狙いうち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
狙いうち
山本リンダシングル
B面 夢やぶれて
リリース
ジャンル アイドル歌謡曲
レーベル キャニオンレコード
作詞・作曲 阿久悠(全作詞)
都倉俊一(全作曲)
チャート最高順位
山本リンダ シングル 年表
じんじんさせて
1972年
狙いうち
(1973年)
燃えつきそう
(1973年)
テンプレートを表示

狙いうち」(ねらいうち)とは、日本歌手山本リンダの楽曲で、23枚目のシングルである。1973年2月25日に発売。

解説[編集]

冒頭の「ウララ ウララ…」という歌詞が印象的で振り付けとともにヒットした[要出典]。この曲で山本は、1973年の『第24回NHK紅白歌合戦』に出場した。

なお、都倉の後日談として、この曲は作曲先行で行われた。都倉が阿久にデモテープで送る際、自分のイメージを伝えるために、「ウダダダダ」と自ら歌って録音したものを送ったが、阿久が送り返してきた歌詞が(正式に採用された)「ウララララ」となっていたのを目の当たりにして愕然としたと語っていた[要出典]

野球の応援歌として[編集]

  • 「狙いうち」という名前が「ボールをヒットさせる(打つ)」事を想起させ、かつ作詞者の阿久悠がOBであったことから、東京六大学野球の明治大学応援団が「チャンステーマ」として導入した(明治大学応援団が唯一山本リンダから応援歌としての利用の公認を貰っている)[要出典]
  • その後、日本のプロ野球中日ドラゴンズゲーリー・レーシッチをはじめとする外国人選手の応援歌、最近ではドラゴンズのチャンステーマとして使われるようになったほか、中日および阪神タイガースに在籍していた矢野輝弘の現役時代の応援歌にも歌詞の一部が引用されていた。
  • また日本の高校野球でも、発売から40年以上経った現在も、1978年ピンク・レディーの「サウスポー」(同曲も同じく作詞・阿久悠、作曲・編曲・都倉俊一)などと共に、応援歌の定番曲のひとつとしてよく知られている。

反響など[編集]

  • 1980年開始の昼帯番組『笑ってる場合ですよ!』(フジテレビ系)の日替りコーナー「ザ・ぼんちの物まねグランプリ」では、最終問題の際に三宅恵介ディレクターが山本リンダのモノマネで、『狙いうち』を歌いながら登場した。
  • 発売された1973年頃、桃屋「ごはんですよ」のCMで、三木のり平がアレンジして使用していたのも面白い。
  • その人気が再燃した事により、山本自身も1991年の第42回NHK紅白歌合戦に出演している。これは、1974年第25回以来の17年ぶりの紅白出場となった。なお、その第42回紅白歌合戦での山本は、20作目のシングル曲「どうにもとまらない」と共に披露していた。
  • 2003年末に放映された『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』の企画で松本と浜田の対決で日本シリーズ優勝予想を外した浜田が裏を読めない男という格付けを押されたことで、「ウラ」のつくものづくしで責め立てられる罰ゲームを受ける。BGMの部分にウララ〜ウララ〜の()を強調し更にはロケ地もロシア極東地区の沿岸都市ウラジオストクとなっている。
  • 三又又三の「三又ダンス」は、この曲をBGMとしている(2013年頃)。
  • アニメ「ちびまる子ちゃん」の話の間にも長く使われた。

収録曲[編集]

  • 全作詞:阿久悠 作曲・編曲:都倉俊一
  1. 狙いうち
  2. 夢やぶれて

表題曲のカバー[編集]

関連項目[編集]