ニンテンドーコア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ニンテンドーコア: Nintendocore[1]とは、チップチューンゲームミュージックハードコア・パンクヘヴィメタルなどと融合させた音楽、と広義に定義されるもの。Horse the Band英語版An Albatross英語版The NESkimos英語版Minibosses英語版といったバンドによって始められた。Nintendo rock[2]ナードコア(nerdcore)[3]video game rockとも呼ばれる。

特徴[編集]

ニンテンドーコアはシンセサイザーチップチューン、8bitサウンド、エレクトリック・ビートのインストゥルメンタルにエレクトリック・ギタードラムをかぶせるのが特徴。ハードコア・パンクヘヴィメタルといった様々な音楽スタイルを起源に持つが[4][5]、それに加えて、代表的なニンテンドーコア・バンドはポスト・ハードコア[6]メタルコア[6]エレクトロノイズロックポストロック[6]スクリーモなどの影響を受けていた。したがって、スタイル的には一様でなく、たとえばHorse the Bandはメタルコア、ヘヴィメタル、スラッシュメタルポスト・ハードコア、ポストロックのパッセージを結合させている[6]。彼らの3枚目のアルバム『The Mechanical Hand英語版』に収録されている『The Black Hole』という曲は、絶叫ボーカル、ニンテンドーゲーム(ゲーム機「Nintendo Entertainment System」用ゲーム)の音楽のヘヴィなリフ、多数のゲームの効果音をフィーチャーしていて、ニンテンドーコアの手本ともいえる。一方で、Math the Band英語版はエレクトロやダンス・パンクのスタイルを、Minibossesはカイアスからインスパイアされたヘヴィメタルのリフを、アドバンテージはノイズロックとポストロックを[7]The Depreciation Guild英語版は8bitサウンド、ゲームミュージックとシューゲイザーの要素を合体させている。

The Depreciation GuildやThe Megas英語版のように歌をフィーチャーするバンドもある。前者は美声でうたい、後者は歌詞にゲームのストーリーを反映させている。他方、絶叫ヴォーカルを加えたHorse the BandやMath the Band[3][6][8]、インストゥルメンタルを貫くMinibossesやアドバンテージもいる。すべてのニンテンドーコア・バンドに共通しているのは「ニンテンドーゲームのサウンドを模倣するために楽器を使用する」ことである。

歴史[編集]

ロックバンドがゲームミュージックをカバーとした初期の例としては、1991年にアメリカのインディーズ・バンドAutoclave英語版がアルバム『Autoclave英語版』で『ペーパーボーイ』を、Mr. Bungle英語版がアルバム『Mr. Bungle英語版』で『スーパーマリオブラザーズ』を[9]それぞれカバーしている。

ニンテンドーコアという言葉はHorse the Bandが造った新語で、元々はジョークとして使い始めた[10]

もうひとつ、ニンテンドーコアの先駆者として挙げられるのはアドバンテージで[11]、『ニューヨーク・タイムズ』誌は、メインストリームにゲームミュージックを持ち込んだグループの一つと賞賛している[2]

代表的グループ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Moses, Jeff (2015年6月16日). “Minibosses Celebrate 15 Years of Gaming-Centric Music”. Phoenix New Times. http://www.phoenixnewtimes.com/music/minibosses-celebrate-15-years-of-gaming-centric-music-7415831 2017年6月17日閲覧。 
  2. ^ a b c Weingarten, Marc (2004年4月29日). “Resurrecting the Riffs, A Nintendo Rock Band”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2004/04/29/technology/resurrecting-the-riffs-a-nintendo-rock-band.html?pagewanted=all&src=pm 2011年3月21日閲覧。 
  3. ^ a b c Yun, Elizabeth (2011年1月4日). “Math the Band Strive to 'Take Fun Seriously' Exclusive Video”. Spinner.com. AOL. 2011年11月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年3月30日閲覧。
  4. ^ Sutherland, Sam (2006年12月). “Horse the Band - Pizza EP”. Exclaim!. 2011年7月10日閲覧。
  5. ^ Turull, Alisha (2009年10月6日). “New Releases: Lita Ford, the Fall of Troy, Horse the band, Immortal, Inhale Exhale”. Noisecreep. AOL. 2011年3月30日閲覧。
  6. ^ a b c d e f Horse The Band, Super 8 Bit Brothers, Endless Hallway ,and Oceana”. The A.V. Club. The Onion (2010年11月8日). 2012年3月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月2日閲覧。
  7. ^ Trivett, Ben (2010年10月21日). “Math the Band Play Blistering Set at CMJ -- Exclusive Photos”. Spinner.com. AOL. 2011年1月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年3月30日閲覧。
  8. ^ Synyard, Dave (2007年9月). “Horse the Band - A Natural Death”. Exclaim!. 2011年7月10日閲覧。
  9. ^ Mr. Bungle Frequently Asked Questions”. www.bunglefever.com. 2016年3月27日閲覧。
  10. ^ a b Willschick, Aaron (2007年6月3日). “Interview with HORSE The Band bassist Dash Arkenstone”. PureGrainAudio. ProtogenLabs. 2011年3月14日閲覧。
  11. ^ a b c Hughes, Josiah (2008年8月). “Hella guitarist Spencer Seim releases solo album as sBACH”. Exclaim!. 2011年7月10日閲覧。
  12. ^ Moerder, Adam (2006年7月14日). “Album Review: An Albatross - Blessphemy (of the Peace-Beast Feastgiver and the Bear-Warp Kumite)”. Pitchfork Media. 2011年7月10日閲覧。
  13. ^ “Crystal Castles”. SPIN Magazine (SPIN Media) 23 (12): 26. (December 2007). ISSN 0886-3032. https://books.google.com/?id=3jk52QtJvGoC&pg=PA26&dq=nintendocore#v=onepage&q&f=false. 
  14. ^ Moerder, Adam (2005年3月23日). “Album Reviews: Hella - Church Gone Wild/Chripin' Hard”. Pitchfork Media. 2011年7月10日閲覧。
  15. ^ Pertola, Petteri (2009年5月28日). “Karate High School - Invaders”. Rockfreaks.net. 2015年1月2日閲覧。
  16. ^ Moerder, Adam (2007年10月25日). “Album Reviews: The Octopus Project - Hello, Avalanche”. Pitchfork Media. 2011年7月10日閲覧。
  17. ^ Sean Reid (2010年5月19日). “Alter The Press!:Album Review:Rolo Tomassi - Cosmology”. Alter The Press!. 2011年6月15日閲覧。
  18. ^ Synyard, Dave (2008年3月). “Sky Eats Airplane Everything Perfect On The Wrong Day”. Exclaim!. 2011年7月10日閲覧。