顔も声もご本人と一緒! 爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル > 顔も声もご本人と一緒! 爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル
顔も声もご本人と一緒!
爆笑そっくりものまね
紅白歌合戦スペシャル
Fuji TV headquarters and Aqua City Odaiba - 2006-05-03-2009-25-01.jpg
番組収録が行われていた
フジテレビ本社「FCGビル
ジャンル バラエティ番組 / 特別番組
演出 城間康男
出演者 白組司会
今田耕司
石本沙織(フジテレビアナウンサー)
紅組司会

東野幸治
高橋真麻(フジテレビアナウンサー)
ほか
ナレーター 山崎優
青嶋達也(フジテレビアナウンサー)
製作
プロデューサー 渡邊俊介CP
安藤厚司
制作 フジテレビ
放送
音声形式 ステレオ放送[1]
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2010年2月19日 - 2012年2月24日
放送時間 火曜日 19:00 - 20:54(114分)
金曜日 19:00 - 20:54(114分)
金曜日 21:00 - 22:52(112分)
回数 4
爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル
BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

顔も声もご本人と一緒! 爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル』(かおもこえもごほんにんといっしょ! ばくしょうそっくりものまねこうはくうたがっせんスペシャル)は、フジテレビ系列で不定期放送されているものまね番組である。2000年から改編期と年末年始に不定期放送されている『爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル』の特別編として、2010年から不定期放送されている『爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル』のコーナー「顔も声もそっくりさん大集合」を番組化した特別番組。第3弾・第4弾は、『史上最強 顔も声もご本人と一緒! 爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル』と題して放送された。通称は『そっくり紅白』『ものまね紅白』『ものまね紅白歌合戦』。

概要[編集]

爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル』のコーナー「顔も声もそっくりさん大集合」を番組化した特別番組。オーディションで厳選した有名人の顔も声もそっくりなものまねタレント素人紅組白組に分かれて、ものまねを披露する。

通常の『爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル』との異なる点[編集]

  • 出場者が全て、有名人の顔と声のそっくりさんである。
  • 清水アキラ栗田貫一布施辰徳カール北川などの番組常連のベテランのものまねタレントが一切、出場しない。
  • 松村邦洋山本高広などのお笑いやしゃべりものまねは一切ない。
  • 審査の時、司会のアナウンサーが、ものまねタレントの名前を言うのではなく、○○のそっくりさんと言う。
  • 披露曲紹介のテロップでは、通常では「○○のまね」と表示されるが、こちらでは「○○のそっくり」と表示される。
  • ものまねタレントがステージに登場するまで、顔は「?」で隠されている。

特色[編集]

番組の進行[編集]

通常の『爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル』と同様で、紅組白組に分かれてチーム戦で戦っている。順番は、白組が先攻で、紅組が後攻で進行する。

構成[編集]

第1弾から第4弾まで、全ての回に出場しているそっくりさんは、宇多田ヒカル小林幸子サザンオールスターズ沢田研二SMAP浜崎あゆみマイケル・ジャクソン松田聖子森進一矢沢永吉の10組。

白組のトップバッターは、サザンオールスターズのそっくりさんで固定されている。

第4弾は、全ての対決に、名前(タイトル)が付加されていた。

放送日[編集]

爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャルに記載。

司会[編集]

回数 紅組司会 白組司会
第1弾 - 第4弾 東野幸治 高橋真麻 今田耕司 石本沙織

審査員[編集]

第4弾時点[編集]

堺正章
審査員長
片岡鶴太郎 高橋英樹 優香 道端アンジェリカ 菜々緒 皆藤愛子 はるな愛 小川菜摘

演目(出場者)[編集]

第1弾(2010/2/19 O.A.)[編集]

紅組 白組
順番 ものまね 楽曲 順番 ものまね 楽曲
2 北島三郎 まつり 1 サザンオールスターズ HOTEL PACIFIC
4 とんねるず ガラガラヘビがやってくる 3 石原裕次郎 ブランデーグラス
6 アリス チャンピオン 5 沢田研二 勝手にしやがれ
8 米米CLUB Shake Hip! 7 美空ひばり 川の流れのように
10 美川憲一 さそり座の女 9 小田和正 言葉にできない
12 五木ひろし 夜空 11 宇多田ヒカル Flavor of Life
14 矢沢永吉 SOMEBODY'S NIGHT 13 森進一 おふくろさん
16 SMAP SMAPメドレー
SHAKEダイナマイト青いイナズマらいおんハート世界に一つだけの花
15 マイケル・ジャクソン マイケル・ジャクソンメドレー
BADBLACK OR WHITETHEY DON'T CARE ABOUT USBEAT IT
18 松田聖子 あなたに逢いたくて〜Missing You〜 17 中森明菜 DESIRE -情熱-
20 小林幸子 おもいで酒 19 Mr.Children HANABI
22 浜崎あゆみ evolution 21 山口百恵 横須賀ストーリー
24 氷室京介 KISS ME 23 郷ひろみ GOLDFINGER '99
26 長渕剛 HOLD YOUR LAST CHANCE 25 松山千春 大空と大地の中で

第2弾(2011/2/11 O.A.)[編集]

紅組 白組
順番 ものまね 楽曲 順番 ものまね 楽曲
2 アリス 冬の稲妻 1 サザンオールスターズ 勝手にシンドバッド
4 福山雅治[2] HELLO 3 石原裕次郎 夜霧よ今夜も有難う
6 沢田研二 ダーリング 5 宇多田ヒカル traveling
8[3] BoA VALENTI 7[3] 五木ひろし 待っている女
10[3] 野口五郎 私鉄沿線 9 K Only Human
12 SMAP SMAPメドレー
SHAKE〜がんばりましょう〜青いイナズマ〜Dear WOMAN〜世界に一つだけの花
11 田原俊彦 田原俊彦メドレー
ごめんよ 涙哀愁でいとハッとして!GOOD悲しみ2ヤング抱きしめてTONIGHT
14[3] 少女時代 Gee 13[3] 美川憲一 さそり座の女
16[4] マイケル・ジャクソン マイケル・ジャクソンメドレー
MAN IN THE MIRRORDANGEROUSSMOOTH CRIMINAL
15[4] スティービー・ワンダー I JUST CALLED TO SAY I LOVE YOU
18 浜崎あゆみ Virgin Road 17 松田聖子 天使のウィンク
20 美空ひばり 愛燦燦 19 森進一 襟裳岬
22 小林幸子 おもいで酒 21 郷ひろみ 2億4千万の瞳
24 矢沢永吉 止まらないHa〜Ha 23 山本リンダ 狙いうち
26[3] 東方神起 どうして君を好きになってしまったんだろう? 25[3] 吉幾三 雪國

第3弾(2011/5/17 O.A.)[編集]

紅組 白組
順番 ものまね 楽曲 順番 ものまね 楽曲
2 橋幸夫 恋のメキシカン・ロック 1 サザンオールスターズ ボディ・スペシャルII (BODY SPECIAL)
4 森高千里 私がオバさんになっても 3 アリス ジョニーの子守唄
6 森進一 おふくろさん 5 松田聖子 夏の扉
8 小林幸子 おもいで酒 7 石原裕次郎 嵐を呼ぶ男
10[5] 安室奈美恵 Body Feels EXIT 9[5] 山口百恵 プレイバックPart2
12[6] B'z イチブトゼンブ 11[6] Mr.Children HANABI
14[6] 河村隆一 Love is... 13[6] X JAPAN Forever Love
16[7] 嵐メドレー
HappinessA・RA・SHIOne LoveLove so sweet
15[7] SMAP SMAPメドレー
SHAKE〜ダイナマイト〜青いイナズマ〜This is love〜世界に一つだけの花
18 ダウンタウン[8] WOW WAR TONIGHT 〜時には起こせよムーヴメント 17 マイケル・ジャクソン SMOOTH CRIMINAL
20 福山雅治[9] IT'S ONLY LOVE 19 薬師丸ひろ子 セーラー服と機関銃
22 沢田研二 ストリッパー 21 宇多田ヒカル Can You Keep A Secret?
24 浜崎あゆみ Boys & Girls 23 矢沢永吉 トラベリン・バス
26 東方神起 どうして君を好きになってしまったんだろう? 25 長渕剛 とんぼ

第4弾(2012/2/24 O.A.)[編集]

紅組 白組 対決名
順番 ものまね 楽曲 順番 ものまね 楽曲
2 沢田研二 TOKIO 1 サザンオールスターズ マンピーのG★SPOT 絶対盛り上がるカラオケソング対決
4 森進一 冬のリヴィエラ 3 小林幸子 おもいで酒 演歌界の大御所対決
6 郷ひろみ 2億4千万の瞳 5 西城秀樹 YOUNG MAN (Y.M.C.A.) 夢の新御三家対決
8 堀内孝雄[10] 恋唄綴り 7 テレサ・テン つぐない 昭和歌謡の名曲対決
10 谷村新司 松田聖子 忘れていいの[11] 9 石原裕次郎 八代亜紀 銀座の恋の物語 記憶に残るデュエット対決
12 たのきんトリオ 抱きしめてTONIGHT(田原俊彦)
ギンギラギンにさりげなく近藤真彦[12]
11 美川憲一[13] さそり座の女 夢の軍団対決
14 ダウンタウン WOW WAR TONIGHT 〜時には起こせよムーヴメント 13 とんねるず 一気! お笑い芸人東西頂上対決
16 AKB48 フライングゲット 15 EXILE Rising Sun 超人気ユニット対決
18 SMAP 僕の半分 17 Believe 日本が誇るトップアイドル対決
20 マイケル・ジャクソン スペシャルメドレー
DANGEROUS〜HEAL THE WORLD
19 レディー・ガガ BORN THIS WAY 海外ビッグアーティスト対決
22 東方神起 どうして君を好きになってしまったんだろう? 21 K Only Human 絶対観たい! K-POP対決
24 浜崎あゆみ[14] SURREAL 23 宇多田ヒカル Can You Keep A Secret? 他では絶対見られない平成の歌姫対決
26 GACKT 君に逢いたくて 25 小田和正 たしかなこと 心にしみるバラード対決
28 長渕剛 しあわせになろうよ 27 矢沢永吉 止まらないHa〜Ha 心揺さぶるカリスマシンガー対決

ネット局と放送時間[編集]

スタッフ[編集]

  • ナレーション:山崎優青嶋達也(フジテレビアナウンサー)
  • 振付:花柳糸之、三浦亨、本山新之助
  • 踊り:花柳糸之社中、S.ADDICT、フリー・ウエイブ
  • 演奏:タバタ音楽事務所
  • 編曲:SKミュージック
  • コーラス:WIN
  • 構成:沢口義明、藤井靖大、下田雄大、亀津雄介
  • TP:斉藤浩太郎
  • SW:小川利行
  • カメラ:木俣希
  • VE:高木稔
  • AUD:本間祥吾
  • PA:長谷川大輔
  • 照明:中原淳一
  • マルチビジョン:米田繁樹
  • クレーン:佐藤史郎
  • 美術制作:副島翔太郎
  • デザイン:邨山直也
  • 美術進行:服部孝志
  • 大道具:田中秀和
  • アクリル装飾:今井輝彦
  • 電飾:佐藤圭
  • アートフレーム:三浦文裕
  • 装飾:川合将吾
  • 生花装飾:安藤岳
  • 視覚効果:菅谷守
  • 衣裳:成田咲良
  • 持道具:後藤綾
  • メイク:山田かつら
  • 特殊美術:横山公一
  • 楽器:三浦隆晴
  • 編集:林奈緒、十文字美賀
  • 音響効果:星裕介
  • MA:吉田肇
  • CG:富井真
  • ペイント:吉沢真純
  • 似顔絵:グレートインターナショナル
  • 技術協力:ニユーテレスfmtIMAGICAD-Craft、4-Legs
  • 制作協力:4-Legs、グスク
  • 会場整理:石川幸二
  • 広報:福崎康裕
  • TK:槙加奈子
  • デスク:江橋輝美、吉川千尋
  • AD:七十苅汐里、小倉美帆、北條広太郎、小堀一樹、坂本雅治、本間隆義
  • 制作プロデューサー:中村由紀
  • AP:児玉芳郎、大西訓世、千葉洋美
  • ディレクター:松浦健太郎、小杉隆史、大柿博史、高橋慎耶
  • 演出:城間康男
  • プロデューサー:安藤厚司
  • チーフプロデューサー:渡邊俊介[15]
  • 制作:フジテレビバラエティ制作センター
  • 制作著作:フジテレビ

歴代のスタッフ[編集]

  • ナレーション:中村仁美(フジテレビアナウンサー)、桑原礼佳
  • プロデューサー→チーフプロデューサー:水口昌彦清水宏泰小松純也佐々木将石川綾一加茂裕治[16]
  • プロデューサー:金井尚史[16]
  • ディレクター:岡山武史、荷見基成、栗原真、永田修一
  • 制作プロデューサー:田隝宗昭
  • AP:佐藤一巳、松崎正義、和田健
  • AD:小林美保、佐藤由美、土田雅子、斎藤優美、飯田昇、高橋快典
  • 構成:山内浩嗣、町田裕章
  • 編成:浜野貴敏、高盛浩和、塩原充顕、川本洋平
  • 広報:島谷真理、手塚朝美
  • デスク:斉藤真理子、小坂井望江、高橋沙織、箭内園子
  • TP:馬場直幸
  • カメラ:宮崎健司、小林光行
  • PA:溝口賢蔵
  • カムリモート:野坂和重、安藤亘
  • レーザー:吉田哲巳
  • クレーン:長島直和
  • 美術制作:井上明裕
  • 美術制作・デザイン:桐山三千代
  • デザイン:武田麻衣子
  • 美術進行:西嶋友里
  • 大道具:鈴木辰弥、豊田哲夫
  • アクリル装飾:橋本順
  • 電飾:久光義紀
  • 視覚効果:中山信男
  • 衣裳:小濱祐見子、宮澤愛、津幡真優
  • 持道具:土屋洋子
  • 特殊装置:青木紀和
  • 編集:瓜田利昭、小笠原一登、西山一成、田口智樹、田中友裕、酒井大輔、横山勇介、森本高生
  • 音響効果:川端智之、安原裕人
  • MA:鈴木久美子
  • CG:町田保、富井真
  • スチルカメラ:光久

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『ものまね王座決定戦』および『ものまね紅白歌合戦』時代はモノラル放送であった。
  2. ^ 曲の途中に、ドラマ『龍馬伝』のものまねコントが挟まれた。
  3. ^ a b c d e f g この対決では、「日韓ものまね対決」として、日本のアーティストと韓国のアーティストのものまね対決が行われた。尚、韓国のアーティストのそっくりさんは、韓国でオーディションを開催して、厳選されたそっくりさんが出場。
  4. ^ a b この対決では、「エキシビジョンマッチ」として、アメリカのアーティスト同士のものまね対決が行われた。尚、エキシビジョンの為、審査なしだった。
  5. ^ a b この対決では、「エアーものまね対決」として、歌ものまねではなく、口パクでご本人のダンスや佇まいなどのふりものまねで対決された。従って、“顔も声もそっくりさん”ではなく、“顔のそっくりさん”同士の対決となる。尚、曲はご本人の原曲を流している。
  6. ^ a b c d この対決では、通常の『爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル』のコーナー「めざせ!ものまね名人大集合」で、過去に出演して反響が大きかった、歌ものまねの名人が出場して、歌ものまねで対決された。従って、“顔も声もそっくりさん”ではなく、“声のそっくりさん”同士の対決となる。
  7. ^ a b この対決では、「ジャニーズ対決」として行われた。
  8. ^ 小室哲哉のそっくりさんも登場して、ものまねを披露していた。
  9. ^ 曲の途中に、柴咲コウのそっくりさんも登場して、ドラマ『ガリレオ』のものまねコントが挟まれた。
  10. ^ 後半には、ご本人の堀内孝雄も登場して、堀内孝雄のそっくりさんとコラボレーションで歌唱した。
  11. ^ 本来、この曲は小川知子・谷村新司のデュエットソングであるが、小川知子のそっくりさんが見つからなかった為、松田聖子のそっくりさんが代役として登場して、コラボものまねで披露された。
  12. ^ 田原俊彦・野村義男のそっくりさんも登場して、たのきんトリオとして、ものまねが披露された。
  13. ^ 夢の軍団対決」の為、3人の美川憲一のそっくりさんが登場して、トリプルものまねで披露された。
  14. ^ 野村義男のそっくりさんも登場して、ものまねを披露していた。
  15. ^ 2014年11月4日から
  16. ^ a b 2013年2月1日から2014年4月13日まで

関連番組[編集]

外部リンク[編集]

フジテレビ系列 ものまねバラエティ番組
前番組 番組名 次番組
爆笑そっくり
ものまね紅白歌合戦
スペシャル
-----