出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

(じょう)とは、日本律令制四等官のうち三等官を指す。「掾」の文字は国司の三等官(中央政府における「判官」に相当する)を指す。

概要[編集]

特に大国と呼ばれる最上級の令制国には特に大掾少掾が設置された。三等官は文字にかかわらず「じょう」と訓ぜられるが、これはの一部官庁で三等官の呼称とされていた「丞」の借音とされる。ちなみに、「掾」の日本語での音読みは「エン」である。

浄瑠璃における掾号(または大掾・少掾)[編集]

律令国司における掾(または大掾・少掾)が転じて、後世、朝廷江戸時代は嵯峨御所、明治以後は宮家)から、出入の商人刀匠浄瑠璃の芸人などに対して、その技芸を顕彰する意味で下賜された官名。もっとも後代まで残存していたのは浄瑠璃における掾号であった。戦後では、1947年(昭和22年)に2代目豊竹古靱太夫秩父宮家から山城少掾を、1956年(昭和31年)には4代目吉田文五郎東久邇家から難波掾[1]を受領している。

脚注[編集]

  1. ^ 本来の律令制には、難波掾という国司の三等官はない。摂津目もしくは郡司の難波大領が相当

関連項目[編集]