内海ゆたおの夜はドッカーン!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
内海ゆたおの夜はドッカーン!
ジャンル バラエティ
放送方式 生放送
放送期間 1990年4月2日~1991年2月28日
放送時間 月曜日 - 木曜日22:00~25:00
放送局 ニッポン放送
パーソナリティ 内海ゆたお
テーマ曲 「Broadway Showへようこそ」(BOX
テンプレートを表示

内海ゆたおの夜はドッカーン!(うつみゆたおのよるはどっかーん)はニッポン放送で放送されていたラジオ番組ブロックワイド)。パーソナリティはお笑いコンビ・笑組の内海ゆたお(現・ゆたか)。通称夜ドカ

概要[編集]

放送期間は1990年4月2日-1991年2月28日。放送時間は月曜-木曜の22:00-25:00。長きに渡り人気を博した三宅裕司のヤングパラダイスの後継番組。開始にあたっては、AM放送としては異例の大々的なプロモーションが行われ、メジャー紙の全面広告にゆたおの写真を掲載し「これは誰でしょう?」と出題するなどティザー広告の手法がとられた。

番組開始後は同時間帯聴取率1位も確保したが、番組は11ヶ月で終了。ゆたおの旧知の友人である伊集院光が、当時の彼について「放送の無い日でも番組の始まる夜10時になると嘔吐していた」「当時のプロデューサーがとても厳しい人だった」と語っていることから「人気番組の後継者」という過度のプレッシャーが、結果として番組の寿命を縮めたものと推測される。

番組構成[編集]

ニッポン放送では初となる22:00-25:00の3時間ワイド番組であった。番組構成は概ね下記の通り。

なお、箱番組に出演していたメンバーは夜ドカファミリーと呼んでいた。

主なコーナー[編集]

  • 花の万博記念日本一のかっとびパビリオン
  • みのもんた110番
  • CM3段跳び
  • 街の人気者・外人の店員さん
  • とんでもない言い伝え
  • 僕の私のサンダーストーム
  • 第2のランバダ・ランバダニューバージョン
  • 夢の入浴剤
  • 帰ってきた勝新
  • 校則の王様
  • お前のクラスのランキング
  • FAX地獄
  • 血まみれ子ちゃん
  • ちびりまる子ちゃん
  • 歌に歴史あり
  • 一人暮らし貧乏選手権
  • ミュージシャン反省文
  • ダフ屋事件簿
  • 美川屋ケンちゃん・オカマンとの遭遇
  • 夜ドカ幻魔大戦
  • とんでもない譲ってください
  • コードレスホン切れたら負け
  • コードレスホン鉄人レース
  • どすこい力士ちゃん
  • おやじの一番絞り
  • 沈黙の艦隊・最後の要求
  • かわいいウソ「カワウソくん」
  • スクールウォーズパート3劇場
  • 合併のうわさ
  • 最後のすべり止め
  • ブッタマ裏ミスコン
  • プリント・プリンセス
  • 東京ラブストーリー(放送当時大人気だったドラマ『東京ラブストーリー』の名をそのまま拝借。恋愛相談のハガキを紹介する。)
  • 自前テレホンサービス
  • 超スーパー青田買い・面接官ゆた
  • 催眠術の解けた時(コーナー後期は虫や変態ネタが多かった)
  • ミュージシャン虎の巻
  • BAKUのBACKバンド
  • ギター道場ジャマイカへの道

ノベルティグッズ[編集]

  • ハガキ等が採用された人には番組特製キーホルダーまたはTシャツ・トレーナー(賞品はコーナーにより異なる)。
  • 「FAX地獄」コーナーでその週の最優秀作品に選ばれると、賞金1万円及びその週の面白かったFAXを送り返してもらえる。

テーマ曲[編集]

  • オープニングテーマはBOX「Broadway showへようこそ」(アルバム「JOURNEY TO YOUR HEART」に収録)。
  • エンディングテーマは月替わり。

余談[編集]

  • 企画段階では俳優古田新太が同番組パーソナリティの第一候補だった。しかし古田は「劇団☆新感線の活動に差し支えるから」という理由でパーソナリティ就任を固辞した。
  • また、パーソナリティ候補として伊集院光も挙がっていたが、すでに「伊集院光のオールナイトニッポン」でラジオパーソナリティ経験があり一部で名の知られていた伊集院よりも、一般的にはほぼ知名度がなかったゆたおの方が意外性があるとして起用されることとなった。「夜ドカ」終了後には候補に残った伊集院が起用され、「伊集院光のOh!デカナイト」を開始することとなる。
  • 現在所属する一般社団法人漫才協会が制作しYouTUBEで配信しているWEBラジオ番組「ハデジのいろいろめんどくさい」の2016年3月27日配信回[1]でゆたかは、この番組の開始から終了までの経緯を次のように語っている。
    • (上述のように)自分以外にも候補として古田、伊集院の名前が挙がっていたが、古田は「そのトークスタイルからもっと深い時間がいい」と候補から外れ、伊集院も当時担当していたオールナイトニッポンの担当ディレクターが起用に強く反対したためゆたおに話が回ってきた。
    • ゆたおは「本来コンビでやるべき」とこの話に乗り気ではなく拒否したが、これ以前に同様の理由でフジテレビ『笑っていいとも!』からの出演依頼も断ってしまっていたため、当時所属していたマセキ芸能社から「この話も潰してしまうともうフジサンケイ系から仕事は来なくなってしまう」と説得され、「では1年間の限定で」と事務所に伝え引き受けることにした。
      (但し、事務所は出演依頼受諾にあたりニッポン放送に対して「1年間限定で」の部分は話していなかった模様である。)
    • 番組終了に関して世間では「体調不良を理由に打ち切られた」となっているようだが、自分では事実として体調不良は確かにあったが始めから1年間限定で引き受けた仕事だと思っている。ただ、番組内でディレクターから「こういう話をしろ」と指示を受けしゃべった内容に関するゆたおと事務所の間のやりとりの中でハプニング的に終了が1ヶ月早まった。
    • 後任が伊集院だったことについても自分の意向でそうなったと一部でされているが、そのような事実はない。

脚注[編集]


ニッポン放送 22時台
前番組 番組名 次番組
内海ゆたおの夜はドッカーン!