイルが、師匠が内海桂子・好江であるため、正統な漫才として言葉遣いの品が良く、コンビの見てくれもゆたおがボケ役として太っており、芸事以外のマナーも厳しく躾られていた。しかし、同局で打ち合わせの段階で松島からラジオパーソナリティのキャラ付けとしてゆたおの芸風を全否定し、「デブが(タプタプの喋りしてるから)ダメ」 、「一人称をと呼称するのはダメ」、「喋りの内容がダメ」だから人格を変える事を強要され、番組の初回で「3ヶ月で20Kgのダイエットを宣言し、ダイエット出来なければ坊主すると言え」と強要された。

その結果、ゆたおはダイエットを実行したため、現在のコンビの見てくれと同じく、デビュー時と逆になってしまった要因になった。ゆたおの見てくれが変わった事に対して当時社長(元会長)であった柵木眞が言及し、事態の把握をしていなかった事に対し、ゆたおは不信感を抱き理由を問い質すと、当時のマセキは放送局にとって我が儘を言わない都合のいい事務所であったため、ニッポン放送の編成部と制作部はゆたおのマネージャーに対して、局へ同行する事を禁止していた結果で、当該番組開始から終了まで続いた。番組放送当時、松島はラジオの喋りに対して厳しいディレクターであったため、ゆたおの喋りを一字一句チェックし、番組終了後の反省会と称するダメ出しに2時間の時間を割いていた。

その後、番組開始から9ヶ月が経過し、マセキに降板の最低条件の件を問い質すとニッポン放送側と交渉してなかった事に対し、番組出演拒否をチラつかせた。その後、マセキがニッポン放送の側にゆたおの希望を伝えたため、当時編成局長である宮本幸一からゆたおと専務(現・社長)であった柵木秀夫がヒアリングの為に同局に呼び出され、「ココだけの話にするから」と念押しをされて、ゆたおが松島に対しての思いを吐露した。

しかし、後刻ヒアリング当日の放送日に局に出勤した際に打合せと称して松島に呼び出され、宮本がヒアリングした話が松島に全部筒抜けになっていた為、ゆたおはタレントとして放送局での仕事をしたくないと硬く誓った程であった。その後、当該番組を辞められず時間が経過した後、コーナーレギュラーであった相方のかずおも同局に来訪した際、かずおが事務所との電話にて演芸番組のネタ見せのスケジュール調整をした際、電話口の相手である柵木眞に対してネタ見せ予定時間の後ろ倒しの願い[注 6]を伝えたら、かずおから電話を代れと言付けられて眞と会話した際、後ろ倒しの件を叱責されたためゆたおが激怒したところ、眞がゆたおが精神的におかしくなったと思い込み、これがきっかけとなって、翌日に眞がニッポン放送に降板を申込んだ結果であると明かした。

そのまた翌日、宮本から再び呼び出され、「(チーフDの)松島を外すからもう1年やってくれ」と懇願されたが、「本来の出演契約は1年という約束で受けたので」と突っぱねた。この経緯として、マセキ側がゆたおに対するいい加減なマネジメント対応と当時のニッポン放送の編成と制作の思惑が入り混じっていた事が伺えており、ゆたおが宮本に裏切られていたことから前述の誓いを抱いたため、自身の公式プロフィールから黒歴史として当該番組の出演情報を抹消している。しかし、ニッポン放送としてはゆたおに期待していたため、実績が皆無なゆたおに対して、当該番組の前番組であった『ヤングパラダイス』のパーソナリティであった三宅が『ヤンパラ』就任時よりも高いギャラを払っていると松島は番組開始の段階から雑談で伝えていたので、ゆたお本人と局との齟齬は存在している[注 7]

当時:リスナーであった一般人から、当時の降板について問われる事やWikipediaの記述や伊集院の発信の方が影響力が強い事もあり、ゆたおから能動的に発信したと明かしている。また、結果としてこの件が原因となり、松島は制作部の夜班から外され、昼班の担当に異動となり、後に2006年のライブドアによる敵対的買収事件を経て、同年4月1日から会社分割により、転籍対象者としてフジテレビに転籍となり、報道局の報道記者として従事し。後年の2018年に同局の子会社であるミックスゾーンに出向し、ラジオディレクターとして復帰している。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 安岡が主に当該番組のチーフである松島と仲が悪く、伊集院を松島に預けたく無かったため
  2. ^ 当該番組終了後、『Oh!デカ』にゲスト出演した際、自分の色を出した喋りだったためリスナーからの称賛が多く、「ゆたおさんおもしろいんですねぇ」と指摘される位であった。
  3. ^ ゆたおが体調不良であった話は事実で、伊集院が常にゆたおを気に留めて定期的にファミレスで顔を合わせていた際に、出演していない週末の番組放送時間に蕁麻疹が発症していたため、後年の伊集院の発信に繋がる。
  4. ^ 師匠の好江も認めていた。
  5. ^ 但し、ゆたおとしては金曜の同時間帯のパーソナリティを務めていたB21スペシャルの番組である『B21スペシャルの活躍金曜日』は複数人でかつ、女性アシスタントまでいたため扱いが違うと不満を抱いていた。
  6. ^ 放送終了が午前1:00でそこから、ダメ出しに2時間で帰宅しても、翌日のネタ見せの放送局への入り時間がお昼近くで翌日の準備と移動時間で睡眠時間が確保出来ないと考えていたため。
  7. ^ マセキ側もゆたおが実家から通うのが遠いから家まで用意していたが、その家賃はゆたおのギャラから差し引いて支払っていた。また、かずおもバーターとしてコーナーレギュラーとして出演していたが、コンビでの仕事が減ったため、ギャラの中からかずおにも取り分として支払っていた。[3]

出典[編集]

ニッポン放送 夜ワイド番組
前番組 番組名 次番組
高原兄のヤングパラダイス
1983年5月2日 - 1984年2月2日

三宅裕司のヤングパラダイス
1984年2月6日 - 1990年3月29日
内海ゆたおの夜はドッカーン!
1990年4月2日 - 1991年2月28日
伊集院光のOh!デカナイト
1991年3月1日 - 1995年4月27日