ライヴエレクトロニクス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ライヴ・エレクトロニクスとは生の楽器などを直接マイクで拾い、それに電気的な変調などの操作を与えて改めて会場からスピーカーによって同時に流すという、電子音楽の技術の一種。代表的な楽曲にシュトックハウゼンの「ミクストゥール」で有名な「リング変調」があり、単一の楽器としてはノーノチューバのための「ドナウのための後‐前奏曲」がある。なお現代音楽の分類としては器楽曲ではなくて楽器とテープとの同時演奏の楽曲やHörspiel「ラジオドラマ」などと同じく直接「電子音楽」に入れられることが多い。

参考文献[編集]