コンピューター・ワールド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
コンピューター・ワールド
クラフトワークスタジオ・アルバム
リリース
録音 1980年
ジャンル テクノポップ
電子音楽
時間
レーベル ドイツの旗イギリスの旗EMI
アメリカ合衆国の旗カナダの旗ワーナー・ブラザース・レコード
プロデュース ラルフ・ヒュッター
フローリアン・シュナイダー
専門評論家によるレビュー
クラフトワーク 年表
人間解体
(1978年)
コンピューター・ワールド
(1981年)
エレクトリック・カフェ
(1986年)
テンプレートを表示

コンピューター・ワールド(Computer World/Computerwelt)は、ドイツテクノポップユニット、クラフトワークのコンセプト・アルバム。

1981年5月にEMIよりリリースされた。また、1997年にCD化されて再リリースされている。本作よりアメリカカナダでの契約先がワーナー・ブラザース・レコードになった。

社会へのコンピュータの進出を主題として製作された。ただし、本作にはコンピュータは用いられていない。

曲目[編集]

邦題 - 英題(独題)
#タイトル作詞作曲時間
1.「コンピューター・ワールド - Computer World」("Computerwelt")
  • Ralf Hütter
  • Florian Schneider
  • Emil Schult
  • Hütter
  • Karl Bartos
2.「ポケット・カルキュレーター - Pocket Calculator」("Taschenrechner")
  • Hütter
  • Schult
  • Hütter
  • Bartos
3.「ナンバーズ - Numbers」("Nummern") 
  • Hütter
  • Schneider
  • Bartos
4.「コンピューター・ワールド2 - Computer World 2」("Computerwelt 2") 
  • Hütter
  • Schneider
  • Bartos
5.「コンピューター・ラヴ - Computer Love」("Computerliebe")
  • Hütter
  • Schult
  • Hütter
  • Bartos
6.「ホーム・コンピューター - Home Computer」("Heimcomputer")Schneider
  • Hütter
  • Schneider
  • Bartos
7.「コンピューターはボクのオモチャ - It's More Fun to Compute」 
  • Hütter
  • Schneider
  • Bartos
日本盤
邦題 - 英題
#タイトル作詞作曲時間
1.「コンピューター・ワールド - Computer World」
  • Ralf Hütter
  • Florian Schneider
  • Emil Schult
  • Hütter
  • Karl Bartos
2.電卓 - Dentaku」
  • Hütter
  • Schult
  • Hütter
  • Bartos
3.「ナンバーズ - Numbers」 
  • Hütter
  • Schneider
  • Bartos
4.「コンピューター・ワールド2 - Computer World 2」 
  • Hütter
  • Schneider
  • Bartos
5.「コンピューター・ラヴ - Computer Love」
  • Hütter
  • Schult
  • Hütter
  • Bartos
6.「ホーム・コンピューター - Home Computer」Schneider
  • Hütter
  • Schneider
  • Bartos
7.「コンピューターはボクのオモチャ - It's More Fun to Compute」 
  • Hütter
  • Schneider
  • Bartos

注:日本語版の再リリースCDでは二曲目が「ポケット・カルキュレーター」となり、「電卓」はボーナストラックとなった。さらに2009年のリマスター版では「電卓」が除外され、英語版と同仕様でリリースされている。