兼近大樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
兼近かねちか 大樹だいき
本名 同じ
ニックネーム かねち、かねちー
生年月日 (1991-05-11) 1991年5月11日(29歳)
出身地 日本の旗 日本北海道札幌市北区
血液型 O型
身長 172 cm
方言 共通語
出身 NSC東京校19期
影響 又吉直樹ピース
コンビ名 ぷりずん。(2013年1月 - 2017年11月)
EXIT(2017年12月 - )
相方 逢見亮太(ぷりずん。)
りんたろー。(EXIT)
芸風 漫才(ボケ)
立ち位置
事務所 吉本興業
活動時期 2013年 -
同期 8.6秒バズーカー
ジャンゴ
ゆめっち(3時のヒロイン
赤嶺総理
宮下草薙
公式サイト プロフィール
テンプレートを表示

兼近 大樹(かねちか だいき、1991年平成3年〉5月11日 - )は、日本お笑い芸人。お笑いコンビEXITのボケ担当。立ち位置は向かって右。別名義は「かねちー[1]

北海道札幌市北区出身。身長172cm、体重60kg、血液型O型。吉本興業東京本社所属。

来歴[編集]

東京NSC19期生である。2013年1月1日、既に芸人として活動していた逢見亮太(現 : おーみ)に誘われぷりずん。を結成したものの、2017年5月より逢見が活動を休止したためピンで活動、同年11月に正式に解散した。

ぷりずん。活動休止中に元ベイビーギャングりんたろー。を誘い仮コンビSCANDALを結成しM-1グランプリ2017に出場し3回戦進出。ぷりずん。解散後の2017年12月22日にりんたろー。と正式にコンビ結成、EXITに改名。

2019年、吉本男前ランキングで1位を獲得。

2019年9月5日発売の『週刊文春』において、当時未成年だった2011年に売春防止法違反容疑で逮捕され、簡易裁判罰金刑10万円の処分を受けていたことと、その翌年に窃盗事件に関与した容疑で逮捕されたことが報じられた[2]。文春の取材に対して兼近は売春防止法違反容疑の件については事実を認めているが、窃盗事件に関与した件については否定している[2]。本人は後にTwitter上でコメントを発表し、未成年時の罪の報道については「むしろ世に真実を伝えられたので多少の感謝もあります」としている[3]。この文春の報道の影響を受けて、レギュラー番組の出演が見送られイベントの出演も取りやめになった[4]

人物[編集]

  • 叔父は、かつて札幌吉本に所属していたお笑いコンビ「SOBADS」のメンバーだった[5][6]。兼近自身も札幌時代、札幌吉本のオーディションライブ「笑道」に腕試しのためにエントリーしたことがある[7]
  • 音楽に合わせて体中を鳴らすボディーミュージックという特技を持つ。
  • 子供の頃、父が生活費のために、捕まえたクワガタを1匹50円で売っていたことを『水曜日のダウンタウン』(TBSテレビ)で明かした。
  • ホームレス経験がある[5]
  • 小中学生時代は野球をやっており高校野球の強豪校からスカウトされたこともあり、自身も甲子園出場やプロ入りが目標だったが、家庭の事情により諦めざるを得なかった。
  • 中卒(正確には定時制高校中退。妹のため仕事を優先して自主退学した[8])であり、兼近本人は「いと頭悪し」と話している[5]。定時制高校在学中から妹の学費を稼ぐために朝は新聞配達、昼は建設業のアルバイトをしていた[8]
  • ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ)の年越し特番年越し特番『笑ってはいけないシリーズ』にお仕置きの執行役(ブラックアーミー軍団)として過去に3回出演したことを2019年2月21日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ)で明かした。この際、「叩きやすいのは松本さん」と語った[9]
  • 徳井義実のチャックおろさせて〜や』(BSスカパー!)に『馬場俊樹』名義で出演していた[10]
  • ぷりずん。時代にタレント、俳優、モデル、芸人などから結成されたミストマンにてアイドル活動した。
  • REA(L)OVE』(Netflix)に『又吉亮二』役として出演していた[10]
  • ヨシモト∞ホール関ジャニ∞リスペクトものまねユニット「あかんジャニ」に、「大倉ただの人」として参加している。
  • テレビ番組で共演した経沢香保子の紹介により、ベビーシッターのアルバイトをしたことがある[5]
  • 趣味は読書。20歳の時に初めて読んだ本が又吉直樹のエッセイ集『第2図書係補佐』で、これを契機に又吉に憧れて芸人を志した[5]。又吉の推薦本は全て読んでおり、好きな作家として江國香織穂村弘を挙げている。

出演[編集]

コンビとしての活動はEXIT (お笑いコンビ)#出演を参照。

テレビ番組

ネット配信

  • 『世界平和』のために、私は何ができる?(国連広報センター、ハフポスト日本版)[11]

舞台

  • 三ランポリン四アター「狂乱のsingたち」(倉井戸羽郎、2018年2月17日 - 18日)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ “EXIT、期間限定で改名を発表 かねちぃ「名前なんて記号でしかない」 りんたろー「しっくり来たらそのまま」”. ORICON NEWS. (2019年5月30日). https://www.oricon.co.jp/news/2136500/full/ 2019年5月30日閲覧。 
  2. ^ a b 編集部. “EXIT兼近逮捕報道の「文春」に批判続出…「未成年者の更生機会奪う」「倫理的に問題」”. ビジネスジャーナル/Business Journal | ビジネスの本音に迫る. 2020年10月18日閲覧。
  3. ^ EXIT兼近大樹、報道受け言及&謝罪 過去の法律違反「しっかりと向き合おうと」【コメント全文】”. ORICON NEWS. 2020年10月18日閲覧。
  4. ^ EXIT兼近大樹、週刊誌報道の真相を初激白へ 衝撃の真実が明らかに”. ORICON NEWS. 2020年10月18日閲覧。
  5. ^ a b c d e 日経エンタテインメント! 2019年3月号 p.85「バラエティびとNEO」
  6. ^ EXIT兼近「北海道のマブダチ」タカトシとの意外な縁を明かす「叔父が後輩だった」
  7. ^ ジンギス談』#120。
  8. ^ a b アメトーーク!2019年2月14日(木)”. gooテレビ (2019年2月14日). 2019年2月23日閲覧。
  9. ^ 『笑ってはいけない』のケツバット要員が暴露!「叩きやすいのは松本さん。浜田さんは往生際が悪い」”. RBB TODAY. 株式会社イード (2019年2月22日). 2019年2月22日閲覧。
  10. ^ a b @ (22 February 2019). "初ゴールデン!トレンドにしてくれてせんきゅすふぃーばー" (ツイート). Twitterより2019年8月19日閲覧
  11. ^ EXIT兼近さん、藤原しおりさんと一緒に考えます。新型コロナ後の世界を良くするために、何ができる?【ネット生配信】”. ハフポスト (2020年6月17日). 2020年7月26日閲覧。

外部リンク[編集]