マスコア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マスコア
Mathcore
様式的起源 メタルコアポスト・ハードコアハードコア・パンクエクストリームメタルジャズマスロックグラインドコアプログレッシブメタルプログレッシブロック
文化的起源 1990年代の初頭から中頃のアメリカ
使用楽器
関連項目
アヴァンギャルドメタルジャズコアノイズロック
プログレッシブ・メタルコア

マスコア: Mathcore)(ノイズコアやエクスペリメンタル・メタルコアと呼ばれることもある)は、複雑なリズムで不協和音を含んだリフ、テンポチェンジなどの特徴を持つ音楽ジャンル。ハードコア・パンクエクストリームメタルのスピードや過激さも持ち合わせている。このジャンルはメタルコアのサブジャンルと見なされることが多い。主にメタルコアグラインドコアポスト・ハードコアの過激な要素と、ジャズやマスロック、プログレッシブメタルの特徴であるプログレッシブな要素やタイムチェンジによってできているといえる。

ルーツは1990年代初頭のポスト・ハードコアマスロックに求めることができるが、マスコア自体は1990年代後期から2000年代初頭にかけてボッチ英語版コウアレス英語版コンヴァージデリンジャー・エスケイプ・プランらのアルバムによって徐々に確立された。

特徴[編集]

音楽的要素[編集]

マスコアでは変拍子ポリリズムシンコペーション、テンポチェンジなどを用いることで、複雑で変化のあるリズムが強調され、ドラムの音量も大きい[1][2][3][4]。デリンジャー・エスケイプ・プランのベーシストであるリアム・ウィルソンによれば、彼らの「聴いている人が混乱するような急激に変化するリズム」は「ラテンのリズム」とヘヴィメタルのスピードや「スタミナ」の融合であるといい、これはジョン・マクラフリンジャズインド音楽の要素を取り入れたのと似たようなものだという[5]。先駆者的なマスコアバンドのドラマーのほとんどは、ジャズオーケストラなどアカデミックなバックグラウンドを持っている。その例としてはDazzling KillmenのBlake Fleming[6]CrawのNeil Chastain[7]CoalesceJames Dewees[8]ボッチ英語版Tim Latona[9]、デリンジャー・エスケイプ・プランのChris Pennie[10]コンヴァージBen Koller[11]などがあげられる。リズムセクション同様、ギターリフも繰り返しがほとんどなく曲の展開に伴って変化し続ける。初期のバンドでは、ギターやその他の楽器がそれぞれ不協和な旋律を奏でており、ほぼ無調である[1]。デリンジャー・エスケイプ・プランの1st以来、ほとんどのバンドのギターは極端にテクニカルなものとなり、「音楽的にチャレンジングなだけではなく、肉体的にも大変」になった[1][12]

2016年に発表されたとある記事でインビジブル・オレンジ英語版のIan Coryは、技術的な複雑さに重きをおくマスコアの傾向をパンクの過激さを得る「ための手段」ではあるが、「目的自体ではない」としており、プログレッシブメタルの「過度の技術志向」とは区別している[12]。ライターのKeith Kahn-Harrisは、マスコアバンドの中には、グラインドコアの過激さとフリージャズの音楽語法の融合と表現できるものもいると述べている[13]

歌詞[編集]

初期のマスコアの歌詞は、現実的な世界観や、厭世的、反抗的で怒りや皮肉のこもった見方で書かれていた。歌詞は哲学的、詩的要素を考慮して選ばれている[1][14][15][16][17]。1990年代に特徴的だったハードコアパンクのイデオロギーの好戦的な側面を皮肉ったり批判するバンドもいる[18][19]。コンヴァージのJacob Bannonやデリンジャー・エスケイプ・プランのDimitri Minakakisのように、とても個人的な問題について書く人もいる[20][21]

音楽的なルーツはエクストリームメタルにあるが、マスコアアーティストの中にはエクストリームメタルの非現実的でホラー要素を持つ歌詞を軽蔑しているものもいる[22][23]

頭を下にして天井からぶら下がりながら歌うGreg Puciato。2008年に撮られた写真。

ライヴパフォーマンス[編集]

初期のマスコアバンドの中には、音楽と連動する照明をライヴに取り入れるものもいた[24][25]。一方で乱闘や怪我人がでるような、危険で混沌としたパフォーマンスで有名なバンドもいた。CoalesceのギタリストJes Steinegerとデリンジャー・エスケイプ・プランのBen Weinmanは奇矯かつ危険な振る舞いをすることが多かった[18][26][27]。2001年にヴォーカリストのGreg Puciatoがデリンジャー・エスケイプ・プランに加入したことで、このバンドは2017年に解散するまでもっとも論争を呼ぶライヴパフォーマンスで有名になった。Puciatoは、Invisible Orangesから、力強い肉体と破壊的な行動によって「(バンドの音楽を)肉体で完璧に表現している」と評された[12]

歴史[編集]

先駆者 (1980年代から1990年代初期)[編集]

マスコアの初期の先駆者は、1980年代から1990年代初期のポストハードコアバンドである。ポスト・ハードコアは、広義の意味では、ハードコアパンクの攻撃性や過激さを保ちつつ、創造的表現に重点をおくバンドを表す単語である。ハードコアパンクのパイオニアであるブラック・フラッグは、マスコアに似た特徴を1980年代中頃の実験的な時期から取り入れていた。つまり、ヘヴィメタルの重いリフや、長めの曲構成、フュージョン的な拍子の取り方、ポリリズム、インスト曲、インプロ要素である[28][29]。当時、バンドはマハヴィシュヌ・オーケストラや1972年から1975年ごろのキングクリムゾンから強い影響を受けていた[29]Steven Blushは、彼らの新しい方向性は「多くのファンにとってやりすぎだとわかった」と述べているが[30]、その後、数多くの先駆的なマスコアバンドがブラック・フラッグから影響を受けたと語っている[6][18][31][32][33]。そのほかには、エクスペリメンタル・ロックジャズから影響を受けた[34]ミニットメン[6][31][35]プログレッシブ・ロックから影響を受けた[36][37] ジーザス・リザード[38][39][40]フガジ[18][41][42][43]マスロッククラウトロックから影響を受けたドライヴ・ライク・ジーヒュー[18][40][44][45]が影響元としてあげられることが多い。

エクストリームメタルとハードコアパンクを融合させた実験的なバンドには、ニューロシス[26][41][46]トゥデイ・イズ・ザ・デイ英語版[47][48][49]などがいる。

勃興 (1990–1995)[編集]

1990年代、ハードコアパンクシーンはエクストリームメタルを素直に受け入れ始めたが、同時にイデオロギーに強く染まっていった。人気バンドの多くが、サブカルチャーや宗教、政治的なグループの一員になった[18][50][51]。コンヴァージやコウアレス、ボッチを筆頭に、マスコアバンドの中にはストレート・エッジクリシュナ思想のグループに影響を受け始めるものもいた[52]。他方、マスコアにかなりの影響を与えたが、より型破りな音楽性のバンドはアンダーグラウンドにとどまった。

マスコアの先駆者としてあげられることの多いDazzling KillmenCrawは、その当時ノイジーなマスロックと考えられていた[53][54][55]。デビューアルバムはそれぞれ、1992年と1993年にリリースされている[6][54]。彼らの特徴は「メタリック・ポストハードコア」なサウンドだが、拍子がコンスタントに代わり、ヴォーカルが「気が狂った人が発する動物的な音」を出す点でも特異だといえる。Dazzling Killmenのメンバーのうち3人はジャズスクールで知り合ったが、Crawにはクラシック音楽のパーカッション奏者とジャズベーシストがメンバーにいる[56]。どちらのバンドのライヴにも、サックス奏者が参加したことがある[53][54][57]

1989年に、ニュージャージー州出身のRorschachユースクルーシーン内で結成されたが、すぐに複雑で不協和なメタリックハードコアを志向していく[58]。彼らはDie Kreuzenブラック・フラッグなどのハードコアパンクのほか、ヴォイヴォドスレイヤーなどのスラッシュメタルから影響を受けていた[31]。Rorschachが1993年に解散すると、ギタリストのKeith Huckinsは1994年にデッドガイ英語版に加入し、1995年に発売された1stアルバム『Fixation on a Co-Worker』に参加している[59]。両者の不協和なサウンドは初期のマスコアバンドに多大な影響を与えた[18][41][60][61][62][63]

この時期、重要なマスコアバンドがいくつか結成されている。例えば、1993年にワシントンで結成されたボッチ英語版、1994年ミズーリ州で結成されたコウアレス英語版コネチカット州Cableスイス出身のKnut、1995年にマサチューセッツ州で結成されたケイヴ・イン英語版ヴァーモント州出身のDrowningmanである。1990年には、マサチューセッツでコンヴァージが結成されているが、シーンと「関連するような」曲を書いたり演奏したりし始めたのは1994年のことであった[64]。急成長するマスコアシーンについて、デリンジャーエスケーププランの創始者であり、ギタリストのBen Weinmanは次のように述べている。

俺が最初にいた(ハードコアパンクの)シーンは本当に頭が固かった。(中略)当時のシーンはマジで思想を中心に回ってたんですよ。ヴィーガニズムキリスト教、クリシュナ、ストレート・エッジ。そういった全てのことが、当時プレイしていたバンドみんなにとって大きなことだったんです。(中略)そこからただの派閥とか人気コンテストみたいなものになっていったんですよね。(彼らは)音楽に興味を持たず、素晴らしいミュージシャンでもなかったし、やる気もなかった。情熱も創造性もない、昔のバンドのパクリみたいな曲を書いていただけ。(中略)(Dazzling KillmenやDeadguyなどのように)ただひたすら音楽中心で上手くやってて、色々な面で影響力もあって。アンダーグラウンドなんだけど、依然として音楽に突き動かされているようなバンドを見るのは素晴らしいことでしたね。(中略)それを見て俺も「これこそが俺のやりたい音楽だ!」って思ったんですよ[65]

ジャンルの確立と記念碑的なアルバムと初期シーン (1996–2002)[編集]

コンヴァージはもともとエクストリームメタル、クロスオーヴァー・スラッシュハードコア・パンクの融合でできていたが、1990年代中頃には、Rorschach, Universal Order of Armageddon and Starkweatherなどの初期メタルコアやポスト・ハードコアバンドに強く影響を受けるようになった[66][67]。1996年に発表された2ndアルバム『Petitioning the Empty Sky』、1998年に発表された3rdアルバム『When Forever Comes Crashing』で、彼らはよりテクニカルで暗い音楽性を取っている[67][68]

初期の頃は、CoalesceとBotchはシラキュース出身のメタルコアバンドで、ヴィーガン・ストレートエッジのパイオニアでもあるアース・クライシスから影響を受けていた[18][69][70]。のちにCoalesceのヴォーカリストを務めるSean Ingramはシーンの近くにいくためシラキュースへ引っ越しているが、シーンの排外的なアティテュードに幻滅する結果となり、ミズーリに戻ってCoalesceを結成している。彼らはプログレッシブメタルバンドのトゥールから影響を受けているが、創設者でドラマーのJim Reddは、トゥールから「静寂パートを抜いて」、「ヘヴィなギター、ヘヴィなドラム、変拍子、うるさいパートと静かなパートのダイナミクス」だけを使っているようなバンドに「なりたかった」と述べている[18]。彼らが1998年にリリースした2nd『Functioning on Impatience』はジャンルの金字塔になった[15][18]

Botchは最初、政治的で、ストレートエッジなバンドになろうとしていたが、参加者の多くが持っている攻撃的なスタンスや「エリート主義者」的な意識に嫌気がさしたという[19]。2ndアルバムの1999年発表の『We Are the Romans』はDrive Like Jehu、セパルトゥラメシュガーから影響を受けている[71]。このアルバムは何年にも渡って数多くのバンドに影響を与え、評論家からも高い評価を得た。2015年のTeamRockでは、「ヘヴィミュージックの歴史でもっとも偉大なアルバムの一つ」として賞賛されている[15][72]

1997年には、デリンジャーエスケイププランが政治的志向を持ったバンドArcaneを母体にして生まれたが、それは彼らが再び"派閥"の一員にになるのが嫌だったからであった[73]。彼らは、1998年発表の2ndEPの『Under the Running Board』で音楽性を大きく変え、1999年リリースのデビューアルバムの『Calculating Infinity』では、シニックやメシュガー、デスなどのプログレッシブ・デスメタルバンドや、キングクリムゾン、数多くのフュージョンアーティストから影響を受けた作風になっている[26][73][74]。どちらの作品も極度にテクニカルで速いマスコアの特徴を作り上げており、「メタリックハードコアシーンでの激しい競争を開始し」、このサブジャンルの特徴を定義づけることになったといわれている[12][75][76]リラプスは『Calculating Infinity』のサウンドとアルバムタイトルが「数学的だった」ので、「マスメタル」として売り出したが、これはバンドの意図するところではなかった[21][77]

1999年にはコンヴァージはスプリットアルバム『The Poacher Diaries』をリリースしており、テクニカル要素を劇的に発展させテイルが、その後メインの作曲者であったKurt Ballou はこの作品を「失敗した実験作品」だとしている[78]。この体験から、彼は音楽に惹きつけられるきっかけだった曲構成や「記憶に残る」要素に焦点をうつすようになり、2001年にアルバム『Jane Doe』を作り上げた。このアルバムはドラマーのBen KollerとベーシストのNate Newtonとの初めての作品だが、二人は作曲に大いに貢献したという[78][79]。 『Jane Doe』はエクストリームメタルシーンに多大な影響を与えた上、カルトな人気を得てフォロワーを生み出した[80]

その他、この時期の重要なアルバムにはCableが1996年に発表した『Variable Speed Drive[47]、1998年にCave Inがリリースした『Until Your Heart Stops[81]、2000年にDrowningmanが発表した『Rock and Roll Killing Machine[82]、2002年にKnutが発表した『Challenger[83]などがある。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Wang, Angel. ““Mad for Mathcore: Appreciating a Subgenre of Heavy Metal Rock Music””. blogs.cuit.columbia.edu. Columbia University. 2016年4月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月17日閲覧。
  2. ^ Tadday, Brandon. “Shaping Metal: Top 3 Most Influential Mathcore Albums”. Overdrive-mag.com. 2018年2月17日閲覧。
  3. ^ Top Ten Songs: “D” Is For The Dillinger Escape Plan”. Themonolith.com. 2018年2月17日閲覧。
  4. ^ Oliver, Lane. “Exclusive Interview: CAR BOMB’s Greg Kubacki”. Gnartallica.wordpress.com. 2018年2月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月17日閲覧。
  5. ^ Beller, Bryan. “Liam Wilson of The Dillinger Escape Plan”. Bass Player. 2015年8月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月18日閲覧。
  6. ^ a b c d Cohan, Brad. “How Dazzling Killmen Merged Avant-Garde Jazz and Punk Fury”. Clrvynt.com. 2016年12月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月15日閲覧。
  7. ^ Neil Chastain, Percussionist, Composer, and Music Director”. Chastaincentral.com. 2006年10月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月18日閲覧。
  8. ^ Mikula, Sean. “Interviews: James Dewees (Reggie and the Full Effect, The Get Up Kids, Coalesce)”. Punknews.org. 2013年3月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月21日閲覧。
  9. ^ Hill, Stephen. “Botch could have been bigger than The Dillinger Escape Plan”. TeamRock.com. 2018年2月15日閲覧。
  10. ^ Rowland, Mark. “Dillinger Escape Plan - Interview”. Pennyblackmusic.co.uk. 2017年12月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月12日閲覧。
  11. ^ Ben Koller”. Sickdrummermagazine.com. 2017年7月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月18日閲覧。
  12. ^ a b c d Cory, Ian. “The Dillinger Escape Plan: A Body of Work”. Invisibleoranges.com. 2016年11月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月17日閲覧。
  13. ^ Kahn-Harris, Keith. Extreme Metal. Berg Publishers. p. 4. ISBN 1-84520-399-2. https://books.google.com/books?id=wwgd9y-Ww5UC&pg=PA4&lpg=PA4#v=onepage 2018年2月26日閲覧. "Contemporary grindcore bands such as The Dillinger Escape Plan [...] have developed avant-garde versions of the genre incorporating frequent time signature changes and complex sounds that at times recall free jazz." 
  14. ^ Coalesce”. Markprindle.com. 2008年6月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月24日閲覧。
  15. ^ a b c Oliver, Lane. “March Madness: COALESCE – “Functioning on Impatience””. Svbterranean.net. 2017年3月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月25日閲覧。
  16. ^ Mudrian 2009, p. 322. What were the lyrical influences?
    Dave Verellen: [...] stuff that I witnessed was usually what had an impact on me. I’d look at a social situation or whatever was going on in the world, and then just try to be creative with it. [...] I was a Joan of Arc fan, [...] and half the reason was because the guy Tim Kinsella had such weird lyrics. I’ve always been attracted to abstract stuff like that, so I think that’s where I drew most of my lyrics from.
  17. ^ Butterworth, Scott. “The Brilliance Behind Converge’s Unintelligible Lyrics”. Noisey. 2018年2月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月26日閲覧。 “Jacob Bannon loves to wax poetic, so when his opaque elegies suddenly turn to simple, direct metaphors, it’s almost like your parents calling you by your full name: you stop, you notice, you listen.”
  18. ^ a b c d e f g h i j Ryan J. Downey. “History”. Alternative Press. www.crashandbang.com. 2008年4月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月15日閲覧。
  19. ^ a b Mudrian 2009, p. 321-322, 323.
  20. ^ Schnipper, Matthew. “Converge’s Jacob Bannon Untangles the Meaning of Every Song on His Band’s New Album, The Dusk in Us”. Pitchfork.com. 2017年11月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月24日閲覧。
  21. ^ a b Mudrian 2009, p. 314-315.
  22. ^ Svitil, Greg (1996年). “Jacob Bannon (Converge)”. Veilsofteeth.com. 2018年2月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月23日閲覧。 “Jacob Bannon: I feel that [bands such as] Slayer are the Spinal Tap of metal. There’s nothing to them. They’re just there, and they’re just a band that likes to write heavy, scary things. And there’s really not an emotional depth to anything they really do. It’s just all for shock value.”
  23. ^ Dillinger Escape Plan Guitarist Talks New Album And Papa Roach”. Rock Sound. 2015年4月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月23日閲覧。 “Ben Weinman: When I was growing up I discovered metal and it interested me, I liked that it was dark and talked about the fact that the world is not all puppy dogs and ice cream cones. But then it just got ridiculous, humourous, I look at black metal bands and they are suppose to be so evil. But it's not real. It's about fiction. About goblins and the gates of hell, pretty much a bad horror movie.”
  24. ^ Stewart-Panko, Kevin. “That Tour Was Awesome – Botch/Jesuit/The Dillinger Escape Plan (1998)”. Decibel. 2018年1月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月26日閲覧。
  25. ^ Natalie Zina Walschots. “The Dillinger Escape Plan | Hazard Warning”. Exclaim!. 2017年12月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月26日閲覧。
  26. ^ a b c Tsimplakos, Jason (2013年11月5日). “The Dillinger Escape Plan (Ben Weinmann & Greg Puciato)”. Noisefull.com. 2017年8月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月22日閲覧。
  27. ^ Apostolopoulos, Tom (2011年1月18日). “Dillinger Escape Plan Biography”. Sing365.com. 2013年2月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月26日閲覧。
  28. ^ Steven Blush, American Hardcore: A Tribal History, "Thirsty and Miserable", Los Angeles: Feral House, 2001, p. 66
  29. ^ a b Shteamer, Hank (2012年7月). “#9: GREG GINN”. www.heavymetalbebop.com. 2017年11月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年2月15日閲覧。
  30. ^ Steven Blush, American Hardcore: A Tribal History, "Thirsty and Miserable", Los Angeles: Feral House, 2001, p. 66
  31. ^ a b c an interview w/ Charles Maggio of Rorschach (who are in the middle of their short run of reunion dates)”. BrooklynVegan. 2016年5月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月15日閲覧。
  32. ^ Fallis, Stephen (2004年10月16日). “Converge interview with singer Jake Bannon from At Both Ends.”. Epitaph.com. 2018年2月15日閲覧。 “Jacob Bannon: Our direct inspiration comes from bands like Black Flag ...”
  33. ^ Hesselink, Jasper (2005年4月). “The Dillinger Escape Plan”. www.lordsofmetal.nl. 2017年12月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月15日閲覧。 “Ben Weinman: When we first started playing in a band, we listened to a lot of bands ... even Black Flag and Dead Kennedys, who had something to say and added some honest energy.”
  34. ^ Gross, Jason (1997年10月). “Mike Watt interview”. Furious.com. Perfect Sound Forever. 1999年2月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月17日閲覧。
  35. ^ Anderl, Timothy. “Brian Cook (Russian Circles) on Minutemen’s Double Nickels on the Dime”. Ghettoblastermagazine.com. 2018年2月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月15日閲覧。
  36. ^ Smith-Lahrman, Matthew (1993年2月3日). “Interview with Duane Denison, February 3, 1993”. Smithlahrman.blogspot.com. 2018年2月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月17日閲覧。
  37. ^ Pehling, Dave. “CBS SF Talks To The Jesus Lizard Drummer Mac McNeilly, Part II”. KPIX-TV. 2018年2月17日閲覧。
  38. ^ Kurt Ballou (Converge) English interview, november 2017”. Metalorgie.com (2017年11月). 2018年2月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月15日閲覧。
  39. ^ Siegl, Michael. “.: INTERVIEWS :: Jes Steineger von Coalesce” (ドイツ語). Metalnews.de. 2018年2月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月15日閲覧。
  40. ^ a b Warwick, Kevin. “With We Are The Romans, Botch helped redefine hardcore”. The A.V. Club. 2017年11月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月15日閲覧。
  41. ^ a b c Interview #68 /// Brian Cook of Botch / Russian Circles”. Nowxspinning.tumblr.com. 2018年2月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月18日閲覧。
  42. ^ Farris 2011, 1:36:13.
  43. ^ Ramirez, Carlos. “Converge: 'The Best Way To Learn Is Just Start Doing It'”. Ultimate Guitar Archive. 2017年6月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年2月21日閲覧。
  44. ^ Anthony, David. “Rank Your Records: Converge's Jacob Bannon Reflects on the Seminal Hardcore Band's Eight Albums”. Noisey. 2018年2月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月15日閲覧。
  45. ^ Farris 2011, 1:28:28.
  46. ^ Jacob Bannon (Converge): Six Songs To Die With”. Lambgoat.com. 2012年6月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月25日閲覧。
  47. ^ a b Shickler, Jadd. “Cable | Brilliance meets resilience”. Unrestrained! (27): 61. https://issuu.com/metalindia/docs/unrestrained_27_free 2018年2月25日閲覧。. 
  48. ^ Martinelli, Roberto (2004年). KNUT. オリジナルのJanuary 14, 2018時点によるアーカイブ。. https://www.maelstromzine.com/ezine/interview_iss9_88.php 2018年2月25日閲覧。. 
  49. ^ Farris 2011, 2:23:46.
  50. ^ Heller, Jason. “Punk turned in on itself in 1995, and out came the wolves”. The A.V. Club. 2017年2月22日閲覧。
  51. ^ Farris 2011, 2:15:08.
  52. ^ Gardner, Josh. “Kurt Ballou (Converge) talks gear and guitars”. MusicRadar. 2011年10月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月24日閲覧。 “Kurt Ballou: [We] also discovered punk and hardcore through skateboarding, and in turn these local bands such as Slapshot, Terminally Ill and DYS and I think we had some of the same intensity and motivation.”
  53. ^ a b Kretsch, Ron (2016年). “The heroically weird, jazz-damaged art rock of Laddio Bolocko”. Dangerousminds.net. 2018年2月18日閲覧。
  54. ^ a b c Zorgdrager, Bradley. “How a Reissue Campaign Will Stick Craw’s Music Into the Post-Hardcore Canon”. Noisey. 2018年2月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月18日閲覧。
  55. ^ THE HISTORY OF MATH ROCK Pt 1: “SO I GUESS BLACK FLAG IS ‘MATH ROCK’ NOW?!””. 2015年4月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月18日閲覧。
  56. ^ Hemmerling, Joe. “1993-97: Craw - 1993-1997”. Tiny Mix Tapes. 2016年1月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月26日閲覧。
  57. ^ Selections from The Punk Vault – Dazzling Killmen”. Punkvinyl.com. 2010年5月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月18日閲覧。
  58. ^ Alva, Freddy. “On Suffering Remembered: Rorschach’s Needlepack 25th Anniversary”. 2016年3月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月18日閲覧。
  59. ^ Ramirez, Carlos. “Keith Huckins (Rorschach, Deadguy, Kiss It Goodbye)”. Noecho.net. 2014年5月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月18日閲覧。
  60. ^ Sergeant D. “THE HISTORY OF METALCORE/SCREAMO”. MetalSucks. 2010年6月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月25日閲覧。 “While not as frequently discussed these days, the so-called “noisecore” bands of the 90s were perhaps an even more direct influence on today’s shitty metalcore artists. Rorschach and their descendants Deadguy were perhaps the first band to put a discordant take on the post-Slayer metalcore formula, [...]”
  61. ^ Mudrian 2009, p. 325.
  62. ^ Webb, Brian (2000年11月25日). “Interview: Drowningman”. theprp.com. 2013年3月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月24日閲覧。
  63. ^ Farris 2011, 2:14:13.
  64. ^ ABOUT”. Jacobbannon.com. 2016年12月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月24日閲覧。
  65. ^ Farris 2011, 2:08:26, 2:15:08.
  66. ^ Dick, Chris. “Say What? Not So Long Long Converge Quotes”. Decibel. 2018年2月21日閲覧。
  67. ^ a b 5-10-15-20: Converge's Kurt Ballou”. Pitchfork.com. 2010年1月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月18日閲覧。
  68. ^ Gramlich, Chris. “Converge Have Innovation Through Suffering”. Exclaim!. 2016年1月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月21日閲覧。
  69. ^ Cook, Brian. “Guilty Pleasure March 9th at Studio7!!! Firestorm!!!”. 2017年10月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月21日閲覧。
  70. ^ French, Chris. “The Oral History Of Botch: Thank God For Worker Bees”. Alternative Press. 2008年2月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月21日閲覧。
  71. ^ Mudrian 2009, p. 324.
  72. ^ Hill, Stephen. “Botch could have been bigger than The Dillinger Escape Plan”. 2015年3月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月22日閲覧。
  73. ^ a b Rosen, Steven. “Dillinger Escape Plan's Ben Weinman: 'We Never Want to Be An Assembly Line of Riffs'”. Ultimate Guitar Archive. 2017年12月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月21日閲覧。
  74. ^ Marcus, Jerome (2009年10月). “Chris Pennie (Coheed & Cambria) – unleashed and moving forward”. Mikedolbear.co.uk. 2017年11月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月22日閲覧。
  75. ^ Mudrian 2009, 308-309.
  76. ^ Considine, J.D. (2017年6月21日). “The Dillinger Escape Plan, 'Calculating Infinity' (1999) - The 100 Greatest Metal Albums of All Time”. Rolling Stone. 2018年2月22日閲覧。
  77. ^ Hundey, Jason. “The Dillinger Escape Plan | Calculating Infinity”. AllMusic. 2012年7月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月21日閲覧。
  78. ^ a b O'Connor, Andy. “Converge Look Back On ‘Jane Doe’”. Vinylmeplease.com. 2017年3月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月25日閲覧。
  79. ^ Mudrian 2009, p. 332-335.
  80. ^ Mudrian 2009, p. 331.
  81. ^ THE MATHCORNER VOL. 4: SPONSORED BY THE LETTER C – GETTING DOWN WITH CAVE IN, COALESCE, AND CANDIRIA”. Themonolith.com. 2013年3月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月25日閲覧。
  82. ^ Hocking, Mat. “Drowningman | Rock n Roll Killing Machine”. Drowned in Sound. 2018年2月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月25日閲覧。
  83. ^ York, William. “Knut | Challenger”. AllMusic. 2018年2月25日閲覧。

参考文献[編集]